サウスポー/娘のために這い上がった男

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「サウスポー」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

サウスポーの予告編

 

サウスポーの作品概要

制作年:2015年

制作国:アメリカ

上映時間:124分

配信サイト:Netflix , Amazonプライムビデオ , U-NEXT…etc.

原題:Southpaw

監督:アントワーン・フークア

脚本:カート・サッター

制作:トッド・ブラック , ジェイソン・ブルメンタル , スティーヴ・ティッシュ , ピーター・リッシュ , アラン・リッシュ , アントワーン・フークア

出演キャスト一覧

・ジェイク・ギレンホール(ビリー・“ザ・グレート”・ホープ)

・レイチェル・マクアダムス(モーリーン・ホープ)

・ウーナ・ローレンス(レイラ・ホープ)

・ヴィクター・オルティス(ラモーン)

・リタ・オラ(マリア・エスコバル)

・ナオミ・ハリス(アンジェラ・リヴェラ)

・スカイラン・ブルックス(ホッピー)

・フォレスト・ウィッテカー(ティック・ウィルズ)

・カーティス・“50セント”・ジャクソン(ジョーダン・メインズ)

・ボー・ナップ(ジョン・ジョン)

・クレア・フォーリー(アリス)

・ミゲル・ゴメス(ミゲル・“マジック”・エスコバル)

・タイリース・ギブソン

・ジョン・セナティエンボ

 

サウスポーのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「素晴らしいスポーツドラマ」です。

映画「サウスポー」は2015年に製作された作品で、かつて最強だったボクサーにある日突然訪れた不幸によって人生が180度変わってしまうも、愛する娘のため再び元の地位へと上り詰める姿を描いた「ヒューマンドラマ作品」です。

 

サウスポーのざっくりあらすじ紹介

負け知らずの世界ライトヘビー級王者「ビリー・“ザ・グレート”・ホープ」

彼の試合スタイルは防御をほとんどせず、真っ向から打ち合いするスタイルで、観客にも非常に人気があった。そんな彼だが、彼が全力でボクシングに取り組めるのは美しい妻「モーリーン」と愛娘「レイラ」が「ビリー」を支えていたからだった。愛する家族に囲まれ、仲間たちにも恵まれている「ビリー」は幸せな日々を過ごしていた。

 

だがある日、そんな幸せな「ビリー」に突然の不幸が襲いかかる。孤児院育ちだった「ビリー」は、とあるチャリティ・パーティに妻と参加し、スピーチを行い募金を求めた。しかしそのパーティには「ビリー」のライバルである「ミゲル」も参加しており、「ミゲル」は「ビリー」を挑発するような発言をする。

 

短気な「ビリー」はその挑発を受け流すことができず「ミゲル」と殴り合いのケンカに。大乱闘となってしまったパーティ会場で突然銃声が響く。何者かがこの大乱闘に興じて銃の引き金を引いてしまった。そしてその銃から放たれた弾は運悪く「ビリー」の妻「モーリーン」に当たってしまう。腹部に銃弾を受けた「モーリーン」は不幸なことにそのまま還らぬ人となってしまった。

 

これをきっかけに、「ビリー」の生活はこれまでと180度変わってしまう。ボクシングで財を築いてきた「ビリー」だったが、試合に出ても集中できず無敗の戦績に傷がつき、その上レフェリーにも暴力を振るってしまい1年間試合には出れない。住宅ローンやレフェリーへの慰謝料などが重なり「ビリー」はすべてを失ってしまう。そんな「ビリー」は愛する娘「レイラ」の「面倒を見ることできない」と判断され、物だけでなく愛する娘まで奪われてしまった。

 

途方に暮れる「ビリー」だったが、失った物を取り返すためある場所へと向かう。そこはかつて「ビリー」が唯一実力では負けた選手を鍛えたコーチ「ティック」が子供たちにボクシングを教える「ボクシングジム」だった。もちろん「ティック」が「ビリー」の最近の行いを知らないワケがない。だが「ビリー」は愛娘「レイラ」を取り返すため「ティック」にコーチを頼み込んだ。

 

はじめは嫌がるそぶりを見せる「ティック」だったが、次第に2人の間で絆が芽生え始める。これまでのようなスタイルでなく、愛娘を取り返すため「ビリー」はもう1度立ち上がった。

 

サウスポーの感想

今作「サウスポー」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

突然ですが、男たるもの『強さ』に憧れませんか?ワタシ自身、実は格闘技と呼ばれるスポーツが好きでして、年末などで特番として放送される番組をいつも楽しみにしています^^

 

この前の2018年の年末に行われた「神童」と呼ばれる「那須川天心」vs「メイウェザー」の試合も非常に楽しみました。放送後は色々と言われていますが、まあそれはさておき今作「サウスポー」は「ボクシング」を題材とした作品です。「ボクシング」を題材とした作品でまず頭に浮かぶのは「ロッキー」でしょうか?

 

シルヴェスター・スタローン」氏が主演で製作された名作中の名作ですが、最近テレビCMなどで「ロッキー」を継ぐ作品として「クリード 炎の宿敵」が宣伝されていますね♪そんなタイミングで別作品でありながら評価が非常に高い今作「サウスポー」を視聴。ということで早速感想を話していきましょう^^

スポンサーリンク

 

ボクシング好き必見!?

今作「サウスポー」ですが、さきほどもお話ししたように「ボクシング」を題材とした作品です。実はワタシ「ボクシング」を題材とした映画を見るのは今回が初めてでした。ですが「ボクシング」自体は好きでして、ぶっちゃけ「ボクシングが好き」というだけで見る価値は十分にあるように感じました。

 

序盤のノーガードで打ち合うスタイルも思わず手に汗握ってしまいますし、後半の「ティック」に鍛えられスタイルを変更したのち、ライバル「ミゲル」との対決。とにかく迫力がスゴいです!「ボクシング」に詳しい人からすればツッコミどころもあるようですが、そういったことを気にしなければまず楽しめるでしょう。

 

ジェイク・ギレンホールの絞り込み具合に注目!

今作「サウスポー」の主演俳優「ジェイク・ギレンホール」ですが、今作以外にもたくさんの作品に出演している俳優です。それゆえ今作を視聴した方の中には「ジェイク・ギレンホールが目当て」なんて意見もちらほらと見られましたが、たしかに良い俳優だと思います。彼が出演している他の作品(ゾディアック)も見たことはありますが、正直あまり印象に残っていません。ですが、今作での「ジェイク・ギレンホール」の『演技』そして『絞り込み具合』は称賛の意に値するとしか言い表せません。

ゾディアック/1960年代にアメリカで起きた事件を映画化

2018.12.15

 

本物のボクサーに退けをとらない肉体と、身体を張った試合シーン。これらは間違いなく注目ですね!

 

あと、俳優のことでもう1つ話すと、コーチ「ティック」を演じたのが「フォレスト・ウィッテカー」でしたが、この配役はずるいですよねw役にハマりすぎてて彼がコーチで良かったとワタシは思います^^

 

ボクシングだけではない?

今作「サウスポー」は「ボクシング」を題材とした作品だと話しましたが、実は「ボクシング」だけではないんですよね。あらすじを見ればわかるように「妻の死」

そのほか「ティックのジムに通う子供が母をかばって父に殺されてしまう」「母の死後の娘と父の関係性」などなど。

 

なんというか、人間の生き様のようなモノが強く描かれており、「不幸」「幸福」

まったく反対なこの2つを上手く組み合わせて描いているようにワタシは感じました。

 

そもそも「栄光」→「転落」→「努力」→「復活」と描かれている作品なので当たり前のことではあるのかもしれませんが、人の『温かみ』『残酷さ』強く描かれているようにワタシは感じました^^

 

サウスポーの結末は?

今作「サウスポー」の結末ですが、「栄光」からの「転落」を経験した「ビリー」でしたが、愛娘「レイラ」を取り返すために、「ティック」のもとでトレーニングに励みます。これまでのファイトスタイルとは変わり、愛する妻「モーリーン」が死んだ理由につながる因縁の相手「ミゲル」とのボクサーとしての復活もかかった最終決戦。

 

はじめは押され気味だった「ビリー」でしたが、徐々に「ビリー」のペースへと変わっていきましたが、最終ラウンドを間近に控えた「ビリー」を「ミゲル」は挑発。一瞬、怒りに身を任せそうになる「ビリー」でしたが、「ティック」の助言、そして愛娘「レイラ」のことを思い出し、再び「ビリー」らしい戦いで「ミゲル」を追い込みます。

 

そしてついに迎えた最終ラウンド。体力の限界がすぐそこまで迫っている「ビリー」と「ミゲル」は、ふらふらになりながらも打ち合います。そして一瞬の隙をついた「ビリー」は奥の手として隠していた左アッパーを見事「ミゲル」に命中。まともに当たった「ミゲル」はその場でダウンしますが、ここで試合終了のゴング。

 

結果はここまでの戦いを見ての判定となりましたが、なんと「ビリー」が判定勝ち。見事「ビリー」は過去の栄光を取り返しました。

 

結末はわかっていながらも、つい手に汗握ってしまう演出の数々。そしてそれに加えて愛娘「レイラ」が戦う父を見守る姿、最初はウマが合わない様子だった「ティック」が「ビリー」を全力で支えている姿。

 

これらすべてが上手く組み合わさり、思わず目頭が熱くなってしまう結末でしたね。1度はどん底を経験した男が失った物を取り戻すために奮闘する姿。感動しない人はまずいないでしょう。

 

まとめ&評価

これで「サウスポー」のレビューは終了です。

「なぜ今まで今作のことを知らなかったのか?」と、自分に問うてしまうほどの良作です。まあワタシが好きな「ボクシング」と「絆」が描かれている作品なので、嫌いになる理由の方が見つからないんですけどねw

 

「ストーリーが王道すぎて」という意見もちらほらとみられる作品ではありますが、だとしてもワタシは楽しめると思いますね^^

 

サウスポーの評価は?

最後に、今作「サウスポー」に評価をすると5.0/5.0です。

申し分のない満点ですね!ほんと良い作品だと思います^^

これを機会に「ジェイク・ギレンホール」が出演している他作品にももっと手を出したいと思います。

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ