『Netflixオリジナル』ミュート/声なき男の戦い

ミュート 声なき男の戦い 感想(ネタバレ)

 

 

どうも、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

「ミュート」です^ ^

スポンサーリンク

作品情報

ミュートの予告編はこちら

 

この作品「ミュート」は2018年に制作された作品で、幼少期の事故により声が出なくなってしまった男性「レオ」が、それから30年の月日を経て、消えた愛する恋人を探し戦う姿を描いた「サスペンス作品」です。

また今作「ミュート」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ?

上映時間:126分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Mute

監督:ダンカン・ジョーンズ

脚本:ダンカン・ジョーンズ , マイケル・ロバート・ジョンソン

制作:?

出演キャスト:アレクサンダー・スカルスガルド , ポール・ラッド , ジャスティン・セロー , サム・ロックウェル , ダニエル・ファーザーズ , ギルバート・オウウアー , ロバート・ニッキスチ , フローレンス・カサンバ , ニッキ・ランボーン , カーステン・ブロック , ノエル・クラーク

 

ミュートのあらすじ

最愛の恋人が突然の失踪。その行方をつかむ鍵は、混とんを極める裏社会に隠されていた。近未来のベルリンを舞台に、声を失った男の静かなる戦いが幕を開ける。

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80119233

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「悪くはないけど…」です。

この作品「ミュート」はこの記事の初めでもお話ししたように、2018年に制作された作品で、幼少期の事故により声が出なくなってしまった男性「レオ」が、それから30年の月日を経て、消えた愛する恋人を探し戦う姿を描いた「サスペンス作品」です。

また今作「ミュート」は「ネットフリックス オリジナル作品」です。

 

ミュート 内容

 

少年 「レオ」

少年は両親と川遊びをしている最中に不慮の事故に出くわし、声が出ない身体へとなってしまった。

 

それから30年。

「レオ」には最愛の恋人「ナディーラ」がいた。

「レオ」と「ナディーラ」は同じクラブで働いていた。

この日。

クラブの客の中に、「ナディーラ」にちょっかいを出している客が…。

その光景を見た「レオ」は「ナディーラ」にちょっかいを出していた客とトラブルになりそうになるが「クビになるわけにはいかない」と、ギリギリのところで「ナディーラ」に止められる。

しかしクラブのオーナー「マキシム」の耳にこの件が入り、「レオ」は「マキシム」に呼び出された。

「次、こんな事があればクビにする」と警告された「レオ」

その夜。

自宅に戻った「レオ」は「ナディーラ」から「大切な話がある」と告げられる。

大切な話とは、「私には大切な人がいるの」と聞かされ、一瞬「別れ話」かとショックを受けた「レオ」だったが、

「だからといって別れるとかではない」と聞かされ、安心した表情を浮かべた。

「なら大した事じゃない」と「レオ」は返した。

いつも、メモに絵を描いている「レオ」に、「ナディーラ」は「何を描いているの?」と問うと、

そこには「ベッド」が描かれていた。

そして「レオ」は近くの倉庫まで「ナディーラ」を連れていった。

そこで「ナディーラ」が見たのは、絵と同じ「ベッド」だった。

それを見た「ナディーラ」は感動し、

「あなたは私には勿体無い。この先もずっとあなたを愛している。けどあなたは本当の私を知らない…」

その言葉を最後に、翌日「ナディーラ」は姿を消した。

 

2人組の闇医者がいた。

2人のうち1人「カクタス」は軍から脱走した脱走兵だった。

「カクタス」はこの国から脱出するために、「マキシム」の連れてくるワケありのけが人たちの治療を施していた。

「カクタス」は「レオ」の働くクラブにも顔を出していた。

「ナディーラ」が消えた日。

1人で朝食をとっていると、「カクタス」が現れた。

「カクタス」は「レオ」に対して、

「この前、イギリス人とトラブルを起こしていたな?頼むからトラブルを起こすな」と注意される。

気にも留めなかった「レオ」だったが、

その夜、またしても昨夜のイギリス人たちが訪れ、「ナディーラ」の事を「レオ」の前で悪く言った。

「マキシム」から警告されていたにもかかわらず、この日「レオ」は揉め事を起こしてしまう。

結果、「レオ」はクラブをクビになってしまった。

「ナディーラ」に「どこに行った?」とメールを送るも、返事は返ってこなかった。

「ナディーラ」の居場所を突き止めようとする「レオ」だったが、事態は思っていたよりも深刻だった。

果たして「ナディーラ」はどこに…?

 

ここから感想です^ ^

スポンサーリンク

ミュート 感想 近未来感強すぎ!!

まずはじめにお話しするのは、今作「ミュート」の世界観についてです。

とにかく何もかもが私たちが生きているこの時代の世界観とは違い、

「街中はネオンでキラキラ」「空を飛ぶ車」「ドローンが食事をデリバリー」「身体の一部がロボット化」などなど。

かなりSF感は強い作品だと思います^ ^

これに関しては個人的には今作「ミュート」で好きなポイントですし、

「なんか近い未来こうなるのかな?」

みたいな実際に数年後か数十年後かわかりませんが、

「いつかこうなるんじゃないかな?」

という良いところを突いてくる作品だと思います^ ^

近未来系のSF作品好きなら嬉しいポイントだと思いますね♪

苦手な人は苦手かも!?

これは今作「ミュート」に何度かある「グロ要素」に関してです。

今作では何度か手術を施すシーンがあるのですが、

これが結構痛々しいんですよね…。

私はわりと得意なタイプではあるんですが、苦手な人はかなりキツいと思います^^;

それこそ太ももを切り開いて中から銃弾を取り出すシーンや、「レオ」が喋れるようにするため、喉を切り開いて機械を取り付けるシーンがあったりするので、

普段からそういうのが苦手な方は注意してくださいね!!

 

2時間6分!?

今作「ミュート」は上映時間が2時間6分ほどの作品です。

これに関して言いたい事があります!!

「それは無駄に長い…。」

序盤はわりとワクワクしながら見ている私がいましたが、時間が経つにれ

「テンポ悪いわぁ〜」

と感じ始め、飽き始めている私がいました^^;

無駄な話が多いんですよね…。

もっと削れる部分はあると思いますし、

「ナディーラ」の行き先の伏線を何個か用意している作品なのですが、

そのどれもが結末に関係ない^^;

サスペンス作品としては結末が読めないという点は好評価なのですが、

ダラダラしている感が強すぎて、飽きてしまうんですよね。

これは非常に勿体無いと思います^^;

もっと上手くやれば、良作だと胸を張って言えた作品でした。

 

ミュート 結末

「ナディーラ」には秘密があった。

しかし「レオ」は秘密を何1つ知らなかった。

理由はわからないが、「ナディーラ」が大金を必要としている…。

「ナディーラ」の行方を調べているうちに、その事が明らかになった。

「レオ」は「ナディーラ」の居場所を知っていそうな人物の元を片っ端から探して回った。

「ナディーラ」の居場所を知る前に、秘密を知ってしまう。

それは「ナディーラは離婚経験があり、娘もいる」という事だった。

そして「ナディーラ」の元夫は「カクタス」だという事も知る。

「カクタス」の家を突き詰めた「レオ」は、すぐさまそこへ向かった。

「カクタス」の自宅で「レオ」は鍵のかかった扉を見つける。

扉を開けようとしている「レオ」の元に「カクタス」が帰ってきた。

「レオ」を見た「カクタス」は「レオ」に扉の鍵を渡した。

その扉の先で「レオ」が見たものは袋に詰められた「ナディーラ」の死体だった。

怒った「レオ」は「カクタス」ともみ合いになり、「カクタス」を殺す。

「ナディーラ」が死に、悲しむ「レオ」の前に「カクタス」の親友が姿を現した。

親友は「話がある」と告げ、「レオ」を自分の病院へと連れて行った。

そして声が出るよう手術を施した。

手術を施され、話せるようになった「レオ」に対して、「カクタス」を殺した事を謝るよう命じた。

しかし、「レオ」は謝るそぶりを見せなかった。

そんな「レオ」に良いものを見せてやると「ナディーラ」にとって思い出の川へと連れて行った。

川の上に掛かっている橋の中腹で、またしても「カクタスの事を謝れ」と命ずるも、「レオ」はそれを無視。

そんな「レオ」を橋の上から川に落とそうとすると、「レオ」はそれを逆手に取り一緒に川へと落ちた。

そして「カクタス」の友人を溺死させた。

川から上がった「レオ」は、一人でぼっちになった「ナディーラ」の娘の面倒を見る事にした。

 

みたいな結末でした^ ^

 

悪くはない結末ですし、まさかの「カクタス」が「ナディーラ」を誘拐した犯人だとは想像していませんでした。

色々伏線があったのに、まさかのでした。笑

 

まとめ

これで「ミュート」のレビューは終了です。

悪くはないんですけどねぇ〜。

テンポが悪いのがとにかく引っかかる作品なだけに、良作だとは言えない作品です^^;

世界観は好きですし、なんか色々と勿体無いとしか言えないです…。

 

今作「ミュート」をおすすめするとすれば、

「ここまで記事を見ても興味のある方」

には良い作品かもしれませんね^ ^

個人的にはあえておすすめするような作品ではありません。

 

今作「ミュート」に評価をすると2.5/5.0といったところです。

また今作「ミュート」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA