MONSTERZ モンスターズ/人生とは死ぬまで生きること

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「MONSTERZ モンスターズ」です。

 

MONSTERZ モンスターズの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「MONSTERZ モンスターズ」は2014年に製作された作品で、「藤原 竜也」と「山田 孝之」の2人が主演、韓国映画の「超能力者」をリメイクした「ファンタジードラマ作品」です。

 

製作年:2014年

製作国:日本

監督:中田 秀夫

脚本:渡辺雄介

製作:城 朋子 , 久松 猛朗 , 堀 義貴 , 藤門 浩之 , 柏木 登 , 阿佐美 弘恭 , 下田 淳行 , 遠藤 真郷

出演キャスト:藤原 竜也(人を操る男) , 山田 孝之(田中 終一) , 石原 さとみ(雲井 叶絵) , 田口 トモロヲ(雲井 繁) , 落合 モトキ(ジュン) , 太賀(晃) , 三浦 誠己(人を操る男の父) , 藤井 美菜(押切 奈々) , 松重 豊(柴本 孝雄) , 木村 多江(人を操る男の母) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

MONSTERZ モンスターズのあらすじ

ひと目見るだけで人を意のままに操ることができる男と、その能力が唯一通用しない男との対決を描く。まなざしひとつですべての人を操ることができ、その能力ゆえに孤独に生きてきた男の前に、初めて力の通じない人物、田中終一が現れる。終一もまた、両親のいない孤独な人生を歩んできたが、男によって数少ない大切な人を奪われてしまう。自分の世界を守るため男は終一の抹殺を図り、終一は大切な人を守れなかった自分を責め、男への復讐を誓う。

映画.com:http://eiga.com/movie/78917/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「期待ハズレ…」です。

この作品「MONSTERZ モンスターズ」は2014年に製作された作品で、「藤原 竜也」と「山田 孝之」の2人が主演、韓国映画の「超能力者」をリメイクした「ファンタジードラマ作品」です。

 

MONSTERZ モンスターズ 感想 中途半端な仕上がり…

この作品のメイン人物として出演している

「藤原 竜也」さんと「山田 孝之」さんですが、私は2人とも大好きな俳優さんです♪

「藤原 竜也」さんは、最近好きになった俳優さんで、最近「藤原」さんが出演している作品を見まくっているのですが、「山田 孝之」さんに関してはかなり前から好きな俳優さんです^ ^

ちなみに今作を見るのも2回目なのですが、「山田」さんの出演している作品は「映画作品」だけにとどまらず、「ドラマ作品」もある程度鑑賞しているかと思います。

そんな2人に+「石原 さとみ」さんも今作には出演しているのですが、私が1番好きな女優さんは「石原 さとみ」さんなんです!!

スポンサーリンク

いや本当に好きすぎて、友人に熱弁したところ「気持ち悪がられた」ぐらいに好きです。笑

ということで、今作は私の好きな俳優さんと女優さんで満たされている作品なのですが、それに比べて内容が…。

別に悪くはないのですが、いまいち見ていて面白みに欠けるんですよね^^;

「人を思うままに操れる男」「その男の能力が効かない男」の対決…。

なんだか海外のSF映画っぽい設定です。笑

「藤原 竜也」さん演じる「人を操れる男」は能力を使える代償として、身体の1部分が腐っていくというような演出があるのですが、その割に頻繁にその能力を使用します。

その時点で私からすると違和感を感じたのですが、どうせならそんな代償は必要なかったのでは?と感じました。

対する「山田 孝之」さん演じる「その能力が効かない男」は、それだけではなく「身体が異常なほど丈夫」という設定もあるのですが、これは笑えたので許します^ ^

私が思うに「SF要素」「現実要素」が中途半端に混ざっているので、作品自体どちらにも振り切れずに中途半端な作品となってしまっているのではないかと感じました^^;

 

あともう1つ悪い点で言いたいことがあります!!

それは「藤原」さんと「山田」さんが同じ警察署で事情聴取を受けるようなシーンがあるのですが、このシーンで「藤原」さんに操られた警察の人間が、「山田」さんを殺すべく銃を発砲します。

必死で逃げる「山田」さんの背後にあったロッカー?のようなものに銃弾が当たり危機一髪のようなシーンがあるのですが、このロッカーには銃弾が当たり火花が散る演出が見られましたが、弾痕はついていないのです^^;

粗探しをしているわけではないのですが、たまたまその部分に目がいき、その部分には違和感を感じてしまいました。

実際に銃弾が当たると弾痕がつかないわけがないと思うので、どうせそんな演出をするのであれば、きちんと作り込んで欲しいなとは思いました。

 

最後にこれは高評価な点なのですが、

出演している俳優さんを含め、エキストラの方たちの「藤原」さんの能力により時間を停止した際に、「山田」さん以外の人は完全に停止するのですが、この演技は素晴らしく、本当に時間が止まっているかのような演技でした♪

何度も撮り直しをしたのか?

はたまたそれぐらいできないとエキストラにすらなれないのか?

これに関しては私はエキストラではないため分かりかねますが、とにかくあの演技は凄かったです^ ^

 

まとめ

これで「MONSTERZ モンスターズ」のレビューは終了です。

正直言って、「山田 孝之」さん、「藤原 竜也」さん、2人ともの良さがこの作品では出ていないと私は感じました^^;

こんな感じなのでしたら、他の方で十分だと思いますし、2人のことを好きだからこそ勿体無いし、残念でした…。

出演キャストにかなり助けられているとは思いますが、それでも良作だとは思いません。

そんな作品でした^^;

この作品に評価をすると2.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA