レッド・ドラゴン/こうして神へと近づく

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「レッド・ドラゴン」です。

 

*予告編はこちら

 

この作品「レッド・ドラゴン」2002年に製作された作品で、「トマス・ハリス」氏原作の小説であり、大人気「レクター博士シリーズ 第3弾」となる「サイコ・サスペンス作品」です。

また今作「レッド・ドラゴン」は、「レクター博士シリーズ」「羊たちの沈黙」よりも前の時系列になる作品です。

 

製作年:2002年

製作国:アメリカ

監督:ブレッド・ラトナー

原作:トマス・ハリス

脚本:テッド・タリー

製作:ディノ・デ・ラウレンティス , マーサ・デ・ラウレンティス

出演キャスト:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レスター博士) , エドワード・ノートン(ウィル・グレアム) , レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド) , エミリー・ワトソン(リーバ・ワトソン) , フィリップ・シーモア・ホフマン(フレディ・ラウンズ) , メアリー=ルイーズ・パーカー(モリー・グレアム) , ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード) , アンソニー・ヒールド(チルトン博士) , フランキー・フェイソン(バーニー) , タイラー・パトリック・ジョーンズ(ジョシュ・グレアム) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

FBI捜査官グレアムはレクターを逮捕した後、引退していたが、一家全員を惨殺し、眼球に鏡の破片を突き刺す猟奇殺人事件が発生、元上司に捜査への協力を求められて、獄中のレクターに会いに行く。

映画.com:http://eiga.com/movie/1611/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「微妙…」です。

この作品「レッド・ドラゴン」はこの記事の初めでもお話ししたように、「トマス・ハリス」氏の原作の小説であり、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」に続く、大人気「レクター博士シリーズ 第3作目」「サイコ・スリラー作品」です。

そんな今作「レッド・ドラゴン」は、作品としては3作目とのことですが、時系列で言うと「羊たちの沈黙」の前の話になります。

ということで、今作には「羊たちの沈黙」「ハンニバル」で出演していた「クラリス」の出演はなく、今回「レクター博士」に協力を依頼するFBI捜査官も新キャラということになります^ ^

ちょいちょい見覚えのある人物も出演していますが、今作を見るにあたっては別作品という認識で見ていただいた方が良いかと思います。

 

今作「レッド・ドラゴン」の内容について軽く触れると、

FBI捜査官の「ウィル」はまだ逮捕される前の「レクター博士」と知り合いで、よく捜査の協力を依頼していました。

ところがあるとき、いつものように「レクター博士」に捜査協力を依頼するため「レクター博士」の自宅で話し合いをしていました。

「レクター博士」との会話の中で「ウィル」が事件の犯人に辿り着こうとしたとき、その事件の犯人は「レクター博士」だと気づいてしまいます。

自分が犯人だと気づかれた「レクター博士」「ウィル」にナイフを突き刺し、「ウィル」「レクター博士」に反撃し、二人とも瀕死の重症…。

勇敢な「ウィル」の行動のおかげで命を取り留めた「レクター博士」は逮捕、しかし精神的に参ってしまった「ウィル」もFBIを辞職すること。

それから月日が流れ、ある日FBI時代の上司である「ジャック・クロフォード」から連続殺人事件の協力を依頼される「ウィル」

初めは断っていた「ウィル」でしたが、自分が協力することで救える命があるのなら…ということで一時的にFBIへ協力を決める。

みたいな感じの作品です^ ^

 

これだけ見てもらうと「レクター博士は?」となるかと思うのですが、実はこの連続殺人事件を解明するために現在は収容されている「レクター博士」に協力を依頼するという流れで「レクター博士再来」です!!

この感じは「羊たちの沈黙」「クラリス」「レクター博士」の関係性に似ていますね^ ^

ですが、正直「羊たちの沈黙」の時のような引き込まれるような魅力はなく、飽きてしまっている私がいました^^;

まあ1日で「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」「レクター博士シリーズ」を見た私にも原因はあるのかもしれませんが、やはり3作目ともなると内容に新鮮味はありませんでした。

なので今作を見るにあたってはその部分は理解した上で見ていただいた方が良いかと思います。

 

次に前作「ハンニバル」でもあった個人的に気に入らないポイント…

それは演じる役者の変化です。

今作では「ジャック・クロフォード捜査官」「羊たちの沈黙」とは違うキャストの方が演じています^^;

「羊たちの沈黙」「クラリス」の上司として登場していたと思うのですが、今作でも「ウィル」の上司的な立場で出演しています。

ですが、またしても演じている人が違う…。

なぜそんな風にするのか?

しかも今作では別に「ジャック・クロフォード」ではなく、違う人物でよかったのではないでしょうか?

この辺の適当な感じがかなり気になったポイントでした^^;

 

そして最後に今作「レッド・ドラゴン」の結末についてですが、

今回は犯人を「逮捕」でもなく、「逃亡」されたというわけでもなく、自殺したかに思えた犯人が実は死んでおらず、「ウィル」の自宅に侵入

そのことに気づいた「犯人」「ウィル」は撃ち合いになり、結果として「犯人」は死んでしまった…みたいなラストでした。

今までの「レクター博士シリーズ」ラストと変化をつけたかったのかな?と思ったのですが、まあ特に言うことはなく「可もなく不可もなく」な結末でした。笑

スポンサーリンク

*まとめ

これで「レッド・ドラゴン」のレビューは終了です。

正直なところ、シリーズが進むにつれてつまらなくなってきているなとは思います^^;

ですが最初の「羊たちの沈黙」優秀すぎたので、ある意味ハンデを背負っている作品だと思います。

普通にある「サスペンス作品」と比べると、良い勝負もしくはそれよりかは良い作品だと思いますけどね^ ^

今作「レッド・ドラゴン」をおすすめするとすれば、「レクター博士シリーズ」を見てきている方、もしくは「レクター博士」のファンなら楽しめるかと思います。

今作から「レクター博士シリーズ」に入る方は、「知名度ほどではないな」と思う可能性が十分にあるため、そこは注意が必要です!!

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA