『Netflixオリジナル』嵐の中で/驚きのラスト 1つ狂えばすべてが狂う!?

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「嵐の中で」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

嵐の中での予告編

 

嵐の中での作品概要

制作年:2018年

制作国:スペイン

上映時間:128分

配信サイト:Netflix…etc.

原題:Mirage

監督:オリオウ・パウロ

脚本:

制作:

出演キャスト一覧

・アドリアーナ・ウガルテ(ベラ・ロイ)

・アルヴァロ・モルテ(ダビド・オルティス)

・チノ・ダリン(レイラ)

・ノラ・ナバス(クララ・メディナ)

・アイナ・クロテット(ウルスラ)

・ミケル・フェルナンデス(アイトル・メディナ)

・ハビエル・グティエレス(アンヘル・プリエト)

・クララ・セグラ(ヒルダ)

・ミマ・リエラ(マリア)

・フリオ・ボイーガス=コウト

・ペレン・ルエダ

・アルベルト・ペレス

 

嵐の中でのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「驚きのラスト」です。

映画「嵐の中で」は2018年に制作された作品で、自宅で見つけた古いビデオテープの中身を視聴したことをきっかけに、愛する夫と一人娘との順調だった生活に大きな変化がもたらされる女性の姿が描かれた「サスペンス作品」です。

 

また、今作「嵐の中で」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

嵐の中でのざっくりあらすじ紹介

優秀な医者になれる才能を持ちながらも、愛する夫「ダビド・オルティス」と愛娘「グロリア」のために医者になることを諦め、家庭に身を置くこと決めた女性「ベラ・ロイ」

 

そんな「ベラ」が愛する家族と住むことになった住居で、過去に住んでいた住人のモノであろうナゾのビデオテープを発見する。そのテープには幼い少年「ニコ」がギター片手に引き語りする姿が録画されていたが、この「ニコ」はかつておきた不幸な事故によって現在はすでに亡くなってしまっていた。

 

ある日。

眠っていた「ベラ」は、深夜にもかかわらず自宅内で物音がしていることで目を覚まし、音の正体を確かめに行くと勝手にビデオテープが再生されていた。しかし今回は以前に視聴したビデオテープとは様子が違う。

 

どうやら何らかの理由によって、亡くなったはずの「ニコ」と会話ができた。「ニコ」が不幸な死を遂げることを知っていた「ベラ」は、その事実を避けるためにこれから起こることを「ニコ」に説明してみせた。

 

戸惑いをみせる「ニコ」だったが、「ベラ」の言うことを信じた「ニコ」は本来の未来とは違った未来へと進み始める。

 

その翌日。

目を覚ました「ベラ」は、衝撃の事実に直面することに。

 

なぜか病室のベットで目を覚ました「ベラ」は、諦めたはずの医者として活躍しており、ここが「ベラ」の知っている世界でないことに気がつく。

 

「ニコ」を救うために過去を変えてしまった「ベラ」は、そのせいで未来が変わってしまったことに気がついたが、気がついたときにはすでに手遅れだった。

 

自身が知っている世界とは違いすぎて戸惑いをみせる「ベラ」だったが、「ダビド」と「グロリア」のいる元の世界に戻ろうと様々な手を使うも、なかなか戻ることができない。それだけでなく「ベラ」の言っていることなど誰も信用せず、彼女は変人扱いを受けてしまう。

 

だが諦めなかった「ベラ」は、少しずつ手がかりを集め、元に世界に戻れる希望が見え始めた頃、彼女は衝撃の事実に直面する。

 

嵐の中での感想

Netflixより引用

 

そんな今作「嵐の中で」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

 

今作は「2019年3月22日」よりネトフリオリジナルとして配信がスタートされた「スペイン」が制作国とされる作品ですが、公式のあらすじなどを見るかぎり興味の惹かれた作品でしたね。

 

そしてどこか「ホラーっぽい雰囲気の作品」でしたので、「ホラー」大好きっこのワタシは迷うこともなく視聴に至ったワケですが、はじめに言っておくと「ホラー」ではありませんw

 

なので、「ホラーなら視聴しようかな」という人と、「ホラーなら視聴はやめておこう」という風に考えておられる方がこの記事を見ているようでしたら「ホラーではない」と知っておいてもらえれば良いかと思います。

 

では早速、今作の詳しい感想についてお話していきたいと思います^^

 

個人的には良作サスペンス

今作「嵐の中で」ですが、あらすじなどでも説明しているように、

スポンサーリンク

「過去を変えてしまったがゆえに、未来を変えてしまう」

というのが題材でして、それに巻き込まれた1人の女性の姿を描いている作品なんですね。

 

オカルト好きであれば、

「過去が変わると未来が変わる」

という設定?に見覚えがある方がいらっしゃるかと思いますし、

「未来人 ジョン・タイター」などもそんなことを言っていたような、いなかったような…w

 

この話をしだすと何の記事だかわからなくなってしまうので、中途半端なワタシのオカルト知識をひけらかすのではなく、本題の感想に戻りましょうw

 

まあ一言で言って、ワタシは面白い作品だと思います。

 

今作のような題材の作品をこれまでに視聴したことがありませんし、中だるみは多少なりともありましたが、十分によくできた作品だとワタシは思います。

 

ただ、頭の中でいろいろと整理しながら視聴しないと、終盤はなにがなんだか状態になってしまう恐れがありますw

 

登場人物も少し多いようにワタシは思いますし、名前と顔がなかなか一致しない瞬間などもありました。それに加えて結末が衝撃だったので、ワタシはパニック状態に拍車がかかりましたw

 

ですが、ビデオカメラを通して過去につながるという設定は面白い発想だと思いますし、クセのありがちなアメリカ以外の海外作品にしてはわりと見やすい作品ではないかと思います^^

 

ただ、新居にあった以前の住人が残したビデオテープを見る…という行為はワタシには理解できませんけどねw

 

普通に気持ち悪くないですか?w

 

なにが撮影されているかわかりませんし、内容が仮に「バースデーパーティー」などの楽しい様子だったとしても、知らない人の生活を見る…ってワタシはなんだかゾッとしますw

 

嵐の中での結末は?

今作「嵐の中で」の結末ですが、ざっくりいうと「ベラ」が探していた「ニコ」は「レイラ」でした。

 

少し話がややこしくなってしまうので、伝わりづらかったら申し訳ありません。先に謝っておきますw

 

で、「ベラ」が迷い込んでしまった「ダビド」が夫でなく「グロリア」が存在しない世界も偽物ではないんですよね。いわゆるパラレルワールド的なモノだと思えばいいかな?とワタシは解釈してます。

 

「ニコ」は、自分を助けてくれた名前も知らぬ女性「ベラ」はひたすらに探し続けていました。そしてついに似顔絵だけを頼りに探していた「ベラ」のことを「ニコ」は発見するのですが、パラレルワールドで「ニコ」はそのことを「ベラ」に告げず、自然に2人は結ばれていたんです。

 

ところが、「ベラ」と「ニコ」がかつて初めて会話した日に発生した72時間は滞在すると予測された大きな嵐が、何十年の年を経て、2人が初めて会話した日と全く同じ日にまた嵐が発生し、それによって「ニコ」と再び会話した「ダビド」が夫である世界に住む「ベラ」は未来を変えてしまった…というような感じなんですよね。

 

自分でもなにを言っているのかわからなくなってきましたw

 

ワタシはこんな風に解釈していますが、ぶっちゃけもう1度見た方が良い気もします。。。

 

説明しながらも少し不安ですから…w

 

もし「間違っているよ!」という意見があれば、コメントから教えてくれると嬉しいです^^

 

まとめ&評価

 

これで「嵐の中で」のレビューは終了です。

 

タイトルの「嵐の中で」というチョイスには違和感を覚えましたが、個人的には十分楽しめる「SF・サスペンス作品」ではないかと思います。

 

「SF」と「サスペンス」って、意外にも相性がいいんですね!まあ、今作に限ってかもしれませんが、独特な世界観というか、ワタシ的にこの組み合わせはアリです^^

 

先日視聴した「セレニティ:平穏な海」も「SF」と「サスペンス」を組み合わせたような作品でしたが、あれはまあ言うまでもないですねw

 

詳しくはそちらの感想記事までw

『Netflixオリジナル』セレニティ:平穏な海/衝撃の結末 あなたはどこで気がついた?

2019.03.10

 

嵐の中での評価は?

最後に、今作「嵐の中で」に評価をすると3.5/5.0です。

 

途中の中だるみがなければ4.0/5.0でしたが、少し辛口ながらもこの評価とさせていただきます。

 

興味のある方はぜひチェックしてください。

 

ネトフリオリジナルであり、スペインが制作国の作品でもありますが、ワタシは十分にできた作品だと思います^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ