ゲットバッカーズ/人生を見直す機会

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ゲットバッカーズ」です。

 

ゲットバッカーズの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ゲットバッカーズ」は2014年に製作された作品で、豪華キャスト共演により製作された「クライムコメディ作品」です。

 

製作年:2014年

製作国:アメリカ

監督:ジョン・ハーツフェルド

脚本:ジョン・ハーツフェルド

製作:レベッカ・チェイニー , カシアン・エルウィズ , バディ・パトリック , ジョン・ハーツフェルド

出演キャスト:ダニー・アイエロ , トム・ベレンジャー , ローレン・コーハン , ケビン・コノリー , テリー・クルーズ , ケイリー・エルウィズ , ケルシー・グラマー , オマリー・ハードウィック , エリザベス・ヘンストリッジ , トーマス・ジェーン , ライアン・クワンテン , ネリー , デビット・オハラ , キーラ・セジウィック , トム・サイズモア , シルベスター・スタローン , ダニー・トレホ

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ゲットバッカーズのあらすじ

刑務所でテレビを見ていた女囚コレットは、元犯罪者のラッパーが、ある本を読んで人生が変わったと告白しているのを見る。一方、アリゾナ州ではマフィアのタンパとドミニクが金を持ち逃げした男を追っており、ドミニクも近頃その本に熱中していた。また、潜入捜査中の警官ウルフィーは犯人たちを射殺したことを後悔し、新人女優エバはベッドシーンの撮影で男優にレイプされたことを言い出せずにいた。そんな中、巷で話題の本について記事を書こうとしている若手記者ロジャーは、その本の著者を探し出そうと奔走する。

映画.com:http://eiga.com/movie/82454/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「可もなく不可もなく」です。

この作品「ゲットバッカーズ」は2014年に製作された作品で、豪華キャスト共演により製作された「クライムコメディ作品」です。

 

ゲットバッカーズ 感想 内容が薄い…

この作品ですが、いわゆる自己啓発に関した作品です。

「怖いものがある」「苦手なものがある」もしくは「人生に悩んでいる」

スポンサーリンク

 

この記事を見ているあなたやあなたの周りにもこういった悩みを抱えている方は山ほどいらっしゃるかと思います!!

今作に登場する人物たちも、

「仕事に満足していない」「タバコをやめたい」「人混みが怖い」などなど

それぞれ自分にとっては大きな悩みを抱えているのですが、それらの悩みを1冊の本を読んだことによって「解決」に向かって進んでいく…みたいな作品です。

 

今作に出演しているキャストは非常に豪華で、みなさんご存知「シルベスター・スタローン」や、個人的にテンションが上がったのは「ウォーキング・デッドシリーズ」に出演している「ローレン・コーハン」さんが出演しています^ ^

「ウォーキング・デッド」ファンなら、「ローレン・コーハン」さんの少し違った1面を見れるので、それだけで嬉しいかもしれません♪

私自身が今作を見ようと思ったきっかけは「シルベスター・スタローン」さんが出演しているということで見る気になったのですが、正直言ってあまり出てきません。笑

出演頻度はかなり低めです^^;

「アクション映画」にばかり出演している「シルベスター・スタローン」が、「クライムコメディ作品」に出演ということで、

「どんな演技をするのか?」「さすがに今回ばかりは暴力を封印やろ?」

なんてことを思っていたのですが、そもそも出演頻度が低すぎて、それどころじゃなかったです。笑

私と同じような感じで今作を見ようと思うのでしたら、注意が必要かと思います^^;

あと「シルベスター・スタローン」さんの吹き替え声優も、今作は私の知っている方ではありませんでした。

「エクスペンダブルズ」の時の声優さんのイメージが強いので、今回の声優さんは正直好きになれなかったです…。

 

「コメディ要素」がある点についてですが、まあちょいちょい「クスッ」となる程度の笑いはあるかと思います。

今作の笑いの取り方は個人的には好きな部類でした♪

 

ここまで色々と言ってきましたが、別に嫌いな作品ではありません。

1時間30分ほどの作品で、こちらが飽きにくいようにテンポよく製作されているかと思います。

ただし、内容が薄いのは否めない…。

そもそも「自己啓発」ということで響く人には響きますが、そうでない人にとってはただの綺麗事として響いてしまう^^;

この作品の感じでは、どちらかと言うと「綺麗事」に私は聞こえてしまいました。

豪華なキャスト陣が「綺麗事」を並べた、人生再生ストーリーを見せられている感じました。

 

まとめ

これで「ゲットバッカーズ」のレビューは終了です。

駄作ではありませんが、良作でもありません。笑

楽しめる作品だと思います。

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ