ラヂオの時間/三谷幸喜初の映画監督作品

dTVより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ラヂオの時間」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ラヂオの時間の予告編

 

ラヂオの時間の作品概要

制作年:1997年

制作国:日本

上映時間:103分

配信サイト:Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

監督:三谷 幸喜

脚本:三谷 幸喜

原作:三谷 幸喜

制作:村上 光一 , 高井 英幸

出演キャスト一覧

・唐沢 寿明(工藤 学)

・鈴木 京香(鈴木 みやこ)

・西村 雅彦(牛島 龍彦)

・戸田 恵子(千本のっこ)

・細川 俊之(浜村 錠)

・井上 順(広瀬 光俊)

・小野 武彦(野田 勉)

・並樹 史朗(保坂 卓)

・モロ師岡(バッキー)

・布施 明(堀ノ内 修司)

・梶原 善(大田黒 春五郎)

・田口 浩正(辰巳 真)

・奥貫 薫(永井 スミ子)

・梅野 泰靖(古川 清十郎)

・近藤 芳正(鈴木 四郎)

・藤村 俊二(伊織 万作)

 

ラヂオの時間のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「皆若いねw」です。

映画「ラヂオの時間」は1997年に製作された作品で、ごく普通の主婦だった女性が書いた小説がラジオ番組にて生放送されることが決定するも、演者たちのわがままによってとんでもない事態へと進んでしまう姿を描いた「コメディ作品」です。

 

ラヂオの時間のざっくりあらすじ紹介

あるラジオ局「ラジオ弁天」は一般人が書いた小説の募集を行っていた。ごく普通の主婦だった「みやこ」は、自身が手がけた小説を「ラジオ弁天」に投稿すると、その小説が「ラジオ弁天」にて使用されることが決定する。

 

小説がラジオにて放送される当日。作者である「みやこ」は、ラジオ局に招待され、生放送に立ち会うことに。自身の小説が採用されたことを喜ぶ「みやこ」だったが、そんな喜びもつかの間…。「みやこ」が執筆した小説の設定は、熱海を舞台に、「パチンコ店で働く女性と漁師が恋に落ちる」というものだったが、演者のわがままによってどんどん内容が修正されてしまう。

 

パチンコ店で働く女性は凄腕の「弁護士」、漁師だった男性は「パイロット」と、そして極め付けには登場キャラの名前が気に入らないと全員が外国人へと設定が変わってしまった。「みやこ」が執筆した小説の原型は全くなくなってしまい、もはや誰の作品なのかわからない状態。

 

努力し作り上げた作品を演者の都合によって変えられてしまった「みやこ」は大変ショックを受けたが、最も重要な結末までも変えられてしまうことに。ついに我慢の限界を超えた「みやこ」は、ラジオを放送できないように抵抗するも、無駄な抵抗に終わってしまう。

 

悲しむ「みやこ」は関係なしにどんどんとストーリーは進んでいく。演者や制作側の都合によって原型がなくなってしまった「みやこ」の小説だったが、さすがに我慢できなくなった制作側の1人の人間が、結末は「みやこ」の望むカタチにしようと立ち上がった。

 

ラヂオの時間の感想

今作「ラヂオの時間」ですが、動画配信サイト「Amazonプライムビデオ」にて視聴した作品です。

今作はツイッターで仲良くしてくださっているフォロワーさんからオススメしていただいた作品なのですが、なんと1997年に製作と、ワタシがまだ4歳だったころの作品なんですねw

それゆえに出演しているキャストの方たちもとにかく若い!はじめは内容よりもキャストの若さが気になってしまったほどですw

 

ちなみに今作「ラヂオの時間」は、「THE_有頂天ホテル」や「ステキな金縛り」などでも知られる「三谷 幸喜」さんが初めて映画監督を務めたいわゆる処女作です。2019年にも「記憶にございません!」という作品が公開予定の「三谷幸喜」さんが監督を担当した今作「ラヂオの時間」

このあと、詳しい感想をお話ししていきましょう^^

 

時代を感じる1作

日々、時間さえ確保できれば映画を見漁っているワタクシ「ライ」ですが、1990年代の作品を見ることってなかなかないんですよね。。。オススメされれば視聴はするのですが、あえて古い作品を見るタイプではないので。そもそも邦画自体あまり見ず、洋画ばかり見漁りがちですw

スポンサーリンク

 

そんなワタシからみて、今作「ラヂオの時間」はある意味新鮮な作品なんですよね♪キャストが若いというのも注目でしたし、作品内で使用されている小道具も時代を感じるモノばかり。そしてなによりも、俳優が俳優をしてるんですよね!

 

いまの時代、新作映画が公開されたと思ったら、イケメン俳優が主演であったり、最悪の場合だとアイドルを起用しているケースなどがざらにあります。もちろん「イケメン俳優」や「アイドル」を起用しているのが悪いとは言いません。それでもストーリーが素晴らしい作品が多々ありますから。ですが、キャストで集客し、内容は微妙なんて作品がたくさんあるのも事実です。ぶっちゃけこういうのが多くて、邦画を見なくなったと言っても過言ではありません。

 

そういった感性を持ったワタシからすると、今作「ラヂオの時間」は実力派な俳優ばかりをキャストに迎えています。これは正直、嬉しかったですね。ぶっちゃけ演技に詳しいワケでなければ、このブログのタイトルにもあるように「自称映画マニア」です。それゆえの一般的な目線から見て、今作「ラヂオの時間」はストーリーで勝負しているとワタシは感じました^^

 

笑いと怒りの融合

今作「ラヂオの時間」ですが、視聴した方の多くが語っているように、「三谷幸喜節」が炸裂している作品のようですね。ワタシは「三谷幸喜」さんの作品をこれまで視聴したことがないためわからない部分もありますが、そんな中でも気になったのは「笑い」「怒り」という正反対の感情が作品内で多々見られたことです。

 

「笑い」についてはなんというか、良く言えば洋画では感じられない上品な笑いがところどころにあり、思わずクスッとなってしまうようなシーンが見られました。

 

そしてそれとは正反対の「怒り」

これがまた本気でイラついてしまうんですよねw

わがままな演者たちに振り回された挙句、まったく違う内容となってしまった「みやこ」の小説。一生懸命考えた作品はこんなことにされてしまっている「みやこ」の姿を見ていると、怒り、ただただ怒りの感情が芽生えていました。

 

途中、

ライ
この映画嫌いやわ…。

とまで思ってしまったほどでしたw

 

ですが考えてみると、そこまで感情移入して作品を視聴できている…ということなので、これは見事にやられたと思いますw

 

ラヂオの時間の結末は?

今作「ラヂオの時間」の結末ですが、散々、演者たちに振り回され、内容をまったく違うモノにされてしまった「みやこ」の小説。悲しみのあまり涙を流す「みやこ」でしたが、ディレクターの「工藤」はついに我慢できず、結末だけは「みやこ」が望むモノにしようと上司たちの命令に背きます。

パチンコ店で働く女性と漁師が恋に落ちるはずだったストーリーが、弁護士とパイロットが恋に落ちる話に変わり、結末はパイロットが行方不明になり、弁護士の女性のみが残されるに変わりかけていたのを、行方不明になったパイロットは無事に帰還し、弁護士の女性と再会に「工藤」は変更しました。

 

なんというか、意外な人物が最後のキーとなりましたねw

個人的には「みやこ」と「牛島」が作品のキーかと思っていたら、「工藤」がキーだったというワケです^^

 

まとめ&評価

これで「ラヂオの時間」のレビューは終了です。

フォロワーさんにオススメされなければ、存在さえ知らなかった今作「ラヂオの時間」ですが、オススメされてよかったです^^

久しぶりに邦画を見ましたが、古い作品でこれほどの作品を視聴できるとは思っていませんでしたからね!「三谷幸喜」という名が有名なのが納得できてしまう作品でした。

 

ラヂオの時間の評価は?

最後に、今作「ラヂオの時間」に評価をすると4.0/5.0です。

ワタシは知らない作品でしたが、映画好きならまず知っている作品なのだと思います。ただ、年代によっては知らない方も多いのではないかと思うので、まだ見たことのない方にはオススメする作品ですね!

公開から随分と月日が経っている作品ではありますが、いま見ても楽しめる作品だとワタシは思います^^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ