『Netflixオリジナル』モーグリ:ジャングルの伝説/ジャングルで育った少年の物語

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「モーグリ:ジャングルの伝説」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

モーグリ:ジャングルの伝説の予告編

 

モーグリ:ジャングルの伝説の作品概要

制作年:2019年

制作国:アメリカ

上映時間:104分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Mowgli

監督:アンディ・サーキス

原作:ラドヤード・キップリング 『ジャングル・ブック』

脚本:キャリー・クローヴス

制作:スティーヴ・クローヴス , ジョナサン・カヴェンディ , デヴィッド・バロン

出演キャスト一覧

・ローハン・チャンド(モーグリ)

・マシュー・リス(ジョン・ロックウッド)

・フリーダ・ピントー(メシュア)

動物の声担当(字幕版/吹き替え版)

・バギーラ(クリスチャン・ベール/宮内敦士)

・カー(ケイト・ブランシェット/水野ゆふ)

・シア・カーン(ベネディクト・カンバーバッチ/最上嗣生)

・ニーシャ(ナオミ・ハリス/佐々木優子)

・バルー(アンディ・サーキス/石住昭彦)

・アキーラ(ピーター・マラン/石田圭祐)

・ブラザー・ウルフ(ジャック・レイナー/奥村翔)

・ヴィハーン(エディ・マーサン/山本満太)

・タバキー(トム・ホランダー/越後屋コースケ)

・ブート(ルイス・アッシュボーン・サーキス/斎藤小浪)

 

モーグリ:ジャングルの伝説のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「原作は大人気小説」です。

映画「モーグリ:ジャングルの伝説」は2018年に制作された作品で、オオカミの群れに育てられた少年が、自分はオオカミでないことを受け入れながらも成長する姿を描いた「ファンタジードラマ作品」です。

また、今作「モーグリ:ジャングルの伝説」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

モーグリ:ジャングルの伝説のざっくりあらすじ紹介

両親をジャングルのトラによって殺されてしまった少年「モーグリ」

当時、まだ赤ん坊だった「モーグリ」は黒豹の「バギーラ」に拾われ、たくさんのオオカミたちが生活する群れに預けられることになる。オオカミの群れでオオカミとして育てられた「モーグリ」だったが、自分が人間だという自覚はなく、「なぜ仲間たちと違うのか?」と疑問は感じながらも、日々成長していた。

 

オオカミの群れで育ちながら、自身を助けてくれた「バギーラ」やオオカミたちの教育係を務める「バルー」によって鍛えられる「モーグリ」だったが、そんな彼の命を狙う生き物がすぐそばで目を光らせていた。その生き物というのは「モーグリ」の両親の命を奪い、その上、ジャングルの掟である「人間の獲物は狙わない」というルールを守らない虎「シアカーン」

 

「シアカーン」から「モーグリ」を守ろうと奮闘する他の仲間たちだったが、ついにジャングルにいることが危険だと判断された「モーグリ」は、人間たちが暮らす村へと追い出されてしまう。その事実を受け入れられない「モーグリ」だったが、彼はオオカミたちの掟を破り、群れを「シアカーン」から守るため、人間が使用する武器を手にしてしまった。それが原因で「モーグリ」は本当に群れを追い出され、人間たちが暮らす村へと行かざるをえなくなってしまう。

 

人間が暮らす村へと向かった「モーグリ」だったが、これまでの生活とは全く違う現状や、言葉を話せない「モーグリ」のことを村の人たちは数奇な目で見ていた。そんな環境で慣れない生活を送る「モーグリ」だったが、ある日、オオカミの群れに1匹が「モーグリ」の元を訪れ、「シアカーンのせいでジャングルが一刻を争う事態」だと告げに来た。

 

ジャングルを救うため手段を選んでいる暇などない。「モーグリ」は仲間たちを救うためジャングルへと舞い戻った。

 

モーグリ:ジャングルの伝説の感想

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今作は「2018年12月7日」より配信がスタートされた作品なのですが、内容は「あらすじ」でも紹介したように、

「動物に育てられた少年が、成長するにつれ様々なことで葛藤し、そんな中、自身が生きるを探していく」

というような内容の作品でしたが、なんだかどこかで見たことがある設定ではないですか?w

 

視聴からかなり時間が経っているためほとんど内容を覚えていませんが、

ライ
ターザンっぽくね?w

と感じたのが率直な感想ではありますw

 

ですがそれはさておき、ジャングルの美しい景色や、表情豊かな動物たち。

それらに囲まれながら成長していく「モーグリ」の姿。

このどれもが大人から子供まで楽しく見れる1つの理由だとワタシは思いますし、王道なストーリー展開+現代技術を最大限活かしてる…この感じは高評価ですね^^

 

原作が存在!?

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」ですが、実は原作が存在しています。

スポンサーリンク

原作のタイトルは「ジャングル・ブック」と言い、英国の作家であり詩人でもある「ラドヤード・キップリング」という方が「1894年」に出版した短編小説なんです。ちなみに原作の小説は全7つの短編ストーリーで制作されており、そのうちの1話目が「モーグリの兄弟たち」というタイトルで内容も今作「モーグリ:ジャングルの伝説」と類似していますね。ただ、原作にて「モーグリ」は「人間世界に戻る」という結末となっているみたいなので、映画と原作では少し違いが見られるのかもしれません。

 

2016年に制作された「ジャングルブック」とは別物

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」ですが、どうやら内容が酷似した作品があるんですよね。その作品というのが「2016年」にディズニーより公開された「ジャングルブック」

実際問題、今作「モーグリ:ジャングルの伝説」と「ジャングルブック」がごっちゃになってしまっている方も多いようで…。どちらも素晴らしい作品ではあるようですが、少々設定に違いなどはあるようですねw

ワタシが実際に視聴したワケでなく、視聴した方の感想を見ているかぎりそのように感じたのですが、ディズニー制作ということで個人的には「ジャングルブック」の方が「出来はいいのでは?」なんて想像をしていますw

 

それはさておき、実は「モーグリ:ジャングルの伝説」が公開される本当の日付は「2018年12月7日ではなかった」という情報を耳にしまして。先ほどから話しているように、「ジャングルブック」と「モーグリ・:ジャングルの伝説」はどちらも原作が「ジャングルブック」です。そして公開される時期もほんとは同時期だったのですが、なぜだか今作「モーグリ:ジャングルの伝説」は2年も先延ばしとなってしまったようで。。。

 

これにはなんらかの「大人の事情が絡んでいる」なんて噂がたっていますねw

ちなみに今作「モーグリ:ジャングルの伝説」は大手映画配給会社「ワーナーブラザーズ」が制作を手がけた作品です。ですがそれを「Netflix」が独占配信というカタチになっています。もしかするともしかするとですよ?いま巷で噂になっている「Netflixとその他多くの映画関連会社の間が良い関係性ではない」なんて噂が事実であり、ここにも大人の事情が絡んでいるのかもしれません。

あくまで噂ですが、ディズニーとNetflixでの関係性は悪く、近々「Netflix」からディズニー関連の作品が姿を消す…なんて噂も本当になってしまうかもしれませんね。

 

リアルな動きはモーションキャプチャーを使用

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」の監督は「アンディ・サーキス」氏なのですが、実はこの方は「猿の惑星」の「シーザー」や「ロード・オブ・ザ・リング」の「ゴラム」などを演じた経験を活かし、今作にて登場する動物たちの豊かな表情リアルな動き、これらの演出を実現させたと言われています。

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」にて登場する様々な動物は、声を担当している俳優がモーションキャプチャーを使用し、声だけでなく表情も起用知っているということになります^^

この業界に身をおき、そして自身が経験したことだからこそ実現することができた技術なのだと思いますね。

 

モーグリ:ジャングルの伝説の結末は?

今作「モーグリ:ジャングルの伝説」の結末ですが、人間界での生活を強いられた「モーグリ」でしたが、そこで知り合ったハンターの「ロック・ウッド」

 

彼に面倒を見てもらっていましたが、ある時、彼は剥製愛好家であることを「モーグリ」は知ってしまいます。そしてそれだけでなく「モーグリ」の親友だったアルビノのオオカミ「ブフート」の剥製を「ロック・ウッド」は所持していました。

 

「ロック・ウッド」に心を開き始めていた「モーグリ」でしたが、このとき、彼の中にあった想いが変わってしまい、そんな時に「モーグリ」が育ったジャングルがピンチだと知らせを受けます。ジャングルがピンチとなっている原因は「モーグリ」の命を狙っていた「シアカーン」でした。決着をつけるため、人間の武器を手に「シアカーン」と戦う「モーグリ」

 

そしてその背後には「バギーラ」や「バルー」そして他の仲間たちが。

 

仲間たちの協力もあって、「シアカーン」を倒すことに成功した「モーグリ」は、オオカミの群れのリーダー「アキーラ」の指名によって、次のリーダーとなる…。

 

まあなんというか王道の結末でしたねw

 

まとめ&評価

これで「モーグリ:ジャングルの伝説」のレビューは終了です。

まあ間違いなく万人ウケする作品ではないかとワタシは思いますね!ただ、そもそも評判の良い作品なので、評判を知ってから視聴すれば肩透かし感を食らう可能性は十分にあります。ストーリー自体はシンプルであり、王道ですから次の展開もなんとなく予想できてしまうでしょう。

それゆえに大人も子供も楽しめる作品ではあると思いますね^^

 

モーグリ:ジャングルの伝説の評価は?

最後に、今作「モーグリ:ジャングルの伝説」に評価をすると3.5/5.0です。

4.0/5.0でもいいのですが、少し王道すぎるようにワタシは感じてしまったのでこの評価です。

機会があれば「ジャングルブック」の方も視聴したいと思います^^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ