ミート・ザ・ペアレンツ/ロバート・デ・ニーロが意地悪な父を熱演!?

U-NEXTより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ミート・ザ・ペアレンツ」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ミート・ザ・ペアレンツの予告編

 

ミート・ザ・ペアレンツの作品概要

制作年:2000年

制作国:アメリカ

上映時間:108分

配信サイト:U-NEXT…etc.

原題:MEET THE PARENTS

監督:ジェイ・ローチ

脚本:ジェームズ・ハーツフェルド , ジョン・ハンバーグ

制作:ジェイ・ローチ , ロバート・デ・ニーロ , ジェーン・ローゼンタール , ナンシー・テネンポーム

出演キャスト一覧

・ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)

・ベン・スティラー(ゲイロード“グレック”・フォッカー)

・テリー・ポロ(パメラ“パム”・バーンズ)

・ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)

・ニコル・デハッフ(デボラ“デビー”・バーンズ)

・ジョン・エイブラムズ(デニー・バーンズ)

・トーマス・マッカーシー(ロバート“ボブ”・バンクス)

・フィリス・ジョージ(リンダ・バンクス)

・ジェームズ・レブホーン(ラリー・バンクス)

・オーウェン・ウィルソン(ケヴィン・ローリー)

 

ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「やりすぎで笑えない」です。

映画「ミート・ザ・ペアレンツ」は2000年に制作された作品で、恋人の妹が結婚するからと恋人の実家へ招かれた男性「グレック」が、気難しい恋人の父「ジャック」を相手にあたふたする姿を描いた「コメディ作品」です。

 

ミート・ザ・ペアレンツのざっくりあらすじ紹介

看護師として働く男性「グレック」

彼には大切な恋人「パム」がおり、まだ伝えてこそなかったが、プロポーズすることを「グレック」は考えていた。

ある日、「パム」の職場を訪れた「グレック」は、「パム」にプロポーズするタイミング伺っていると、「パム」の携帯に1本の電話が入る。

電話の相手は「パム」の妹「デビー」であり、どうやら彼氏の「ボブ」と結婚が決まったとの連絡をくれた様子だった。

タイミングが悪いと感じた「グレック」は「パム」へのプロポーズを先延ばしにすることにしたが、「グレック」と「パム」は妹「デビー」の結婚を祝うため「パム」の実家へと向かうことになる。

 

「パム」の実家へ向かう道中、これまで知らなかった「パム」の父「ジャック」のことを色々と知った「グレック」は、不安になりながらも気に入られようと、手土産を用意し、無事「パム」の実家へと到着する。

歓迎ムードで迎えてくれた「パム」の両親だったが、「グレック」が不安に感じていた「ジャック」との関係は、少し複雑なモノへとなりつつあった。

どうやら「グレック」と「ジャック」は全く違うタイプの人間であり、なおかつ「ジャック」の「パム」を想う気持ちは普通ではなかった。

時間が経てば経つほど、険悪な雰囲気となる「ジャック」と「グレック」だったが、それでも「グレック」は気に入られようと頑張り続ける。

しかし、その「グレック」の頑張りも悪い方向へとばかり進んでしまい、ついに「ジャック」は、「グレック」を敵視するようになってしまった。

 

タイミングを見計らって「パム」にプロポーズをしようと考えていた「グレック」だったが、事態はそれどころではなくなってしまう…。

 

ミート・ザ・ペアレンツの感想 やりすぎて笑えない

そんな今作「ミート・ザ・ペアレンツ」ですが、先日、動画配信サイト「U-NEXT」で視聴した作品です。

今作「ミート・ザ・ペアレンツ」の主演は、「ナイトミュージアム」や「ペントハウス」で知られる「ベン・スティラー」氏と、「ゴッドファーザー PARTⅡ」や「世界にひとつのプレイブック」で知られる「ロバート・デ・ニーロ」氏です。

ペントハウス/奪われた金を取り返せ!!

2018.01.11

世界にひとつのプレイブック/運命を逃すな!!

2017.10.07

「ベン・スティラー」氏は今作「ミート・ザ・ペアレンツ」の他にも主に「コメディ作品」へと出演しているイメージしかありませんが、「ロバート・デ・ニーロ」氏は姿を見ればみるほど、

ライ
またコメディやってるやんw

と思ってしまうんですよねw

まあ以前、このブログ内で紹介した「ザック・エフロン」と「ロバート・デ・ニーロ」が共演している「ダーティ・グランパ」を見たときから、「ロバート・デ・ニーロ」氏のイメージは変わりつつありましたが、

スポンサーリンク
ライ
コメディでデビューしたの?

と思ってしまうほど、「コメディ映画」に染まりつつあるのが少し違和感を感じますw

ダーティ・グランパ/祖父は偉大なり

2018.06.09

 

で、本題の感想ですが、今作「ミート・ザ・ペアレンツ」はいたってシンプルな作品となっています。

結婚を考えたことがある男性なら、ほとんどの人が経験しているであろう恋人の実家訪問。

「娘さんを私にくださいm(._.)m」

「バカモン!お前に娘はやらんぞ!」

なんてやりとりを経験したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?w

今作「ミート・ザ・ペアレンツ」もそんな感じの作品です。

初めて会う恋人の父「ジャック」は変わり者で、主人公「グレック」を常に疑ってかかっていると言いますかw

私が「グレック」だったら、まず耐えられないと思いますね!

 

今作「ミート・ザ・ペアレンツ」は「コメディ作品」とのことで、たしかに笑えるシーンはちょいちょいありました。

個人的には、「ジャック」に「農場育ち」だと嘘をついた「グレック」が、「昔、猫の乳搾りをしていた」なんて嘘を着くシーンは吹き出しましたねw

ただ、「ジャック」の「グレック」の対する態度が「いき過ぎていて笑えない」

そんな風に感じたシーンもありましたね!

その中でも、個人的に気になったのは「職業差別」でした。

これは「ジャック」だけではなく、親族全員がと言っても過言ではありません。

「グレック」は看護師として働いているのですが、「パム」の妹「デビー」が結婚する相手側は「医者家系」なんですよね…。

それゆえに「看護師」を軽視している発言が見られました。

 

日本とアメリカでは「看護師」という職業に対して扱いが違うというのもあると思いますが、それにしても酷いバカにされようだと思いましたね…。

制作されたのが2000年で、まだ男性の看護師も少なかった時代だからこそなのかもしれませんが、自分がなれるなら、今すぐにでもなりたいぐらい日本では安定しているイメージがあるのですがw

まあアメリカでは歯医者もバカにされがちのようなので、認識が違うのかもしれませんが、「職業差別というのは人によって笑えないのでは?」と少し不安になりましたね!

 

そういったことから、コメディと呼ぶには、個人的には「うーん」となってしまう作品ではありました。

特に男性の方は、共感してしまう可能性も高いのではないかと思いますね!

 

ミート・ザ・ペアレンツの結末は?

今作「ミート・ザ・ペアレンツ」の結末ですが、「パム」の父「ジャック」に気に入られようとやってきたことが全て裏目に出てしまい、気がつくと「出て行け!」と言われてしまいます。

まあぶっちゃけ、数々の嘘をついた「グレック」にも問題ありだと思いますけどねw

たくさんの嘘がバレてしまい、「パム」にも見捨てられてしまった「グレック」は1人で空港へ向かい、帰ろうとするのですが、イライラが募っていたため、キャビンアテンダントに強く当たってしまい、危険人物だと判断され監禁されてしまいます。

しばらく尋問を受ける「グレック」でしたが、そこに現れたのはなんと「パム」の父「ジャック」でした。

「グレック」が出ていった後、悲しんでいる「パム」を見かねて「自身の行いも悪かった」と反省した「ジャック」は、「グレック」を迎えに訪れます。

そして互いにいくつか質問を交わし、なんとかわだかまりをなくした「グレック」は、「パム」の実家へと戻りました。

 

まあ予想どおりと言うまでもないほどに、予想どおりな結末でしたね!

続編があることも考えると、この終わり方は納得せざるを得ない結末です^^

 

まとめ&評価

これで「ミート・ザ・ペアレンツ」のレビューは終了です。

やり過ぎている部分があるため、

ライ
万人向けのコメディだよ!

と言えないのが残念ではありますが、暇つぶしにはなると思いますね^^

「なんとなくコメディ映画がみたい」

そんな時にはちょうど良いかと思います。

 

ミート・ザ・ペアレンツの評価は?

最後に、今作「ミート・ザ・ペアレンツ」に評価をすると3.0/5.0です。

ちなみに先ほど、今作「ミート・ザ・ペアレンツ」には続編があると話しましたが、「ミート・ザ・ペアレンツ」は3まで制作されているようです。

そして、次回作である「ミート・ザ・ペアレンツ2」を「オススメ」する意見もちらほらあったので、早めに次回作も視聴したいところですね^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ