ミュージアム/僕のミュージアムへようこそ

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ミュージアム」です。

 

ミュージアムの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ミュージアム」は2016年に製作された作品で、人気サイコスリラー漫画を実写映像化した「サスペンス作品」です。

 

製作年:2016年

製作国:日本

監督:大友 啓史

脚本:高橋 泉 , 藤井 清美 , 大友 啓史

製作:ミラード・エル・オックス , 大村 英治 , 井上 肇 , 古川 公平 , 下田 淳行 , 牧田 英之 , 荒波 修 , 高橋 誠 , 江守 徹

出演キャスト:小栗 旬(沢村 久志) , 尾野 真千子(沢村 遥) , 野村 周平(西野 純一) , 丸山 智己(菅原 剛) , 田畑 智子(秋山 佳代) , 市川 実日子(橘 幹絵) , 伊武 雅人(岡部 利夫) , 大森 南朋(沢村 久志の父) , 松重 豊(関端 浩三) , 妻夫木 聡(カエル男) , 五十嵐 陽向(沢村 将太)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

 

ミュージアムのあらすじ

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼ばれるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれてしまう。主人公・沢村役の小栗、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平、大森南朋ら豪華キャストが共演。

映画.com:http://eiga.com/movie/83640/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「胸糞悪い」です。

今回は言いたいことがいくつかあるのですが、まず初めに注意をしてもらいたいのが、この作品かなりショッキングな作品です!!

それを理解いただいた上でここから先に進んでくださいね^ ^

 

ミュージアム 感想 展開が読めてしまう…

まず今作のキー人物である「沢村 久志」は仕事のためには家庭すら顧みない仕事人間

そんな彼の前に現れる連続殺人鬼

カエルのマスクをつけたその男は「沢村」に対して挑発的な態度をとり、数々の殺人事件を行なった。

そんなカエル男が標的とした人物の中には沢村の妻である「沢村遥」が入っていた。

スポンサーリンク

妻の「遥」と息子の「将太」がカエル男に誘拐され、2人を取り戻すために「沢村 久志」が奮闘するといったストーリーです^ ^

 

まず初めに言いたいのは、この作品ですが結構ストーリーが読めてしまうんですよ^^;

驚きの展開もあるにはあるのですが、それ以上に読めてしまう部分が多いと私は感じてしまい、その部分は非常に残念でした。

 

ただ、今作の終わり方については正直予想ができませんでした^^;

今作に登場するカエル男は「日光過敏症」と言う名のアレルギーを患っているのですが、作品内でこの病気は「心因性」で患ったものだと説明があります。

「沢村 久志」の息子である「将太」も最後のシーンで運動会の最中に首を掻いているシーンが流れて終了…。

多分、息子の「将太」も過度なストレスにより「日光過敏症」を患ってしまったというなんだか胸糞悪いラストで終了だったのは予想していませんでした^^;

 

そして次に「小栗 旬」の演技についてです。

以前から思っていたのですが、「小栗」さんの演技はどうも作り物臭い…と私は感じています。

それは今回でも健在なのですが、演技が大げさすぎるんですよね^^;

まるで「藤原 竜也」さんでも目指しているかのようなオーバーアクション…。

個人的には「クール」な印象が「小栗」さんのイメージと私は合うと思っているので、今回もその部分は気になりました^^;

逆に「尾野 真千子」さんの演技はかなり自然で、見ていて思わず感情移入してしまうほどの演技です^ ^

「尾野」さんの演技力は素晴らしいものだと改めて認識させられました♪

そしてカエル男についてですが、これは特殊メイクの効果ももちろんありますが、「妻夫木 聡」さんだとはまず気づきません。笑

見た目もキャラも、私が知っている「妻夫木」さんではなく、演技とはいえこんな演技をできる「妻夫木」さんには少し闇を感じました^^;笑

 

あとは大したことではないのですが、少々鼻についた部分で言うと、

「『沢村久志』を一度は轢き殺そうとしたにもかかわらず、車から降りて瀕死の『沢村』を殺さないカエル男」

「銃の密売場所をなぜか知っている『沢村 久志』は警官にもかかわらずまるでこの日のために見過ごしていたかのような設定」

「『沢村 久志』に怪我をさせたカエル男が、『沢村』が気絶している間に『沢村』の治療をしている」

この3つが個人的には少し鼻についた点ではありました^^;

 

まとめ

これで「ミュージアム」のレビューは終了です。

長々と感想の部分で述べましたが、まあ面白い作品ではあると思います^ ^

ですが、私が見る前に聞いていた感想が良すぎただけに物足りない感をありましたが、今作を見るにあたって変に人から感想は聞かない方が良いかと思います。

この作品日「ミュージアム」に評価をすると3.5/5.0といったところです。

興味があれば見ても損はないと思います!!

ただ、内容と映像がショッキングなので、苦手な方は十分に注意して見てくださいね^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ