レディプレイヤー1/やはりスピルバーグは天才だった!?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「レディプレイヤーワン」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

レディプレイヤーワンの予告編

 

レディプレイヤーワンの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:140分

配信サイト:Amazonプライムビデオ , dTV…etc.

原題:Ready Player One

監督:スティーヴン・スピルバーグ

脚本:ザック・ペン , アーネスト・クライン

原作:アーネスト・クライン(ゲームウォーズ)

制作:スティーヴン・スピルバーグ , ドナルド・デ・ライン, ダン・ファラー , クリスティ・マコスコ・クリーガー

出演キャスト:タイ・シェリダン(パーシヴァル/ウェイド・オーウェン・ワッツ) , オリヴィア・クック(アルテミス/サマンサ・イヴリン・クック) , ベン・メンデルソン(ノーラン・ソレント) , リナ・ウェイス(ヘレン・ハリス/エイチ) , T・J・ミラー(アイロック) , サイモン・ベッグ(オグデン・モロー) , マーク・ライランス(ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー) , フィリップ・チャオ(ゾウ/ショウ) , 森崎ウィン(トシロウ/ダイトウ) , ハナー・ジョン=カーメン(フナーレ・ザンド) , ラルフ・アイネソン(リック) , スーザン・リンチ(アリス) , クレア・ヒギンズ , パーディタ・ウィークス , マイケル・ワイルドマン , シモーヌ・カービー , レティーシャ・ライト(レブ) , カエ・アレキサンダー , マッケンナ・グレイス

 

レディプレイヤーワンのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「スピルバーグは天才」です。

映画「レディプレイヤーワン」は2018年に制作された作品で、「アーネスト・クライン」氏の小説「ゲームウォーズ」を原作とし、バーチャル世界「オアシス」を舞台に、「オアシス」の制作者「ジェームズ・ハリデー」の遺言の元、遺産を奪い合う戦いが描かれた「SF・アクション作品」です。

 

レディプレイヤーワンのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「レディプレイヤーワン」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

2045年。

この時代に生きる一部の人たちにとって、この世界は荒廃し、生きる希望が見えない状況と言わざるを得なかった。

生きる希望の見えない人たちが行き場を求めてたどり着いたのが、バーチャル世界「オアシス」

「オアシス」は「ジェームズ・ハリデー」が作った仮想現実であり、現実逃避するにはうってつけの場所だった。

そんなバーチャル世界「オアシス」に毎日のように入り浸る青年「ウェイド」

両親を亡くした彼は、叔母の家に預けられ成長してきたが、彼にとって現実世界は居心地の良いものではなかった。

 

「ウェイド」が「オアシス」に熱中するのは現実逃避のためでもあったが、もう1つ大きな目的が存在した。

それは、「オアシス」の創始者である「ジェームズ・ハリデー」が亡くなり、亡き後に公表された彼の遺言に関係があった。

「ジェームズ・ハリデー」の遺言によると、

「オアシス内に隠した3つ鍵(イースターエッグ)を見つけた者には、オアシスの所有権と、5000億ドルを授ける」

というものだった。

 

貧しく居心地の悪いスラムで生活する「ウェイド」にとって、これ以上にないチャンスだった。

だが、この鍵を探しているのは彼だけではない。

世界中のオアシスプレイヤーが、血眼になって鍵を探し、その中には大企業「IOI」の社員たちも多数存在した。

そんな中、1つ目の鍵を手に入れることに成功した「ウェイド」

彼は「オアシス」内で一躍有名となった。

それからも日々、鍵を手に入れることに全力を注ぐ「ウェイド」だったが、彼が鍵を手に入れたこと知った「IOI」が黙って見ているはずがなかった。

仲間の「エイチ」や「アルテミス」と協力しながら、2つ目の鍵を探す「ウェイド」

果たして彼は、3つの鍵を手に入れ、「オアシス」と「5000億ドル」を手に入れることができるのか…?

 

レディプレイヤーワンの感想 スピルバーグは天才

そんな今作「レディプレイヤーワン」ですが、本日、PSNストアで視聴した作品です。

レンタル自体、この記事が公開される前日の「2018年8月22日」よりスタートしていますね!

ただ、個人的に気になるのが、いまレンタルビデオ店に行っても多分2泊3日のみでの貸し出しだと思います。

その状態がしばらく続くでしょう。

そのうち、1週間レンタルも可能になるとは思いますが、個人的な意見として2泊3日でレンタルするのって、返しに行くのが面倒だと感じるんですよね…。

もし、私と同じ考えで今作「レディプレイヤーワン」の視聴を先送りにしようかと考えている方がいらっしゃれば、PSNを使って視聴することをおすすめしておきます。

というのも、実はこの記事を執筆しているのが「2018年8月23日」なのですが、「2018年8月26日(日曜日)」までは、300円で視聴することができます。

本来は500円だそうですが、期間限定で300円で配信しているので、レンタルを返しにいく手間や時間を考えれば、300円はかなりお得だと思いませんか?

ただ、基本的にPS4を所持している前提であるのが残念ですが、視聴方法の候補の1つに入れてもられば良いかと思いますね^^

PS4がなくても視聴できるみたいですが、やり方はわからないのでもし興味のある方は調べてみてくださいね!

 

で、やっと本題に入れるのですが、ずっと待ってましたよ!今作「レディプレイヤーワン」を視聴できる日をw

スポンサーリンク

公開された時はCMがバンバン流され、「レディプレイヤーワン見た?」なんて会話も何度したことか…。

公開当時は時間がかみ合わず、結局見にいけなかったのですが、今作は映画館で見たかった。。。

いま、後悔の念に押しつぶされそうですw

今作「レディプレイヤーワン」は「アーネスト・クライン」原作の小説「ゲーム・ウォーズ」を基に制作されているとのことですが、私は原作を見ていません。

これも後悔しています。。。

なので、比較等はできませんので、ご了承くださいm(._.)m

 

今作「レディプレイヤーワン」の内容は先ほど話したとおり、バーチャル世界を題材とした作品となっているのですが、この世界観がまたリアルで、近々、私たちが生活するこの世界でも実現する可能性があり、それがまたいいんですよね!

そしてそんな「レディプレイヤーワン」に登場するのが、これまでの人生で見たことのある有名キャラクターたち♪

CMを見た方であれば、まず気になった部分ではないでしょうか?

全員紹介するとなると、別記事で紹介しないといけないほどに登場キャラが多いのですが、

「バットマン」「ストリートファイターのリュウとチュンリー」「キングコング」「メカゴジラ」「ガンダム」「ジェイソン」

もっともっとたくさんのキャラクターが登場していますし、主人公「ウェイド」が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の「デロリアン」に乗っていたり、とにかく他作品の小ネタなどで埋め尽くされている作品です。

個人的には絶対見ることができない対決「ガンダム」 VS「メカゴジラ」はテンション爆上げでしたw

著作権などの関係もある中で、これだけたくさんのキャラクターを共演させたというのは、ほんとすごいと思わざるをえないですね!

まあ、あの「スピルバーグ」の映画に出演できるなら、むしろ「出して欲しい」ぐらいだとは思いますがw

彼の人望が今作に全て詰まっていると私は思います^^

 

いま話したように、数々のキャラクターが登場し、数々の映画作品の要素を散りばめている今作ですが、それらをただ見せているだけではないように私は感じたのが、今作の一番良かったポイントだと思います♪

洋画を見て入れば、「このシーンはあの映画の…」なんてシーンに直面することもしばしばあるのですが、良くも悪くもそれだけなんですよね。。。

個人的にテンションは上がりますが、そこで終わってしまうのが一般的なパターンです。

そんな中、今作「レディプレイヤーワン」は「スピルバーグ」のリスペクトを感じる作品のように私は感じました。

あくまで憶測ですよ?

ただ、彼が自分の映画を売れさせるために利用したのではなく、「スピルバーグ」自身が愛し、それゆえに出演させた…そんな風に私は感じましたね^^

「映画というのもを愛し、他作品へのリスペクトを忘れない」

私はこの映画を見て、そんな風に感じました。

 

あとはあれですね、今の時代、バーチャル世界を題材とした作品はそれなりにあるのかもしれませんが、今作「レディプレイヤーワン」ほど、「リアル」と「バーチャル」を上手く混同させた作品は今までなかったと思いますね!

これまでも、これからも、今作を超えるであろうバーチャルを題材とした作品は出てこないと思います。

近い未来、今作での出来事が現実になり、「スピルバーグは何者?」となる日も遠くないかもしれませんw

とにかく彼は天才ですね!

これだけは間違いないです!!

 

原作ではいたはずのウルトラマンについて

今作「レディプレイヤーワン」には原作があると先ほど話しましたよね?

私は原作を見ていないという話も先ほどしましたが、原作を見た方にとって気になっている点が、

「ウルトラマンが出ていない…」

なんでも、原作では「ウルトラマン」「ゴジラ」「ガンダム」と、日本でも有名なキャラクターたちが登場していたそうです。

映画内でも「ゴジラ」と「ガンダム」は登場していますが、「ウルトラマン」に関しては姿が見当たりませんでした。

これについて少し説明説明すると、

映画とは関係のないところで訴訟が起き、それゆえにウルトラマンは出演不可だった。

というのが真相だそうです。

原作と違ったこの面に不満を持たれた方も非常に多かったようではありますが、たしかに私が原作を見ていればがっかりしていると思います。

また「マジンガーZ」の「ミネルバX」も、映画では出演していないようですね!

こちらに関してはそこまで不満が出ている様子はありませんが、「ウルトラマン」に関しては多数の方ががっかりしています。

ただ、理由は先ほど紹介したようなことがあったみたいなので、仕方がないですね。

 

まとめ&評価

これで「レディプレイヤーワン」のレビューは終了です。

めちゃくちゃ期待していた作品でしたが、その期待をさらに超えてきた作品ですね!

こればっかりは「スピルバーグ天才」としか表現のしようがありませんw

「見て欲しい」とおすすめするまでもなく、興味のある方は視聴するであろう作品だとは思いますが、それでも声を大にして言わせて頂きます!!

ライ
絶対に見てね!w

普通に視聴しても楽しめる作品だと思いますが、ゲームや映画が好きならより楽しめる作品でしょう!

懐かしの作品やキャラが登場したりもするので、若者だけではなく、インベーダー世代の方たちも楽しめる作品だと思います^^

 

レディプレイヤーワンの評価は?

最後に、今作「レディプレイヤーワン」に評価をすると5.0/5.0です。

このブログ内では久しぶりの満点ですね!

これだけ楽しませてもらったからには、満点をつけざるを得ないですw

とりあえず、私は原作を探す旅に出てきますねw

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ