『Netflixオリジナル』リム・オブ・ザ・ワールド/少年たちが世界を救う!?エイリアンVS子供

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「リム・オブ・ザ・ワールド」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

リム・オブ・ザ・ワールドの予告編

 

リム・オブ・ザ・ワールドの作品概要

制作年:2019年

制作国:アメリカ

上映時間:98分

配信サイト:Netflix…etc.

原題:Rim of the World

監督:マックG

脚本:ザック・ステンツ

制作:

出演キャスト一覧

・ジャック・ゴア(アレックス)

・ミヤ・ケック(シンシン)

・ベンジャミン・フローレンス・Jr.(ダリウシュ)

・アレッシオ・スカルゾッド(ガブリエル)

・リン・コリンズ

・アナベス・ギッシュ

・マイケル・ビーチ

・ブーナン・パテル

・ディーン・ジャガー

・トニー・カバレロ

 

リム・オブ・ザ・ワールドのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「子供向けSF作品?」です。

映画「リム・オブ・ザ・ワールド」は2019年に製作された作品で、突如地球を襲った謎の生命体を倒すため、少年少女4人が地球を救おうと奮闘する姿が描かれた「SF・アドベンチャー作品」です。

また、今作「リム・オブ・ザ・ワールド」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

リム・オブ・ザ・ワールドのざっくりあらすじ紹介

臆病者で家にこもってパソコンばかりいじっている少年「アレックス」は、ある日、母に勧めでたくさんの子供たちが参加するキャンプへといくことになる。

 

キャンプが行われる場所「リム・オブ・ザ・ワールド」へと送り届けてもらった「アレックス」だったが、臆病者である「アレックス」はまったく楽しむことができず、キャンプに参加したことを後悔していた。

 

そんな「アレックス」に突然の悲劇が襲いかかる。

 

空で何かが爆発を繰り返し、突然の避難命令が下されるが、「アレックス」が避難命令を受けた時にはすでにキャンプの参加者たちは避難しており、「アレックス」は取り残された状態だった。

 

しかし、キャンプ場に取り残されたのは「アレックス」だけでなく、「ダリウス」「ガブリエル」「シンシン」の3人も取り残されてしまっていた。

 

助かるために行動を共にするようになった4人だったが、そんな4人の前に空から宇宙船の脱出ポッドのようなものが落下してくる。

 

そしてその中から1人の女性が現れた。

 

その女性は、この大惨事に関するなんらかの情報を持っているようだったが、自身の死期を悟り、騒ぎをおさめるために必要な情報が入ったUSBを「アレックス」たちに託す。

 

その瞬間、得体の知れない地球外生命体が現れ、「アレックス」たちはこの生命体に命を狙われることに。

 

謎の生命体から逃げつつ、USBを目的地まで届けようと進み続ける「アレックス」だったが、これまで臆病者だった「アレックス」は勇敢な少年へと成長しつつあった。

 

「自分たちが世界を救う」と意気込む「アレックス」たちだったが、果たして彼らはUSBを目的地へと届け、謎の生命体から地球を守ることができるのか?

 

リム・オブ・ザ・ワールドの感想

引用:https://www.imdb.com/title/tt8179388/mediaviewer/rm3862127616

 

そんな今作「リム・オブ・ザ・ワールド」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

 

このブログにてネトフリオリジナルを紹介するのは久しぶりなのですが、ちょいと愚痴りますと最近のオリジナル作品は評判があまりよろしくない上、ワタシの意欲をくすぐってくれるような作品が公開されず…だったんですよねw

 

そんな中で、今作「リム・オブ・ザ・ワールド」は視聴意欲をくすぐってくれた作品だったので視聴したというワケなのですが、個人的には良い作品だと思います^^

 

「雑すぎる」という意見や「いろいろと惜しい」なんて意見もちらほらとみられる作品ではありますが、そう言われている意味もたしかにわかりますw

 

ただまあ、それでも個人的には好きな要素もあったので、それらを踏まえてこのあと詳しい感想についてお話していければ良いかと思います♪

 

オマージュが盛りだくさん!?

今作「リム・オブ・ザ・ワールド」ですが、詳しい感想についてお話する前に1つ情報を紹介しますと、今作の監督である「マックG」さんをご存知でしょうか?

 

有名な作品だと「ターミネーター4」や「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」などの監督を務めており、そのほか以前にネトフリオリジナルとして公開された「ザ・ベビーシッター」の監督を務めていたりと、知る人は知っている監督です。

スポンサーリンク

『Netflixオリジナル』ザ・ベビーシッター/美人なベビーシッターの正体は?

2017.10.28

ただ、「マックG」が監督を務めている作品というの評判が分かれがちなようで、今作「リム・オブ・ザ・ワールド」のことも「マックGが監督なら仕方がない…」なんて意見も見られますw

 

個人的には「ターミネーター4」も嫌いじゃありませんし、「ザ・ベビーシッター」もネトフリオリジナルとして良作だと思いますし、そもそも映画としても良作だと思います(ベビーシッター役の「サマラ・ウィーヴィング」が美しいというのがオススメする1番の理由なんですけどねw)。

 

まあ、そんな一部の方には知名度のある「マックG」が監督を務めた今作「リム・オブ・ザ・ワールド」ですが、先ほども言ったようにワタシは好きな作品です^^

 

 

まず、

「子供たちが世界を救うために奮闘する」

この設定だけで、ワタシはワクワクしてしまうのですが、それにプラスで「地球外生命体」というSF要素。ワタシはエイリアンなどが好きなので、これも個人的には高評価とするポイントです!

 

ちなみにこのエイリアンの見た目が、意外にもクオリティが高く、大人向けのパニック映画に出てくるようなモンスターなんですよね。正直なところ、今作は「子供向け」と言っても過言でない気がする作品なのですが、こういったところを見ると「大人も楽しめるように手をかけているのかな?」とワタシは感じました^^

 

そのほかにも、他作品のタイトル名を作品で出したり、有名な俳優の名前も出てきたりと、オマージュ要素もふんだんに存在し、それらを用いた小ネタやコメディがあるも個人的にはよかったと思います。

 

そもそも、「グーニーズやスタンドバイミーをオマージュして製作されたような作品」なんて意見もあるので、今挙げた2作を楽しめたという方であれば「安心して楽しめる作品では?」と思いますね!

 

 

あと、これは直接ストーリーに関係はないのかもしれませんが、作品の中盤から異常にアディダスを推している演出があり、気がつくと主要人物4人全員がアディダスコーデになっていますw

 

こういった宣伝方法をする作品って最近増えているように思うのですが、個人的にこれは好きじゃないですね!しれっと出す程度であれば気にならないのですが、度を過ぎちゃうとあざとい風にワタシは感じてしまいます。

 

今作での不満はこの部分だけでしたw

 

リム・オブ・ザ・ワールドの結末は?

今作「リム・オブ・ザ・ワールド」の結末ですが、地球を救うために託されたUSBを大切に保管しながら、数々の困難を乗り越えていく「アレックス」たち。

 

そしてその中ではじめはただの臆病者だったにもかかわらず、勇敢な少年へと成長していく「アレックス」と、共に困難を乗り越えたがゆえに強い絆が育まれていく4人。

 

そんな4人はやっとの想いで目的地の研究所へとたどり着くも、USBを起動させることのできる博士はすでに亡くなっていました。

 

途方にくれる4人でしたが、研究所のモニターに1人の男性が映し出され、その男性の指示にてUSBを起動させる準備に取り掛かります。

 

そこに「アレックス」たちのことを追ってきていた地球外生命体の襲撃を逃れつつ、なんとかUSBを起動させることに成功し、4人は地球を救った救世主となる…といった結末でした。

 

まあ予想どおりの結末ですねw

 

ただ、ストーリーが進むにつれ、勇敢な少年へと成長していく「アレックス」の、序盤との変貌ぶりがすご過ぎて、これには思わず笑ってしまいましたw

 

パソコンばかりいじっていた「アレックス」の陽キャへの変貌は、ぜひご自身の目で確認してみてくださいw

 

まとめ&評価

引用:https://www.imdb.com/title/tt8179388/mediaviewer/rm3862127616

 

これで「リム・オブ・ザ・ワールド」のレビューは終了です。

 

特別良い作品だとは思いませんが、個人的には十分に楽しめた作品でした。

 

目的のために奮闘する子供たちの姿と、その過程で成長していく子供たちの姿は見ていてグッとくるものがありますね!それに、今作の主人公はあくまで「アレックス」ですが、他の3人「ダリウス」「ガブリエル」「シンシン」もしっかりと役目を持っているため、ただそこにいるだけ感がなく、全員が必要であるというのが今作の良い部分だとワタシは思います^^

 

ただの数合わせとして出演してしまったパターンが見ていて1番残念ですからね。。。

 

そういった部分も、ワタシが今作を楽しめた理由の1つではないかと思います^^

 

リム・オブ・ザ・ワールドの評価は?

最後に、今作「リム・オブ・ザ・ワールド」に評価をすると4.0/5.0です。

 

子供向けっぽい作品ではありますが、大人が見ても楽しめる作品だとワタシは思いますね!

 

家族で見るのが1番楽しめるかもしれません。ただ、多少下ネタもありますので、そこには注意してもらえれば良いかと思います。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ