ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ/国境を超えた戦いが再び 

(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

ども、ライです♪

今回は「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの予告編

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ/イタリア

上映時間:122分

配信サイト:dTV , U-NEXT…etc.

原題:Sicario:Day of the Soldado

監督:ステファノ・ソッリマ

脚本:テイラー・シェリダン

制作:ベイジル・イヴァニク , エドワード・L・マクドネル , モリー・スミス , サッド・ラッキンビル , トレント・ラッキンビル

出演キャスト一覧

・ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ・ギリック)

・ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)

・キャサリン・キーナー(シンシア・フォード)

・イザベラ・モナー(イザベラ・レイエス)

・ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング)

・マシュー・モディーン(ジェームズ・ライリー国防長官)

・シェー・ウィガム(アンディ・ホイールドン)

・ミゲル・ヘルナンデス(イライジャ・ロドリゲス)

・デヴィッド・カスタニェーダ(ヘクター)

・マヌエル・ガルシア=ルルフォ(ガヨ)

・クリストファー・ハイアーダール

・イアン・ボーエン

・レイチェル・デ・ラ・トーレ

・ジェイク・ピッキング

・デイビット・カスタニーダ

・アビゲール・マーロウ

・ブルーノ・ビチル

・クリス・アダムソン

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「前作の方が好み」です。

映画「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」は2018年に制作された作品で、メキシコの麻薬カルテルたちと激しい戦いをくり広げてきたCIAの男たちが、祖国アメリカを守るため麻薬カルテルたちと再び激しい戦いを繰り広げる姿が描かれた「アクション作品」です。

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイのざっくりあらすじ紹介

アメリカ国内で相次ぐ自爆テロ事件。

この事件の犯人はメキシコからの移民であり、何者かの手引きによってアメリカへと密入国した奴らによるテロ攻撃だった。

 

CIAに所属する「マット・グレイヴァー」は、これまでメキシコの麻薬カルテルたちと激しい戦闘を繰り返してきたが、アメリカにて相次ぐ自爆テロにも麻薬カルテルが関与している可能性を感じざるを得なかった。

 

そしてついに上層部の命令により、特殊部隊を編成し、メキシコへとカルテル殲滅のため向かう。

 

「マット」たちの考えた作戦は、あるカルテルのリーダーの娘を誘拐し、誘拐した人物を敵対するカルテルに仕向け、カルテル同士を戦わせるという作戦だった。

 

その作戦のとおり、カルテルのリーダーの娘「イザベラ」の誘拐に成功し、次なる目的の段階へと計画が移ったところで、思わぬトラブルが発生。

 

それがきっかけで、誘拐した「イザベラ」に逃げられてしまう。

 

「マット」と仲間の「アレハンドロ」は別行動することになり、「アレハンドロ」は1人メキシコへと残り、逃げた「イザベラ」の行方を追うことに。

 

「マット」たちはすぐさまアメリカへと戻り、次の段階へと進むために計画を練るも、ここでこの計画に中止命令が上層部より下ってしまう。

 

作戦をすぐに中止し、一連の騒動を目撃している「イザベラ」を始末する命じられた「マット」は、その命令を「アレハンドロ」にも伝えるが、「アレハンドロ」は命令に従うことを拒否する。

 

上層部の命令に背くわけにはいかない「マット」は、戦友である「アレハンドロ」を始末せざるを得ない状況になってしまう。

 

そんな中、「アレハンドロ」はというと、「イザベラ」をなんとか逃がそうとメキシコからの脱出を図るが、メキシコとアメリカの国境付近にて密入国を生業とするギャングに捕まってしまい、ピンチへと追い込まれてしまう。

 

私利私欲のために様々な勢力が関与し、戦いは泥沼的展開を迎えるハメに。

 

果たして最後に勝つのはどの勢力か…?

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの感想

(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

そんな今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」ですが、レンタルビデオ店「TUTAYA」にてレンタルし、視聴した作品です。

 

動画配信サイトだと「2019年8月14日」現在は「dTV」「U-NEXT」でも視聴が可能なようですので、それらのサイトに登録している方は1度調べてみてください^^

 

今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」は2016年に日本で公開された「ボーダーライン」の続編となる作品です。前作では主演を「エミリー・ブラント」が演じ、「エミリー・ブラント」演じるFBI捜査官「ケイト」と、今作にも登場している「ベニチオ・デル・トロ」演じる「アレハンドロ」と「ジョシュ・ブローリン」演じる「マット」が協力し「麻薬カルテルを壊滅させる」というのを目的に描かれていた作品でした。

 

ちなみに前作「ボーダーライン」の感想を述べた記事もありますので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてくださいね♪

ボーダーライン/正義だけが正義ではない

2018.02.12

 

そして今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」もまた、「エミリー・ブラント」演じる「ケイト」こそ登場はしませんが、前作にも登場した「アレハンドロ」と「マット」を主演とし、前作と同じく麻薬カルテルとの戦いが描かれている作品です。

スポンサーリンク

 

ただ、今作は前作よりも少し複雑で、ただ麻薬カルテルとの戦いが描かれている作品ではなく、別の勢力も登場する作品となっていました。

 

その辺も踏まえて、この後で感想をお話していければと思います^^

 

悪くはないけど。。。

今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」は先ほどもお話したように、「メキシコの麻薬カルテル」vs「アメリカの特殊部隊」を描いている作品です。

 

今作で描かれていることはあながちフィクションではなく、メキシコに麻薬カルテルは実在していますし、私たちの知らないところでカルテル殲滅のため日々戦っているアメリカの特殊部隊も存在するでしょう。

 

少し前も「メキシコ」からの移民をアメリカは「受け付けるか?」それとも「受け付けないか?」みたいなことをたしかニュースでやっていたような記憶があります。

 

「トランプ大統領」は「受け付けない派」だったような記憶がありますが、もし違っていたらすいませんm(_ _)m

 

まあでも移民を受け入れて、今作内でもあったように自爆テロなんかされたらたまったもんじゃないですもんね。

 

「移民を受け入れない」とだけ聞くと「トランプは冷たいやっちゃな〜。」なんて思ってしまいがちですが、深く掘り下げるとこういった理由もあるのでしょう。

 

映画の感想から少し外れてしまいましたが(笑)、そういったことなどが描かれている今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」

 

ぶっちゃけ、私は前作「ボーダーライン」の方が好みですw

 

このシリーズ2作目となる今作ですが、

「内容が深いようで浅い、そして前作のようにシンプルでない…」そんな風に私は感じました。

 

シリーズ作品として、「前作と同じものを製作しても仕方がない」

 

こういった意見ももちろんあるでしょう。というか、それが一般的な意見だと思いますし、私自身も基本的には変化を求めるタイプの視聴者です。

 

ですが「根本的に何が描きたいのか?」

これがイマイチはっきりとしていないと言いますか…。

 

「メキシコの麻薬カルテル」vs「アメリカの特殊部隊」

そして今作はそこに「密入国を生業とするギャング」

この第三勢力の必要性をワタシは感じなかったですね。

 

役割を持ってはいますけど、いなくてもよかったような気がしますし、どうせなら「麻薬カルテル」を複数登場させて、「カルテル同士の激しい戦いを描いてもよかったので?」と個人的には思います。

 

だからこそ、ワタシは前作「ボーダーライン」の方が好みです^^

 

「麻薬カルテル」vs「アメリカの特殊部隊」

 

前作はシンプルであり、麻薬カルテルの残虐さや危険性。そういったものが見ていてヒシヒシと伝わってきました。

 

個人的には今作にもそれを期待していたのですが、期待の方が大きかったようで、「求めていたのとは違う」なんて部分を否めないワタシがいましたw

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの結末は?

今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」の結末ですが、仲間であった「アレハンドロ」と「マット」は対立してしまい、「アレハンドロ」は「メキシコから脱出できる」という寸前のところで「密入国を生業」とするギャング達に捕まってしまいます。

 

ギャング達によって瀕死の怪我を負わされてしまった「アレハンドロ」はなんとかアメリカへと戻り、1度は上層部の命令に従い「アレハンドロ」と「イザベラ」の始末を遂行しようとした「マット」は、上層部の命令に背き「イザベラ」に承認プログラムを利用し、アメリカへと連れ帰ります。

 

それから1年の月日が流れ、「アレハンドロ」に瀕死の怪我を負わせたギャングのメンバーだった少年と対話する「アレハンドロ」の姿が映されます。

 

「マット」たちの手によってギャングは壊滅され、1人残った少年は「アレハンドロ」の部下となり、続編で登場する…というようなことを予想させる結末でした。

 

一応、シリーズ3作目となる次回作も製作の予定はあるみたいですが、これといった詳しい情報は今のところ見当たりませんでした。

 

もし、何か詳しい情報を知っている方や、ネット上で次回作について書いている記事などを発見した方がいらっしゃいましたら、コメントからお知らせ頂けると嬉しいです^^

 

まとめ&評価

(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

これで「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」のレビューは終了です。

 

期待していたよりは…な作品ではありましたが、決して駄作ではありません。

 

むしろ、「前作より今作の方がいい」なんて意見も多数見られたので、ワタシのような意見が少数派かもしれないですw

 

そこは実際に視聴して確かめてみてください^^

 

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの評価は?

最後に、今作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」に評価をすると3.5/5.0です。

 

シリーズ作品ではありますが、内容のつながりはほとんどないと思いますし、キャストがつながっているだけという認識で問題ないかと思われます。

 

気になっている方は今作のみチェックするというのもアリだと思いますよ^^

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ