『Netflixオリジナル』覗くモーテル/覗き男とジャーナリスト

 

 どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「覗くモーテル」です。

 

覗くモーテルの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「覗くモーテル」は2017年に公開された作品で、「作家」であり「ジャーナリスト」の「ゲイ・タリーズ」氏が、覗きが趣味で覗きをするためにモーテルを購入し営んでいた「ジェラルド・フース」氏と共同で1冊の本の「製作」から「出版」そして「出版後」までの姿を追った「ドキュメンタリー作品」です。

 

公開年:2017年

製作国:アメリカ

上映時間:95分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Voyeur

監督:マイルス・ケイン , ジョシュ・コーリー

脚本:?

製作:?

出演キャスト:ゲイ・タリーズ

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

覗くモーテルのあらすじ

長年に渡りモーテルの客室を覗き続けた男の告白を、1冊の本に著した大物ジャーナリスト。だがその衝撃的な内容は、見る側だった男を見られる側へと変えていく。

Netflix(ネットフリックス):https://www.netflix.com/jp/title/80176212

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「なにこれ?笑」です。

この作品「覗くモーテル」はこの記事の初めでもお話ししたように、「2017年」に公開された作品で、「ジャーナリスト」であり「作家」でもある「ゲイ・タリーズ」氏が、覗きが趣味でモーテルを購入してまで覗きを繰り返した「ジェラルド・フース」氏の実話を元に本を「製作」から「出版」そして「出版後」に到るまでの姿を追った「ドキュメンタリー作品」です。

ちなみ今作は「Netflixオリジナル作品」です^ ^

 

覗くモーテル 感想 これが実話!?

今作「覗くモーテル」は一応ノンフィクション作品です。

出演している方も実際の人物が出演しているようで、その方たちの経歴なども今作で公開されています。

メインで出てくる2人の男性について軽く説明すると、

「ゲイ・タリーズ」氏は「ジャーナリスト」であり「作家」でもある男性です。

長いこと「ジャーナリスト」と「作家業」を続けている彼ですが、彼の目的は「セックス」についての研究です。笑

若い頃は研究のためによくわからぬ異国の地に足を運び、性に対して寛大な地域では実際に自分も性行為を行い、そして研究する。

ちなみに「妻」と「子供」がいるにもかかわらずそんなことを繰り返していた「ゲイ・タリーズ」氏はその都度かなり世間からは叩かれていたそうです^^;

スポンサーリンク

 

次にもう1人の男性「ジェラルド・フース」氏についてですが、幼い頃友人の女性の裸を覗き見したことをきっかけに「覗く」ことに興味を覚え、大人になってから「モーテル」を営み、天井裏から利用客の行動を覗き見してきた男性です。

彼は自分のことを「覗き魔」ではあるが「研究のため」という強い意志の元長い期間覗きを繰り返してきました。

この時点でかなりぶっ飛んだ2人ですよね。笑

2人とも私の感覚からすると、まともではありません^^;

そんな2人が長い期間を経て、2人で協力のもと1冊の本を製作するのですが、その途中に様々なトラブルが起こる姿なども描いた作品です。

正直言って面白くないです。笑

というよりついていけない…。

2人ともお互いに強い意志のもと行動していますが、多分ほとんどの方に理解してもらえない感覚を持っています。

特に「ジェラルド・フース」氏については癖が強すぎます^^;

単純に覗くだけでは飽き足らず、

部屋にあえて「アダルトグッズ」を置き、それを見つけた客がどうするのか?と実験を行ったり、どのカップルがどんな行為をしたかグラフにして管理したりととにかく馬鹿げています。笑

1番驚いたのが、天井から覗きをしていると利用客が部屋の電気を消したため見えなくなりイラつきを覚えた…という発言…。笑

しかし諦めず外に停めてある車のヘッドライトで部屋の中に当たるようにし、見れるように工夫をしたなんて「こいつは一体なにを言ってるねん。笑」としか思えませんでした^^;

もうねぇ、内容なんてあってないようなもんです。笑

気になる方はご自身の目で見てもらうのが1番かと思います。

 

覗くモーテル 結末

そして最後に今作の結末についてですが、

実は「ジェラルド・フース」氏が語った内容には嘘と本当が混じっていたため、出版後に作者である「ゲイ・タリーズ」氏は叩かれ、「信用」もガタ落ち…。

結果として2人の関係にもヒビが…。

みたいな結末でした。

いや、ほんとになぜこれを映像にし、公開しようと思ったのか?笑

ほんとに謎です^^;

理不尽かつ頑固なおじいちゃん2人がぶつかり合いながらも作品を製作していくまではまだわかりますが、最後で「実は嘘ついちゃった。テヘペロ」なんてどこの層に需要があるのか全くわからない最後でした。笑

 

まとめ

これで「覗くモーテル」のレビューは終了です。

別に期待もしていませんでしたが、それにもかかわらずがっかりな作品です^^;

1時間30分もの間、一体なにを見せられていたのか?

全くわかりません。笑

ちなみ今作で出版された本「覗くモーテル」は実際に存在します。

ただし、嘘と本当が混ぜられているのでご注意を!!

「覗くモーテル」でググれば検索に引っかかるので、興味のある方1度調べて見てください^ ^

今作に評価をすると1.5/5.0といったところです。

今作「覗くモーテル」をおすすめするとすれば…そんな方はいません。笑

まああえておすすめするのであれば、ノンフィクションの「ドキュメンタリー」が好きな方には良いかもしれませんね!

私はそういったものが「好き」でも「嫌い」でもありませんが、今作はつまらない作品でした^^;

あと今作「覗くモーテル」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っていないので、無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ