ポッターズビルの奇跡/1人の男が起こした奇跡

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ポッターズビルの奇跡」です。

スポンサーリンク

*予告編はこちら

 

この作品「ポッターズビルの奇跡」は2017年に製作された作品で、「マイケル・シャノン」演じる「寂れた町にある商店の店主」が、町を復興させるために行った出来事が世間を大賑わいさせる姿を描いた「コメディ作品」です。

 

製作年:2017年

製作国:アメリカ

上映時間:84分

原題:Pottersville

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

監督:セス・ヘンリクソン

脚本:ダニエル・メイヤー

製作:?

出演キャスト:マイケル・シャノン , ジュディ・グリア , トーマス・レノン , ロン・パールマン , クリスティナ・ヘンドリックス

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

*あらすじ

やけ酒で酔っ払った男がゴリラの着ぐるみを着て街をうろつく。ビッグフット出没のうわさがちょっとしたブームを巻き起こし、寂れた町はにわかに活気づくが…。

Netflix(ネットフリックス):https://www.netflix.com/jp/title/80217545

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「普通」です。

この作品「ポッターズビルの奇跡」はこの記事の初めでもお話ししたように、2017年に製作された作品で、「マイケル・シャノン」演じる「寂れた町にある商店の店主」が、町を復興させるために行った出来事が世間を大賑わいさせる姿を描いた「コメディ作品」です。

 

まあ詳しいことをお話しする前に簡単に今作「ポッターズビルの奇跡」の内容について説明すると、

寂れた町で商店を営む男性 「メイナード」

この日は妻を喜ばせようと、いつもより早く家に帰宅。

家に帰った「メイナード」が見たものは、

「ウサギの着ぐるみを着た妻」「オオカミの着ぐるみを着た友人」がじゃれ合っていると姿でした…。

それを見た「メイナード」は自宅を飛び出し、店に戻ります。

店にはまだ従業員の女性が残っており、酔っ払いながら一連の流れの話を聞いてもらう「メイナード」

従業員が帰った後も、店の中で1人やけ酒を飲んでいると、なぜか自分も「妻」「友人」のように仮装がしたくなり、店に置いてあったゴリラの着ぐるみを着てしまう。

 

翌日…。

昨夜は酔っていたせいでそのまま店内で寝てしまった「メイナード」

目を覚ますと、なぜか店内が人で溢れかえっていました。

そして全員揃ってテレビに集中しているのです。

「何を見ているのか?」と気になった「メイナード」がテレビを見ると、「町でビッグフットが出た」と大騒ぎに。

それを見た「メイナード」は、すぐさま「昨夜自分がやったことだ」と気づき、着ていた着ぐるみなどの証拠隠滅を図ろうとします。

着ぐるみなどを捨てに行く道中に、2人組の男性に声をかけられ、「ビッグフットグッズを作るから店で販売してほしい」とお願いされます。

そのお願いを聞き入れる「メイナード」

この一連の騒動で閃いた「メイナード」は、町を復興させるためにも「ビッグフット」として活動を継続します。

そのおかげもあって、町にはたくさんの観光客が訪れ、今までとは比べものにならないほど街全体が大賑わい。

そんな今話題のこの町に、あるテレビ番組の取材が…。

その番組は「ビッグフット」などの「モンスター」を見つけ出す…というような番組でした。

番組制作の人間と町民たちは協力して「ビッグフット」を探し始めるのですが、「メイナード」はバレずに町の復興を果たすことはできるのか?

みたいな感じの作品です^ ^

 

そんな今作「ポッタービルの奇跡」ですが、

ジャンルでいうところの「コメディ作品」です。

自称「笑いにもうるさい」私から見て、今作「ポッターズビルの奇跡」は、

正直…笑えないです…。

なんていうか、笑える要素はあるのでしょうけど、雰囲気が笑わしにきていない…みたいな感じなんですよね^^;

テンポが良くないのかな?

とにかく笑える要素は少ない…そんな風な作品に私は感じました^^;

 

そして次にこれが今作で1番気になったポイントなのですが、

私は「コメディ作品」を見るときは、必ず「吹き替え」で見るようにしています。

「字幕」で見るというのもアリだとは思いますが、どうしても「字幕」だと文章を目で追う形になり、「笑える間の取り方」「言い回し」などが伝わってきにくいと思っています。

そんな理由から今作もいつも通り「吹き替え」で見ましたが、「吹き替え」を担当している声優さんの声が独特すぎて、そこばかりが気になります。笑

誰か1人独特なのだとすれば、その人物だけ我慢すれば良いですが、今作に登場している人全員に声が独特…というか人物の「見た目」「声」があっていないです^^;

出演陣の年齢層は高めなのに対して、声は「少年」「少女」のような高めの声の方ばかりなので、これはかなり気になったポイントでした。

取り方によっては「そこでウケを狙っているのかな?」とも考えましたが、それはこじつけ過ぎだと思います。笑

後、そういったことからも、今作「ポッターズビルの奇跡」「字幕」で見ることをおすすめしておきます!!

「吹き替え」で見ても笑える要素はないに等しかったので、「字幕」で声を気にする事なく見るのが最適だと思いますよ^ ^

 

そして最後に今作「ポッターズビルの奇跡」の結末についてですが、

結局「ビッグフット」に仮装していた「メイナード」は捕獲されてしまい、公の場で正体がバラされてしまいます。

それによって「テレビ局」の人間から「騙しやがって、訴えてやる」という展開になってしまい、町の住民たちからも見捨てられてしまいます。

結果、「メイナード」はずっと今まで経営してきた店を閉める事に…。

ですが、そんな町民たちに対して、「メイナード」の店で働いていた従業員の女性は、今までの「メイナード」の行いを町民たちに話し、「今こそ私たちが『メイナード』を助けるときでは?」と説得し、町民たちで「メイナード」を助けます。

そして「メイナード」と従業員の女性は結ばれ、2人で潰れた工場を「ビッグフット博物館」に建て直し、これからも町に復興に尽くしましたとさ♪

みたいな結末です^ ^

正直言って「コメディ作品」としてはがっかりな作品でしたが、この「心温まる系」の結末はかなり良かったです♪

まさか、感動結末が待っているとは思ってもいませんでしたが、最後の最後で無駄にいい話を見せてもらえたラストでした。

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ポッターズビルの奇跡」のレビューは終了です。

良くもなく、悪くもない作品でした。笑

ただこの時期に「家族」「恋人」と見るには「もってこいの作品では?」と私は感じました。

人と人とに繋がりを感じれる、心温まる系の作品です♪

この作品「ポッターズビルの奇跡」をおすすめするとすれば、「サクッと見れる感動作品」を求めている方には良い作品だと思います。

逆におすすめしないのは「コメディ作品」だと思い、今作を手に取った方ですね!!

個人的には全く笑えず、評価するのは「感動」部分です^ ^

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

 

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA