ピッチ・パーフェクト/ダメダメだったアカペラガールズ

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ピッチ・パーフェクト」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ピッチ・パーフェクトの予告編

 

ピッチ・パーフェクトの作品概要

制作年:2012年

制作国:アメリカ

上映時間:112分

配信サイト:Netflix , Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

原題:Pitch Perfect

原作:ミッキー・ラプキン 『Pitch Perfect: Quest for Collegiate A Cappella Glory』

監督:ジェイソン・ムーア

脚本:ケイ・キャノン

制作:ポール・ブルックス , マックス・ハンデルマン , エリザベス・バンクス

出演キャスト一覧

・アナ・ケンドリック(ベッカ)

・スカイラー・アスティン(ジェシー)

・レベル・ウィルソン(ファット・エイミー)

・アダム・ディヴァイン(バンパー)

・アンナ・キャンプ(オーブリー)

・ブリタニー・スノウ(クロエ)

・ジョン・マイケル・ヒギンズ(ジョン・スミス)

・エリザベス・バンクス(ゲイル)

・アレクシス・ナップ(ステイシー)

・エスター・ディーン(シンシア)

・ハナ・メイ・リー(リリー)

・ベン・プラット(ベンジー)

・デヴィッド・デル・リオ

・ジョン・ベンジャミン・ヒッキー

・フレディ・ストローマ

・ジェイコブ・ワイソッキ

・ジェイソン・ジョーンズ

・ドナルド・フェイソン

・ジャド・ローマンド

・クリストファー・ミンツ=プラッセ

・ドリュー・シーリー

 

ピッチ・パーフェクトのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「洋楽好きは楽しめる」です。

映画「ピッチ・パーフェクト」は2012年に製作された作品で、ある出来事からダメダメになってしまった女性だけで結成されるアカペラグループ「バーデン・べラーズ」へと入部し、様々な困難を乗り越える学生たちの姿を描いた「ミュージカル・コメディ作品」です。

 

ピッチ・パーフェクトのざっくりあらすじ紹介

音楽プロデューサーになることを夢見る女性「ベッカ」

父の反対を押し切り、自身が希望する大学へと入学した「ベッカ」は、学業には全く興味の持てない日々を過ごす中、彼女の唯一の楽しみは校内ラジオ曲でのアルバイトだった。そんな日々を過ごす中、校内ではサークル部員の募集をあちこちで行なっていた。そしてある出来事から「ベッカ」は女性のみで結成されたアカペラグループ「バーデン・べラーズ」へ勧誘される。

 

はじめは参加するつもりのない「ベッカ」だったが、流されるままに参加することに。しかしそのアカペラグループは、昨年大勢の前で失態を晒し、そのせいで今年は人が集まらない状態。そんな中、「バーデン・べラーズ」へと入部希望をしてきた人物は個性的なメンバーばかり。

 

個性的なメンバーに囲まれ、リーダーの「オーブリー」からの厳しい指導を受ける日々を過ごす中、乗り気でなかった「ベッカ」も本気で全国大会を目指すように。だが、リーダーの「オーブリー」とは意見が合わず、何度も意見のぶつかり合いを見せていた。

 

1度は「バーデン・べラーズ」から脱退した「ベッカ」だったが、全国大会のため再び「バーデン・べラーズ」へと戻り、大会で優勝することを決意する。

 

ピッチ・パーフェクトの感想

映画『ピッチ・パーフェクト』公式サイトより引用

今作「ピッチ・パーフェクト」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

 

「ピッチ・パーフェクト」はシリーズ化されている作品なのですが、実は以前から気になっていた作品なんですよね。昨年、映画館にて「グレイテスト・ショーマン」を視聴して以降、「ミュージカル映画」の良さに気がついてしまって、同じく「ミュージカル」とワタシが大好きな「コメディ」をミックスさせた今作は、「好き」×「好き」な作品なのですが、なぜか初回作は動画配信サイトで無料配信されておらず、「ピッチ・パーフェクト2」のみが配信されていたんですよねw

グレイテスト・ショーマン/夢が踊りだす。

2018.02.16

それゆえ、気になりながらも今日まで見れず状態だったのですが、やっとこさ「Netflix」より無料で配信がスタート。これは見ずにいられないと用事をほったらかしての視聴ですw

 

ストーリーは無難?

今作「ピッチ・パーフェクト」ですが、音楽プロデューサーを夢見る女性「ベッカ」が、全く興味を持てなかった大学生活にてアカペラグループに所属し、もとから音楽好きな「ベッカ」が個性的なメンバーと共に成長していく姿が描かれています。

 

ちなみ「ベッカ」を演じているのは「マイレージ、マイライフ」が代表作に上がっている「アナ・ケンドリック」。このブログ内で紹介している作品だと「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」や「ハッピーボイス・キラー」などに出演していますね♪

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート/最強のコンビが結成!?スカッとアクション映画

2018.10.25

ハッピーボイス・キラー/キュートでポップなスリラー作品

2017.11.11

ワタシはよく顔を見る女優なのですが、若そうに見えて実は33歳なんですよね!これには驚きましたw

スポンサーリンク

 

少し話が脱線してしまいましたが、とにかくストーリー自体は良くも悪くも無難です。ありがちな設定と言っても過言ではないでしょう。

 

洋楽好きは必見!

先ほど、ストーリーは無難だと話しました。決して悪い意味ではないのですが、このストーリーで音楽を用いていない映画だったら間違いなく物足りないと感じてしまうでしょう。ですが、今作は非常に評価の高い作品です。その理由とするのは、やはり洋楽のチョイスと使い方だとワタシは思いますね!

 

ちなみにワタシは、普段から洋楽をよく聞きます。この記事を執筆している今もそうですが、むしろ邦楽はほとんど聞きません。(カラオケで歌うのは90年代もしくはそれ以前の曲ばかりですw)

 

そんなワタシからすると、今作で使用されている曲のチョイスや使い方は最高でしたね!もうね、テンション上がること間違いなしでしょう♪特に、「アナ・ケンドリック」演じる「ベッカ」がリミックスする曲は最高ですし、アカペラを題材とした今作に出演しているキャストは歌が上手い!これが今作にとって最大の売りだと思います^^

 

差別や下ネタ注意

今作「ピッチ・パーフェクト」ですが、ここは注意が必要です。「コメディ」と「ミュージカル」を掛け合わせた今作は、まず下ネタが多めです。個人的にはこれぐらいがちょうど良いと感じてしまうレベルでしたし、アメリカのコメディの中では比較的マシな方だとワタシは感じましたが、これに不快感を感じていらっしゃる方も少なくないようですね。なので「下ネタが嫌い」という方は注意が必要です。

 

あと、差別的発言や要素。「肥満」や「人種差別」や「LGBT」

これらも人によって不快感を感じていらっしゃるようです。個人的な意見としては、そういった差別されてしまうような人たちが協力し、1つのことをやり遂げている姿を見せられて、「人はみな平等だ」と伝えたいのかと感じ取ったのですが、これも捉え方は人によりますからね。なのでそういったものに不快感を感じてしまう方には注意が必要です。

 

ピッチ・パーフェクトの結末は?

映画『ピッチ・パーフェクト』公式サイトより引用

今作「ピッチ・パーフェクト」の結末ですが、先ほどもちらっと言いましたが、「ベッカ」はリーダーの「オーブリー」と揉め、いったんは「バーデン・べラーズ」を脱退させられます。しかし、「ベッカ」が脱退させられた原因でもある大会の勝者に不正があったことが発覚。そのため繰り上げ方式で「バーデン・べラーズ」が大会の決勝戦へと進出することになります。

 

大会に負けたあとバラバラになっていた「バーデン・べラーズ」のメンバーでしたが、決勝戦のために再び集結。しかし、またしても意見が対立し揉めてしまいます。リーダーの「オーブリー」は「ベッカ」のことを呼んでいませんでしたが、メンバーの1人が「ベッカ」を呼び出していました。

 

呼び出されて集まりに姿を現した「ベッカ」でしたが、彼女自身、脱退となったことに後悔しており、再び「バーデン・べラーズ」のメンバーになりたいとリーダーの「オーブリー」に告げました。「オーブリー」も自身のこれまでの行いを反省し、2人は仲直りします。これまでチームメイトの意見を聞かない「オーブリー」でしたが、決勝戦に向けて「ベッカ」に意見を求めました。

 

そして決勝戦当日。いつも代わり映えしない演出だった「バーデン・べラーズ」に、「ベッカ」の意見を取り込んだことによっていつもとは全く違う「バーデン・べラーズ」。何度も「バーデン・べラーズ」を見てきた大会の審査員たちも期待に胸を膨らませていました。

 

その期待に応えるよう、これまでと全く違う演出でアカペラを披露する「バーデン・べラーズ」

観客や審査員たちも絶賛のアカペラを披露。そして念願の優勝を手に入れました。

 

わかっていた結末ではありましたが、そんなことよりラストのアカペラシーンはトリハダものでしたね!思わず一緒に口ずさんでしまうほどだとワタシは思います^^

 

まとめ&評価

映画『ピッチ・パーフェクト』公式サイトより引用

これで「ピッチ・パーフェクト」のレビューは終了です。

評判は知っていた作品なので、ストーリー自体期待以上ではありませんが、アカペラシーンなどは素晴らしいと思いましたいし、ミュージカル映画としても素晴らしいの一言に限りますね^^

 

ピッチ・パーフェクトの評価は?

最後に、今作「ピッチ・パーフェクト」に評価をすると4.0/5.0です。

「洋楽好き」「ミュージカル映画好き」は必見ですね!ただし、先ほども言ったように「差別」「下ネタ」が苦手な人は注意が必要な作品だとは思います。

個人的には一刻も早く続編を視聴したいところです^^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ