『Netflixオリジナル』ポーラ 狙われた暗殺者/超絶スタイリッシュアクション

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ポーラ 狙われた暗殺者」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ポーラ 狙われた暗殺者の予告編

 

ポーラ 狙われた暗殺者の作品概要

制作年:2019年

制作国:アメリカ/ドイツ

上映時間:118分

配信サイト:Netflix…etc.

原題:Polar

監督:ヨナス・アカーランド

脚本:ヨナス・アカーランド

制作:

出演キャスト一覧

・マッツ・ミケルセン(ダンカン・ヴィズラ)

・ヴァネッサ・ハジェンズ(カミール)

・キャサリン・ウィニック(ヴィヴィアン)

・マット・ルーカス(ミスター・ブルート)

・ルビー・O・フィー(シンディ)

・アイーシャ・イッサ(ジャズミン)

・フェイ・レン(ヒルデ)

・アンソニー・グラント(ファクンド)

・リチャード・ドレイファス(ポーター)

・Josh Cruddas(アレクセイ)

・ロバート・メイレット

 

ポーラ 狙われた暗殺者のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「超絶スタイリッシュ」です。

映画「ポーラ 狙われた暗殺者」は2019年に制作された作品で、暗殺業を生業としてきた男が組織を引退後、金銭トラブルによって命を狙われる姿を描いた「アクション作品」です。

また、今作「ポーラ 狙われた暗殺者」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

ポーラ 狙われた暗殺者のざっくりあらすじ紹介

数多くの暗殺者たちが所属する組織「ダモクレス社」

そんな組織に所属する「ダンカン・ヴィズラ」は誰よりも腕がたち、裏社会では「ブラック・カイザー」と恐れられていた。

 

だがそんな「ダンカン」も殺し屋稼業を引退。「ダモクレス社」との雇用契約の中で「50歳が定年」との決まりがあった。引退した「ダンカン」はひっそりと普通の暮らしをする準備を進めていた。

 

そんな「ダンカン」のもとへと元同僚であり、現在も「ダモクレス社」に務める「ヴィヴィアン」から電話が入り、電話の内容は殺しの依頼だった。殺し屋稼業を引退した「ダンカン」は断るつもりだったが、結局引き受けるハメに。

 

殺しのターゲットのもとへと足を運んだ「ダンカン」は、これといった問題もなくすんなりと任務を遂行させる。しかし、問題はそこではなかった。なんと殺しのターゲットがいた部屋で自身の顔写真付きの書類を見つける。

 

実は「ダモクレス社」は大きな負債を抱えていた。そこで「ダモクレス社」は数日後「ダンカン」の口座へと振り込まれる予定の年金に目をつけていた。

 

「ダモクレス社」の雇用条件の中に「受取人が死んだ場合、年金の受け取りはダモクレス社となる」との契約があった。それゆえ「ダモクレス社」は「ダンカン」の命を狙っていた。

 

引退後に引き受けた任務にてそのことを知った「ダンカン」だったが、「ダンカン」の命を狙う連中は次々と姿を現わす。

 

ポーラ 狙われた暗殺者の感想

Netflixより引用

今作「ポーラ 狙われた暗殺者」ですが、動画配信サイト「Netflix」にて視聴した作品です。

 

2019年1月25日より配信がスタートされた今作ですが、前もっての情報はほとんど公開されておらず、つい油断していたところ、本日「Netflix」より直々に「あなたにおすすめ」と知らされましたw

 

パッと見た感じや公式のあらすじを見るかぎり、どうも「ジョン・ウィック」ぽい匂いのする作品ですが、個人的に「ジョン・ウィック」は好きな作品なので、急いで視聴しました^^

ジョン・ウィック/キアヌが繰り出すスーパーアクション

2017.08.02

ということで感想をこの後お話ししていきましょう♪

 

とにかくスタイリッシュ!

今作「ポーラ 狙われた暗殺者」は先ほどお話ししたように、「アクション映画」であり「ジョン・ウィック」ぽさも兼ね備えている作品なんですよね!

 

「ジョン・ウィック」といえば「キアヌ・リーブス」演じる「ジョン」の激しいアクションがウリの作品ですが、ぶっちゃけ今作はそれより上だと言っても過言でないと思います。

 

というのも凄腕の殺し屋「ダンカン」はとにかく強く、そしてスタイリッシュなんですよね!

 

ちなみにですが「ダンカン」を演じているのは「ドクター・ストレンジ」にて悪役「カエシリウス」を演じていた「マッツ・ミケルセン」です。男女問わずとても人気のある俳優で「彼が目当てで視聴した」という意見が多数見られました^^

ドクター・ストレンジ/天才外科医がスーパーヒーローに!?

2017.11.30

「マッツ・ミケルセン」主演の映画が公開されるのは久しぶりなようで、喜んでいる方も多数いらっしゃいました♪

 

少し話が逸れてしまいましたが、そんな人気のある俳優が凄腕の殺し屋として活躍する姿は、思わず手に汗握ってしまうシーンが多々ありの「ジョン・ウィック」にはなかった「過激なバイオレンス」「人と見るのは抵抗があるほどのエロ」

 

個人的には「ジョン・ウィック」の上位互換と言っても良い作品だと思います^^

 

切り替わる世界観

今作「ポーラ 狙われた暗殺者」を語る上で「アクションシーン」ともう1つ避けては通れないポイントがあります。それは今作での世界観ですね!

スポンサーリンク

 

主人公「ダンカン」は寡黙であり、クールな男性です。その反面、敵対することになる「ダモクレス社」の若手殺し屋たちはパリピ感が強いと言いますか、衣装やメイクなどが非常に個性的なんですよね♪

 

その中でも特に、「ルビー・O・フィー」演じる「シンディ」はいい感じですw

 

なんというか「スーサイド・スクワッド」に登場する「ハーレークイン」っぽいと言いますか…。とにかく個性的で見た目も可愛い♪という2度美味しいパターンです^^

スーサイド・スクワッド/最強の自殺部隊

2017.09.18

しかもかなり身体張ってましたねw

少々やりすぎ感は否めませんが、この世界観は嫌いではありません^^

 

グロはいいが、エロはちょっと…

先ほどもちらっとお話しましたが、「過激なバイオレンス」「人と見るのは抵抗があるほどのエロ」

ここではこれについてお話ししたいと思います。

 

まずは「過激なバイオレンス」ですね!これに関して個人的な意見をいうと「ちょうどいい」とワタシは思います。見ていて思わず痛さが伝わってくるような演出は好みです^^

血まみれになって戦う「マッツ・ミケルセン」が見れるのは、ファンにとって価値があるのではないかと思います。ただ、「バイオレンス」が苦手な方は注意してくださいね!苦手な人にとっては気分が悪くなってしまう可能性が高い作品です。

 

次に「人と見るのは抵抗があるほどのエロ」

 

これについてですが、ぶっちゃけやりすぎではないか?と思いますし、そこまでやる必要性が感じられないんですよね…。まあ個人的に「ルビー・O・フィー」の裸体を見られるので2度美味しいパターンではありますが、人と見ると気まずくなってしまう可能性が非常に高いですw

 

家族や友人と見るのはやはり抵抗があるでしょう!なので視聴するときは1人で見ることをオススメしておきます。

 

というように、「エロ」と「バイオレンス」

これらが苦手だという方はまず注意が必要な作品だと思います。

 

ポーラ 狙われた暗殺者の結末は?

映画.comより引用

今作「ポーラ 狙われた暗殺者」の結末ですが、年金目的で「ダンカン」の命を狙ってやってきた「ダモクレス社」の暗殺者たちを次々に返り討ちにしていく「ダンカン」でしたが、彼が引退後に出会った女性「カミール」が巻き込まれてしまい、「ダモクレス社」に誘拐されてしまいます。

 

誘拐された「カミール」を連れ戻そうと「ダモクレス社」のもとへと向かった「ダンカン」でしたが、情報を集めるためかつての友人に会ったところ、その友人にハメられてしまい、「ダモクレス社」に囚われてしまいます。

 

それから年金の引き渡しが実行される4日後まで、「ダモクレス社」の責任者「ミスター・ブルート」に拷問される日々。ただ耐えるだけの日々を過ごす「ダンカン」でしたが、彼はまだ「カミール」の救出を諦めていませんでした。

 

そして年金受取日。「ダンカン」にとって最後の日となる予定でしたが、一瞬の隙を見て、「ダモクレス社」の従業員たちを次々に倒していきます。1人、そしてまた1人と倒し、なんとか「ダモクレス社」から脱出。

 

そして後日、ついに責任者「ミスター・ブルート」のもとへとたどり着いた「ダンカン」は「ブルート」を始末し、「カミール」を連れて自宅へと戻りました。

 

薬のせいで意識を失っている「カミール」を看病する「ダンカン」でしたが、疲労から自身も眠ってしまい、次に目を冷ましたとき、「カミール」は「ダンカン」へと銃を向けていました。

 

実は「カミール」は、かつて「ダンカン」が殺した家族の唯一の生き残りだったのです。そのことを知りながら、「カミール」はずっと「ダンカン」の側にいました。このことに負い目を感じて生きてきた「ダンカン」は「引き金を引け」と「カミール」に促しましたが、「カミール」は銃弾を放ったものの「ダンカン」には当てませんでした。

 

「ダンカン」を殺さなかった「カミール」は「自分の親を殺すよう依頼した人物を探せるか?」と「ダンカン」に問い、2人はその人物を探しにいく…というような結末でした。

 

「ダンカン」が「ダモクレス社」に勝利するのはいうまでもありませんが、「カミール」と「ダンカン」の因縁には驚きましたね!

 

個人的には次回作も制作してほしいです!「ダンカン」に鍛えられた「カミール」が共闘しながら復讐する的な?のをぜひ期待しています^^

 

まとめ&評価

これで「ポーラ 狙われた暗殺者」のレビューは終了です。

シンプルな作品ではありますが、シンプルな上に迫力満点ですし、とにかくとことんやり切っている…そんな作品でしたね!まあエロに関してはやりすぎだと思いますが…w

 

ちなみに原作はコミックだそうで、今作の内容がコミックではどこまでの話なのかわかりかねますが、続編を作れるのであればワタシは期待しています^^

 

片目を失ってからまるでビッグボス(知っている人は知っているw)のような「マッツ・ミケルセン」の姿をもう1度見たいと思います。

 

ポーラ 狙われた暗殺者の評価は?

最後に、今作「ポーラ 狙われた暗殺者」に評価をすると4.5/5.0です。

満点をつけたいところではあるのですが、やはりエロがネックですねw

それ以外は申し分ありませんし、スタイリッシュでかっこいい「マッツ・ミケルセン」を存分に楽しんでください^^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ