『Netflixオリジナル』ネクストロボ/豪華声優が共演!?ロボットとの絆が、世界を包み込む

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ネクストロボ」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ネクストロボの予告編

 

ネクストロボの作品概要

制作年:2018年

制作国:カナダ/中国

上映時間:107分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Next Gen

監督:ケヴィン・R・アダムス , ジョー・ケイサンダー

脚本:ケヴィン・R・アダムス , ジョー・ケイサンダー

制作:

 

キャスト一覧

・シャーリン・イー(メイ)

・ジョン・クランシンスキー(7723)

・ジェイソン・サダイキス(ピン)

・デヴィッド・クロス(ライス博士)

・コンスタンス・ウー(モリー)

・マイケル・ペーニャ(モモ)

 

吹き替え版キャスト一覧

・メイ(山根 舞)

・7723(鈴木 逹央)

・ジャスティン(藤原啓治)

・ライス博士(森久保祥太郎)

・モモ(劇団ひとり)

 

 

ネクストロボのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「大ヒット間違いなし」です。

映画「ネクストロボ」は2018年に制作された作品で、ロボット嫌いな女の子「メイ」が出会ったロボット「7723」と協力し、人類を滅亡させようと企む「ジャスティン」の陰謀を阻止するべく戦う姿が描かれた「アニメーション映画」です。

また、今作「ネクストロボ」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

ネクストロボのざっくりあらすじ紹介

何もかもロボットが済ませてくれる近い未来。

そんな未来で生活する少女「メイ」は、こんな世の中に不満を感じていた。

母「モリー」と2人で生活する「メイ」は、数年前まで父も一緒に生活していた。

父は母「モリー」と喧嘩したことがきっかけで家を出て行き、それ以降、母「モリー」はロボットに夢中だった。

 

ある日。

数々のロボットを開発し、世に送り出した企業「IQロボテック」が新開発したロボット「ジェン6」の公開イベントに母「モリー」と2人で向かった「メイ」

ロボットが嫌いな「メイ」は、こんなイベントに興味を示すはずがない。

しかしここで「メイ」は、1体のロボットと出会う。

そのロボットの名前は「7723」

他のロボットとは少し違うロボだったが、警備ロボに追われていた「メイ」は、荷物を置いたまま外に追い出されてしまう。

 

「メイ」が置いていった荷物に関心を示した「7723」は、同時に「メイ」にも興味を示した。

そして荷物を届けるため、「メイ」の後を追いかけることにした。

その夜。

「メイ」の自宅を訪れた「7723」

荷物を「メイ」に渡し、その場を去ろうとする「7723」だったが、他のロボットにはついていない機能に目をつけた「メイ」は、「7723」を使い、自分が嫌いなロボットを壊して回ろうと企んだ。

 

その日以降、毎日、街中のロボットを壊して回る「メイ」と「7723」

この時、「7723」はまだ気づいていなかったが、彼が存在することに不満を持った「IQロボテック」の社長「ジャスティン」が「7723」のいどころを探していた。

「7723」を開発した「ライス博士」を使い、「7723」を捜索。

そしてついに「メイ」の自宅にいることがバレてしまった。

「メイ」の自宅へと訪れた「ジャスティン」社長だったが、この時、「メイ」たちはとんでもない事実を知ることになる…。

 

ネクストロボの感想 大ヒット間違いなし

そんな今作「ネクストロボ」ですが、先日「2018年9月7日」より、動画配信サイト「Netflix」で配信がスタートした作品です。

今作は「中国」と「カナダ」協力の元制作された作品とのことですが、原作中国の漫画なんです。

暴走漫画と呼ばれる中国では大人気の漫画シリーズの「7723」という作品を、映像化している作品なんです^^

今作「ネクストロボ」は「3000万ドル」という大金を叩いて、「Netflix」が配信権を獲得。

そして「2018年9月7日」より世界190カ国で配信がスタートされました。

正直言って、今作「ネクストロボ」は間違いなくヒットする作品だと私は思います。

 

というのも「映像技術」「ストーリー」「BGM」

これらのどれを取っても、申し分がない。

というか、「Netflixオリジナル」という枠の中に収めるには惜しすぎる…そんな作品です。

 

ネクストロボのストーリーについて

今作「ネクストロボ」のストーリーは「あらすじ」を見てもらえばわかるように、「ロボット」と「人間」の絆が描かれています。

それも、もともと「ロボット」を嫌っていた「人間」が、「ロボット」と絆を育んでいく。

「ロボット好き」が「ロボットと絆を育んでいく」だと、まあありがちな設定ですよね?

ところが今作はその逆です。

ただ、今作「ネクストロボ」を検索しようとすると、「ベイマックス」と検索候補にでてきたり、今作を視聴した方の感想の中には「ベイマックス」と似ているなんて話があったりしました。

 

私は「ベイマックス」を視聴していません。

なので、ざっと「ベイマックス」の「あらすじ」を拝見したのですが、ロボットがメインの映画という面では似ていますね!

これはでも、いまの時代もそうですし、これから先も間違いなくこういう作品が増えていくでしょう^^

時代の流れというヤツですね!

 

なので、もしかすると「ベイマックス」を視聴済みの方にとっては、物足りない作品かもしれません。

ただ、私は「ベイマックス」を含む”こういった作品”を見たことがなかったので、非常に新鮮味があり、全力で楽しむことができました^^

 

「ロボットが普及し、何から何までやってくれる」

いつかこんな未来が来るかもしれませんね♪

 

ネクストロボの素晴らしい映像技術

今作「ネクストロボ」は「アニメーション映画」です。

近頃の「アニメーション映画」は、アニメだからとバカにできないレベルの映像技術を用いた作品が多いですが、今作「ネクストロボ」もハンパではないです!

キャラクターはアニメなのですが、雨などの演出は実写となんら変わりないレベルでした。

ぶっちゃけ、

ライ
アニメーション映画にここまで期待してないw

と感じてしまうレベルですw

でもそれだけ、「お金」と「手間暇」をかけて制作されているという、制作陣営の熱意が伝わってくると私は感じました^^

スポンサーリンク

 

ネクストロボのエンディング曲が…

今作「ネクストロボ」は、作品内で使用されている楽曲も非常に良いです^^

作品をより良いモノに魅せるために使っている…そんな風に私は感じました。

ですが、何より注目すべきはエンディングの楽曲ですね!

なんと今作「ネクストロボ」のエンディング曲は、ある日本人歌手が歌っています。(吹き替え版限定です)

それは元「E-girls」のメンバーであり、現在は「Dream Ami」さんです^^

これには思わず驚きを隠せませんでしたねw

まさか、今作「ネクストロボ」のエンディング曲を吹き替え版限定だとしても、日本人の、しかも「Dream Ami」さんが歌っているとは…。

字幕版で今作を視聴した方は、エンディングのみ吹き替え版で視聴してみてください^^

念のため「Dream Ami」さんが歌っているMVを貼っておきますね♪

 

 

ネクストロボの吹き替え声優が豪華すぎる件

今作「ネクストロボ」を吹き替え版で視聴した方であれば、聞き覚えのある声があると感じた方がいらっしゃったのではないでしょうか?

アニメを見る方であれば、なおそう感じた可能性が高いかと思われます。

作品概要の部分で名前だけは紹介しているので、声優に詳しい方であればすでに知っているかもしれませんが、今作「ネクストロボ」の吹き替え版を担当している声優非常に豪華な顔ぶれが揃っています^^

 

豪華な声優陣

今作「ネクストロボ」の吹き替え版声優を担当している方たちについてですが、

・メイ(山根 舞)

・7723(鈴木 逹央)

・ジャスティン(藤原啓治)

・ライス博士(森久保祥太郎)

・モモ(劇団ひとり)

このようになっています。

口の悪いわんこワンコ「モモ」の声が、まさか「劇団ひとりさん」だったとは…。

これには全く気が付きませんでしたw

 

山根 舞

まず「山根舞」さんからですね!

彼女はアニメの作品に出演したこと自体そこまで多くありませんが、「ベイマックス」にも出演していますねw

映画や海外ドラマの吹き替えを担当することが多いようで、

・「ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー」の「キーラ」

メインキャラの吹き替えとして上がっていますね!

 

そのほかにも私が知っている作品だと、

 

・英国王のスピーチの「リリベット」

・キャプテン・アメリカ/ザ ・ファースト・アベンジャーの「コニー」

・コンテイジョンの「ジョリー」

・ヴァンパイア・ダイアリーズの「メレディス」

・13の理由の「ハンナ・ベイカー」

などにも出演しています^^

 

鈴木 達央

「鈴木達央」さんも数多くの作品に出演しています。

アニメへの出演が非常に多く、1つ1つ確認するのが面倒なほどですねw

そんな中から比較的有名なアニメキャラだと、

・BOOOD-Cの「時真真一郎」

・黒子のバスケの「高尾和成」

・となりの怪物くんの「吉田春」

などですかね?

とにかく多すぎて、全てを紹介するのは不可能ですw

 

藤原 啓治

「藤原啓治」さんのことは、声優に詳しくない方でも知っている方が多いのではないでしょうか?

音響制作会社「AIR AGENCY」の代表取締役であり、彼自身が設立者です。

「日本芸術学校」の講師なども務めながら、数々の作品に出演していらっしゃます^^

 

「藤原啓治」さんが担当したことのある有名なキャラは、

・クレヨンしんちゃんの「野原ひろし」

・鋼の錬金術師の「マース・ヒューズ」

・交響詩編エウレカセブンの「ホランド・ノヴァク」

・BLACK CATの「スヴェン・ボルフィード」

 

あと映画ですが、有名マーベル作品「アイアンマン」に出演する「アイアンマン」であり、「トニー・スターク」の吹き替え声優を担当しています^^

そのほかにも、嫌になるほどたくさんのキャラを担当していますねw

 

森久保 祥太郎

「森久保祥太郎」さんも、数多くのキャラの声優を担当しており、「アドナインス」の代表取締役を務めています。

「アドナインス」は「演劇」や「映画」への出演依頼の受付はもちろん、イベントの企画や運営もとりおこなっている会社ですね!

 

「森久保祥太郎」さんが担当したことのある有名なキャラだと、

・MAJORの「茂野吾郎」

・NARUTOの「奈良シカマル」

・弱虫ペダルの「巻島裕介」

 

あとは少し前に流行した「ポプテピピック」の「ポプ子」も担当していますねw

 

4人ともビッグネームな作品に出演した経歴があり、それだけ今作「ネクストロボ」には力が入れられていることがわかります^^

字幕版の声優も豪華ですが、吹き替え版も豪華声優なので、それだけで2度楽しめる映画だと思いますね♪

 

ネクストロボの結末は?

今作「ネクストロボ」の結末ですが、これがまたスゴイです!

ここでもまた、アニメーション映画の枠を超えてきたクオリティでしたね♪

「7723」と「IQロボテック」の黒幕「アレス」が決着をつけるのですが、とにかくド派手!!

そして派手なだけではなく、美しいグラフィック!!

大げさはではなく、手に汗握るほどの大迫力でした^^

 

そしお決まりの感動もありますw

「アレス」に勝つため、「7723」は「メイ」との記憶を消さざるを得ない…。

これまで何より大事にしてきた「メイ」との思い出を、「メイ」を守るために消去。

わかっていた展開ではありましたが、そんなこと気にせず夢中でしたねw

 

まとめ&評価

これで「ネクストロボ」のレビューは終了です。

少し前にも紅き大魚の伝説で中国の本気を感じましたが、今作「ネクストロボ」でも中国の実力を感じざるを得ませんでしたねw

いや、ほんと最近の中国はすごいとしか言いようがありません!

アメリカやカナダが協力する気持ちもわかりますw

 

今作「ネクストロボ」は、大人も子供も楽しめる作品です。

私が思うに、

男の子は「ロボット映画」として、

女の子は「ロボットとの友情、そして感動」として、

大人は全部ひっくるめて楽しめる作品でしょうw

間違いなく家族で楽しめる映画だと思います^^

 

ネクストロボの評価は?

最後に、今作「ネクストロボ」に評価をすると5.0/5.0です。

素晴らしい作品だと思います^^

公開前からネット上に記事が溢れている時点である程度予想はしていましたが、このクオリティで「Netflixオリジナル」ですから。

月額の料金が9月より上昇するこのタイミングで、「Netflix」が本気を出してきましたねw

クオリティが上がるのであれば、月額の料金が多少上がるのなんて可愛いものです^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ