バッド・バディ!私とカレの暗殺デート/最強のコンビが結成!?スカッとアクション映画

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートの予告編

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートの作品概要

制作年:2015年

制作国:アメリカ

上映時間:95分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス) , Amazonプライムビデオ…etc.

原題:Mr.Right

監督:パコ・カベサス

脚本:マックス・ランディス

制作:マイケル・A・ヘルファント , ブラッドリー・ギャロ , リック・ジェイコブス , ローレンス・マティス

出演キャスト一覧

・アナ・ケンドリック(マーサ)

・サム・ロックウェル(フランシス)

・ティム・ロス(ホッパー)

・ジェームズ・ランソン(ボン・カーティガン)

・アンソン・マウント(リチャード・カーティガン)

・マイケル・エクランド(ジョニー・ムーン)

・RZA(スティーブ)

・ダグラス・M・グリフィン

・ルイス・ダ・シルヴァ・Jr

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「最強のコンビが結成」です。

映画「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」は2015年に制作された作品で、男運のない女性「マーサ」が、ある日偶然出会った運命の男性によって、常識をハズレたアウトローな道へと巻き込まれてしまう姿を描いた「アクション映画」です。

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートのざっくりあらすじ紹介

愛するカレの帰りを自宅で待つ女性「マーサ」

カレが帰ってきたときのことを考え、浮かれた気分で過ごしていた「マーサ」の前に、浮気相手と共に帰ってきた彼氏。

もともと男運がなかった「マーサ」は、またしても最悪なカタチで大切な恋人を失うことになってしまった。

それから友人宅に居候し、廃れた生活を送っていた「マーサ」だったが、そんな彼女の前に1人の男性が現れる。

 

その男性の名前は「フランシス」

変わった風貌、おかしな言動を発する「フランシス」だったが、「マーサ」が「フランシス」に惹かれるようになるまで、そう時間はかからなかった。

何度か「フランシス」とデートをする中で、時折「フランシス」は殺人をほのめかすような発言をしていたが、「マーサ」は「冗談だろう」とあまり深く考えていなかった。

 

しかし、あるデートの最中。

これまで「フランシス」がしていた殺人をほのめかすような言動が嘘ではなかったと知ることになる。

なんと「マーサ」から少し離れた場所で、「フランシス」が人殺しをおこなう現場を目撃してしまった。

もともと「少し変わっている」とは思っていた「フランシス」のことを、危険な人物だと理解した「マーサ」は、一方的に「フランシス」と別れる。

 

それから数日後。

「マーサ」と友人が生活する自宅へと2人の男性が訪れる。

彼らは「マーサ」が知らない「フランシス」の本当姿を知っており、話を聞いて「マーサ」は驚きを隠せなかった。

そして現在、世界中の殺し屋たちから「フランシス」が狙われているということも知る。

「フランシス」のことを「マーサ」たちに告げた2人組は、「今後、フランシスから連絡があれば教えて欲しい」と「マーサ」たちに告げる。

 

だが「マーサ」は、そんな「フランシス」のことを心底嫌いにはなれておらず、彼を売る気にはなれなかった。

葛藤している「マーサ」の前に、ちょうど「フランシス」が現れる。

そしてやはり、「マーサ」は「フランシス」のことを裏切ることができなかった。

これまで以上に、強い絆で結ばれるようになる2人だったが、そんな2人にすぐそこまで危機が迫っていた…。

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートの感想 最強のコンビが結成

今作「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した映画です。

スポンサーリンク

脚本担当には「クロニクル」や「エージェント・ウルトラ」で知られる「マックス・ランディス」を迎え、主演には、「ビッチ・パーフェクト」や「50/50 フィフティ・フィフティ」などで知られる「アナ・ケンドリック」と、「グリーンマイル」や「スリー・ビルボード」で知られる「サム・ロックウェル」の2人が主演で制作された作品ですね^^

50/50 フィフティ・フィフティ/諦めるにはまだ早い

2018.01.23

エージェント・ウルトラ/目覚めた凡人

2017.11.19

個人的には、「サム・ロックウェル」氏のことはあまり知らないのですが、「アナ・ケンドリック」さんは好きなんですよね♪

ちなみに「グリーンマイル」は何度も視聴したことがあります。

2000年に公開された作品ですが、今でも語られるほど良作中の良作ですよね!

 

そんな2人が暗殺者として激しいアクションシーンに挑戦!!

そして合間にちょくちょく挟んでくるコメディw

このバランスが非常にいいんですよ♪

緊張感のありそうな設定にもかかわらず、緊張感などありませんw

これが良いことか?、それとも悪いことか?はさておいて、個人的にこの感じは好きでした^^

アクション7割、コメディ3割ぐらいのこの割合も、個人的にはちょーどよかったと思います♪

 

見どころは「フランシス」のイカれ具合w

今作「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」に登場する「サム・ロックウェル」演じる「フランシス」

彼がとてつもなくいい感じにイかれているんですよねw

登場した瞬間から考えが少しずれてはいましたが、ストーリーが進めば進むほどイカれ具合があらわになっていくんですw

敵対している人物たちも「あいつはイかれている」と言葉に出してしまうほどにイかれてますw

 

「フランシス」は「フランシス」なりの考えで暗殺者として活動しているのですが、もともと依頼があれば善人でも暗殺していた「フランシス」

で、今になってその頃の罪滅ぼしに、暗殺を依頼してきた依頼者を暗殺するんです。

「善人なのか?」それとも「悪人なのか?」

判断の難しいところではありますが、基本的に人殺しは「悪」なので、本来なら嫌いになりそうなところ、嫌いになるどころかむしろ好きになっている私がいましたねw

 

そしてそんな「フランシス」に影響されてか、もとは男運がないだけの常識人だった「マーサ」も、最後には立派な暗殺者になっていたのは笑いましたねw

今作「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」の序盤から、「マーサ」の暗殺者としての才能は開花しつつありましたが、最後にはその才能が覚醒し、男性にも負けないほどの実力を身につけてしまうんですよw

最終的にはカップル揃って頭のネジが外れてしまっていましたが、この展開もなんだかほっこりしてしまいました^^

 

まとめ&評価

これで「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」のレビューは終了です。

ほんとあっという間の90分でしたねw

それぐらいテンポ良く、退屈しない作品だったのだと思います^^

悪いところはないと思いますが、あえていうのであれば中身はないですw

ストーリーの中身は大してありませんが、それでも楽しめるという不思議な状態でしたねw

 

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートの評価は?

最後に、今作「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」に評価をすると4.0/5.0です。

個人的にはかなりオススメの作品なのですが、今作を視聴した方の評価はあまり多くないんですよね…。

「公開時、あまり話題にならなかったのか?」

もしくは、

「今作を面白いと思える私の感性がおかしいのか?」

後者ではないと祈りたいですねw

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ