ポルノスター/お前はいらん

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ポルノスター」です。

 

ポルノスターの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ポルノスター」は1998年に製作された作品で、お笑い芸人の「千原浩史」さん主演で製作された「ストリートムービー」です。

 

製作年:1998年

製作国:日本

監督:豊田 利晃

脚本:豊田

製作:利晃

出演キャスト:千原 浩史(荒野) , 鬼丸(上条) , 緒沢 凛(アリス) , 広田レオナ(5スター・プッシーキャット) , 鈴廉 寛(龍雄) , 渋川 清彦(銀次) , KENTA(マムシ) , 奥田 智彦(ボンド) , 上野 清隆(ユウスケ) , 杉本 哲太(松永) , 麿赤児(組長)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ポルノスターのあらすじ

東京の渋谷。デートクラブを経営している上條は上納金をヤクザに納めるだけの毎日にうんざりしていた。ある日、上條の前に荒野というひとりの青年が現れる。彼は街でぶつかって因縁をつけてくるヤクザを何の躊躇もなくナイフで刺した。上條は荒野に興味を持ち、デートクラブに連れて行って面倒を見るが、すぐに荒野はそこを出て行ってしまう。ぼんやり街を歩く荒野に上條ところのデート嬢・アリスが声をかける。アリスは、荒野と公園でスケボーをし、始終無口な荒野の心を少し開かせた。ふとしたことから大量のLSDを手に入れたアリスは、それを金に換えて、一緒にこの街を出ようと荒野に提案する。しかしLSDを換金しに行ったアリスを待っている間に、荒野の気は変わった。荒野はナイフばかりが入ったカバンを下げて、ヤクザ事務所に押し入り、その場にいた全員を血まつりにした。そして上條との対決が…。

映画.com:http://eiga.com/movie/39448/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「何これ?笑」です。

この作品「ポルノスター」は1998年に製作された作品で、お笑い芸人の「千原浩史」さん主演で製作された「ストリートムービー」です。

 

ポルノスター 感想 有名芸人が主演

今作の主演はみなさん誰もが知っている「千原浩史」こと「千原ジュニア」さんです。

スポンサーリンク

まさか「千原ジュニア」さんが映画に出たことがあったなんて、今日まで全く知りませんでした!

そして今作を見つけたと同時にネット上の評判をちらっと見た感じ、そんなに悪い評価ではない様子…。

軽く期待しながら今作を先ほど見終わりましたが、なかなかひどい作品でした^^;

というのも中身が全くない!!

登場するのは、

「半グレ集団」「謎のヤクザ狩り」「ヤクザ」

この3パターンです。

「千原ジュニア」さん演じる「荒野」は、「ヤクザ」名乗る人間には容赦なく刃物を振りかざします。

「ヤクザ」に対してよほど強い恨みがあるのかと思いきや、結局そこまで「ヤクザ」を狙う理由は説明されず…。

直接何かされたからやり返すといったわけでもないので、もはやただの異常者でしかありません^^;

最終的には仲間も殺し、「お前はこっちの世界にいらん」とか訳のわからんことを言っているのには何がなんだか。笑

全体的に「演技」も「演出」も雑なように私は感じました^^;

演出に関しては

「華奢な女性のパンチ1発でやられる半グレ集団メンバー」

「ナイフで数十回刺されてもまだ立っているヤクザの組長」

気合いでどうこうといった概念を飛び越えている演出が、今作では見られました。

 

私の個人的解釈として、この作品が製作された1998年だからこそ世間にウケた作品ではあったのかな?と思う部分がありました。

一時期、「カラーギャング」などといった「ヤクザ」ではない「半グレ集団」のような方々が日本中で出没していた時期があったそうですね!

そういった人たちに憧れを描いた若者たちにはウケる作品だったのかな?という印象を受けました^ ^

「チンピラ」「ヤクザ」「ドラッグ」などなど…

これらが今作には登場するので、中身云々より、その部分が一部の人にはウケ、ネット上での評判もそこまで悪くないのかもしれませんね♪

 

そんな今作には特にこれといってこれ以上お話しすることがないのですが、あえて言うのであれば「千原ジュニア」さんめちゃくちゃ若いです!!笑

私の中での「千原ジュニア」さんではない「千原ジュニア」さんがそこにはいました^ ^

 

まとめ

これで「ポルノスター」のレビューは終了です。

少し期待していただけに、個人的には非常に残念な作品でした^^;

製作された時期もかなり前なので、現代っ子の私にとって理解しがたい価値観なのかもしれませんが、個人的には全くおすすめできない作品です^^;

この作品に評価をすると1.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ