スキップ・トレース/まだまだ現役 最強の香港スター

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「スキップ・トレース」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

スキップ・トレースの予告編

 

スキップ・トレースの作品概要

制作年:2015年

制作国:香港/アメリカ/中国

上映時間:107分

配信サイト:Netflix , Amazonプライムビデオ , U-NEXT… etc.

原題:Skiptrace

監督:レニー・ハーリン

脚本:ジェイ・ロンジーノ

制作:ジャッキー・チェン , チャールズ・コーカー , ダミアン・サッカーニ , ウー・ホンリャン , エスモンド・レン , デビッド・ガーソン

出演キャスト一覧

・ジャッキー・チェン(ベニー・チャン)

・ジョニー・ノックスビル(コナー・ワッツ)

・ファン・ビンビン(サマンサ)

・エリック・ツァン(ヤン)

・シー・シー(レスリー)

・ディラン・クォ(エズモンド)

・ヨン・ジョンフン(ハンサム・ウィリー)

・ジャン・ランシン(ティンティン)

・サラ・マリア・フォースバーグ(ナタリア)

・ミハイル・ゴアヴォイ(ディーマ)

・チャーリー・ローズ(セルゲイ)

・イブ・トーレス(ダーシャ)

・マイケル・ウォン(タン警部)

・ウィンストン・チャオ(ヴィクター・ウォン)

 

 

スキップ・トレースのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「あいかわらずのド派手なアクション」です。

映画「スキップ・トレース」は2015年に製作された作品で、警官として悪人逮捕に全力を注ぐ男性「ベニー」が、殉職したかつての相棒「ユン」の復讐を果たそうと香港の犯罪王「ヴィクター・ウォン」を追う姿を描いた「アクション作品」です。

 

スキップ・トレースのざっくりあらすじ紹介

仕事一筋の男性警官「ベニー」

 

根っからの警官である「ベニー」だったが、9年前に相棒の「ユン」が香港の犯罪王「ヴィクター・ウォン」に殺されて以来、以前に増して警官としての務めを果たそうと奮闘していた。

 

そしてこの度、ついに「ヴィクター・ウォン」逮捕に繋がるターゲットと確保目前。しかし、そのターゲットを捕まえることに失敗し、それどころか過度な捜査によって一般市民に甚大な被害をもたらしてしまう。以前から復讐に燃える「ベニー」を気にかけていた上司は、これをきっかけに停職処分に処されてしまう。

 

停職となってしまった「ベニー」だったが、「ユン」の復讐に燃えるのは彼だけではなく、「ユン」の娘である「サマンサ」も父親の復讐を果たそうと「ヴィクター・ウォン」に近くにて構成員として潜伏していた。

 

しかし、あることがきっかけで「サマンサ」も大きなトラブルに巻き込まれてしまう。「サマンサ」は「ヴィクター・ウォン」が取り仕切りカジノにて働いていたが、そこに遊びに来ていたアメリカ人「コナー」が、カジノで起きた殺しの一部を目撃したことにより、寸前に「コナー」と接触していた「サマンサ」にもあらぬ容疑がかけられ、組織から追われることに。

 

「ベニー」の元へと助けを求めにきた「サマンサ」は、「コナー」のことを「ベニー」に説明する。「サマンサ」を助けるため、「コナー」の逮捕へと向かう「ベニー」だったが、「コナー」が目撃した殺人の一部始終はとんでもない事態へと発展していく。

 

スキップ・トレースの感想

(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

今作「スキップ・トレース」ですが、動画配信サイト「Netflix」にて視聴した作品です。

 

現在、64歳という年齢にもかかわらず、未だなおアクションスターとして活躍する「ジャッキー・チェン」が出演する日本では2017年公開の作品なのですが、子供から大人まで多くの方に知られている「ジャッキー・チェン」氏。アクションスターの元祖と言っても過言でないとワタシは思うのですが、これまでにも数々の有名作品に出演してきています。

 

個人的に好きなのは「ベスト・キッド」と「ラッシュアワー」ですね!それ以外にも「ポリス・ストーリー/レジェンド」や「タキシード」なども好きです^^

 

子供から大人まで楽しめるようなアクション作品が多く、洋画であるようなピストルなどを用いたアクション作品ではありませんし、多少のコメディ感があるのもやはり「ジャッキー・チェン」が出演する作品の醍醐味でしょう。

 

とは言っても「ジャッキー」が出演する作品を視聴するのは、かなり久しぶりなワタシですが、まあこの後、「久しぶりのジャッキーがどうだったのか?」

感想を述べていきたいと思います^^

 

安定のドタバタアクション

先ほどもチラッと言いましたが、「アクションスターの元祖」だと言っても過言でない「ジャッキー・チェン」氏が出演する今作「スキップ・トレース」

スポンサーリンク

まあシリーズ恒例である「ドタバタアクション」

これは今作でも健在しておりました。「ジャッキー・チェン」と言えば、身体を使ったアクションがイメージに強くあります。そして体だけではなく、地形やその場にあるモノを使ってのアクション。これらもやはり「ジャッキーシリーズ」の醍醐味でしょう。

 

そういった恒例のことがきっちりと抑えられているのは、やはり良かったと思いますし、これでこそ「ジャッキー・チェン」だとワタシは感じました^^

 

また、ドタバタアクションだけでなく、序盤に少しだけあったひっそりと敵の陣地に忍び込み、バレないように敵をノックアウトするシーン。実はワタシ、現在「ヒットマン」というゲームをプレイしている(PSストアにて期間限定100円でDLできますよ♪)のですが、「ジャッキーぽくない」というのは言い過ぎかもしれませんが、個人的にはタイムリーなネタだったので、ついワクワクしましたね^^

 

アクションシーンは少なめかも?

先ほど、「安定のドタバタアクションがある」と紹介しましたが、確かに安定して存在しています。ただ、これまでの作品と比べると、今作「スキップ・トレース」ではアクションシーンが少なめのようにワタシは感じました。

 

これは「ジャッキー・チェンの年齢を考慮してなのか?」

それとも「単純に制作側に意図としてなのか?」

 

個人的には「前者かな?」という風に予想していますが、こればかりは考えてもわかりませんね。アクション作品として十分なアクションシーンはありますが、これまでのワタシの記憶と比べると「少なめかな?」という風に感じたのはたしかです。

 

作品内で使用されている楽曲について

これは実際に視聴した人にしかわからないお話なのですが、作品内のとあるシーンで「ジャッキー」がモンゴル人とパーティし、そこで歌を披露するシーンがありましたよね?洋楽を頻繁に聞くワタシは、なんとなく耳にしたことがある楽曲でしたが、誰のどの曲だったのか思い出せなくて…。

 

そこでもしワタシのように「聞いたことはあるけど、誰のどの曲だったっけ?」となっている方と、ワタシ自身のために調べてきましたw

 

その曲がこちらですね!

 

「Adele」さんの「rolling in the deep」です。

どの作品だったか忘れましたが、別の作品でも使われていたような気がしますね!もし探している方がいらっしゃればこの曲です。ちなみにワタシはサビではなく、Aメロ?にあたる部分が好きですね^^

 

スキップ・トレースの結末は?

(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

今作「スキップ・トレース」の結末ですが、殺された相棒「ユン」の娘「サマンサ」を助けるため「コナー」の逮捕へと向かった「ベニー」でしたが、「コナー」と「サマンサ」が狙われている真の理由を知った「ベニー」は、「コナー」と協力し、香港の犯罪王「ヴィクター・ウォン」の逮捕を決意します。

 

そしてついに「ヴィクター・ウォン」を追い詰めた「ベニー」でしたが、そこで彼が見たのは死んだはずの「ユン」でした。「ユン」は殺されたように見せかけ、実は死んでおらず、それだけはなく彼が「ヴィクター・ウォン」だったのです。

 

因縁に決着をつけようとした「ベニー」でしたが、それより「サマンサ」の命に危機が迫っていました。「サマンサ」は船の中に監禁されていたのですが、船の亀裂から水が浸水し、「サマンサ」は溺れる寸前だったのです。そのことを知った「ベニー」と「ユン」は急いで「サマンサ」の救出へと向かいます。

 

なんとか「サマンサ」の救出に成功した2人でしたが、ここで「ユン」は「サマンサ」を「ベニー」に託し、彼は自害すること選び、海の藻屑となります。

 

後日、「ベニー」は大きな事件を解決したことで表彰され、これまで仕事一筋だった彼が平和な日常に身を置く…といった結末でした^^

 

特にいうことはありません。普通のハッピーエンドですw

 

まとめ&評価

これで「スキップ・トレース」のレビューは終了です。

 

すべてがあいかわらずの作品ですね!もちろんいい意味でですよ♪いつまで「ジャッキー・チェン」は「アクション作品に出演できるのか?」なんて疑問はありながらも、生涯現役でいてほしいと思える俳優の1人ですね^^

 

いつか「コメディ作品」に出演しても良いのでは?とも思います。ハリウッドスターの「ロバート・デ・ニーロ」氏のように、業界に入った頃のイメージとは違った作品に出演する姿も見てみたいと思いますね!

 

スキップ・トレースの評価は?

最後に、今作「スキップ・トレース」に評価をすると3.5/5.0です。

 

ハリウッドとは少し違った本格的なアクション映画を探している時にはぴったりの作品ですね!今作にかぎらず、「ジャッキー・チェン」主演のアクション映画はアタリ作品が多いですし、今作もその1つでしょう^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ