『Netflixオリジナル』スペクトル/見えない敵の正体は?

 

スペクトル 感想(ネタバレあり!!)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

 

どうも、ライです^ ^

今回レビューする作品は「スペクトル」です。

スポンサーリンク

 

作品情報

スペクトルの予告編はこちら

 

この作品「スペクトル」は2016年に制作された作品で、「ジェームズ・バッジ・デール」演じる「マーク・クライン博士」「東欧 モルドバ」で発生した肉眼では見えない謎の敵と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

また今作は「スペクトル」「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

制作年:2016年

制作国:アメリカ

上映時間:108分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Spectral

監督:ニック・マシュー

脚本:イアン・フライド , ジョージ・ナルフィ , ジェイミー・モス , ジョン・ガディンズ

制作:ジョン・ジャシュニ , トーマス・タル

出演キャスト:エミリー・モーティマ , ブルース・グリーンウッド , マックス・マティーニ , ジェームズ・バッジ・デール , クレイン・クロフォード , コリー・ハードリクト , ライアン・ロビンズ , アースラ・パーカー , ゴンザロ・メネンデス

 

 

スペクトルのあらすじ

異次元の敵が襲来し、戦火に包まれたヨーロッパの街は壊滅状態。この危機に立ち向かうのは、ある技師と精鋭揃いの特殊作戦部隊。未知なる脅威との死闘が始まる。

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:http://www.netflix.com/jp/title/80098200

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「思っていたのと違う」です。

この作品「スペクトル」はこの記事の初めでもお話したように、2016年に制作された作品で、「ジェームズ・バッジ・デール」演じる「マーク・クライン博士」「東欧 モルドバ」で発生した肉眼では見えない謎の敵と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

また今作は「Netflixオリジナル作品」です。

 

スペクトル 内容

では早速、今作「スペクトル」の内容について説明すると、

 

「東欧 モルドバ」

仲間とはぐれ、応援を待つ男性「デイビス」

特殊なゴーグルを身につけ、辺りを探索する彼の周りには死体が溢れていた。

「デイビス」が立ち止まった行き止まりの部屋で超常現象に遭遇する。

それはゴーグルを外すと見えなくなり、つけるとまた見えた。

「デイビス」はその謎の現象に襲い掛かられ命を落としてしまう。

 

国防高等研究計画局に向かう男性「マーク・クライン博士」

彼は例のゴーグルを作った凄腕の科学者だった。

「モルドバ」で起きた超常現象を解明するため、「モルドバ」の空軍基地へと呼び出された。

基地に着くなり責任者の男性に「CIAの女性 フラン・マリソン」を紹介される。

3人は機密情報隔離施設へと向かい、死んだ「デイビス」のゴーグルに映っていた映像を見せられた。

この数週間、「モルドバ」では「デイビス」と同じように「外部は焼けただれ、内部は凍りついている」という謎の死に方をした人間が複数人いた。

この件について「マリソン」は、「敵が使う新しいクローキング技術だ」と判断したが、「マーク」はその見解に違和感を覚えていた。

確実な見解を出すためにもっとよく映った映像を求め、自ら次のデルタの任務に同行する事を決める。

 

翌日。

「マーク」と「マリソン」は任務の計画を聞かされ、ターゲットの救出へと向かった。

ターゲットの捕らわれている場所に到着すると、デルタメンバーは建物に突入し、「マーク」と「マリソン」は装甲車の中でメンバーがつけるゴーグルの映像をチェックしていた。

建物内には「銃撃を受けた死体」と「外傷のない死体」が転がっていた。

デルターメンバーのいる部屋の中央に転がるバスタブの下に何かの気配を感じ、ひっくり返すと中には仲間が隠れていた。

隠れていた仲間が言うには、「メンバーは全員死に、死体は全て上の階にある」と話した。

それと例の超常現象の話もしており、この建物にも例の超常現象が出現した事がわかる。

装甲車の中からゴーグルの映像を監視していた「マーク」たちは、デルタメンバーのゴーグルに超常現象が映っている事に気がつく。

超常現象に遭遇したメンバーたちは銃を撃つも効果はなく、次々とデルタメンバーは殺されていった。

装甲車に取り付けていた超高性能カメラを使って、超常現象の正体を撮影しようとする「マーク」

そして「マーク」が捉えた映像に映っていたのは、人の形をした何かだった。

多数のメンバー、そして大尉までも犠牲となった。

急いでその場から離れた「マーク」たちだったが、装甲車が地雷を踏み、装甲車は壊れてしまう。

装甲車を降りて、近くの廃工場へと移動した。

生き残ったメンバーと「マーク」たちは敵の正体について話し合うも、結局何もわからずだった。

果たして人の形をした奴らの正体は…?

 

みたいな作品でした^ ^

スポンサーリンク

 

スペクトル 感想 見た目だけは…

そんな今作「スペクトル」ですが、

目に見えない敵と戦うという全力の「SF作品」です^ ^

私はそもそも宇宙人系の「SF作品」はあまり好きではなく、避けている傾向にあるのですが、

今作「スペクトル」はなぜか気になり、視聴するに至りました。

ですが、率直な感想「私が思っていたのと違う…」

「たまには宇宙人とも触れ合おうかな♪」なんて事を考えて見始めたにも関わらず、敵は宇宙人ではありません^^;

完全に科学が作り出した物なんです。

序盤はそれがわからず、ワクワクしながら見ていたのですが、

「宇宙人ではない」

と分かったその瞬間から完全に消化試合です。笑

今作「スペクトル」での敵となる奴らの名前が「アラターレ」だと途中から発覚し、ゴーグルを通さなくても目視できるようになるのですが、

確かにCG技術は大した物だと思います^ ^

「アラターレ」の見た目はとにかく美しい♪

これは評価すべき点だと思いますし、2年前の「Netflixオリジナル作品」として上出来だと思います。

でもそこにそこまで期待していなかったのですよね…。

私が今作「スペクトル」に期待したものと、「スペクトル」が私に差し出したものがすれ違いすぎた…。

そんな作品だと思います^ ^

 

クローキング技術とは?

あと今作「スペクトル」についてお話しするとすれば、

「銃」や「戦車」などが登場する作品であり、後半に「マーク」が作る対「アラターレ」の銃はかなり近未来感があったりと、

「ミリオタ」には嬉しい作品ではないかと思います^ ^

その流れで一つ追加してお話しすると、

今作「スペクトル」で登場するワード

「クローキング技術」についてですが、これについて少しだけ説明しますね!!

この技術というのは、

「光の屈折を利用し、物体の存在を消す」技術の事を言います。

実際に2015年ごろに海外では実践投入に向けて実験されていたのだとか…。

まあ私は全然詳しくないので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね♪

 

スペクトル 結末

そんな今作「スペクトル」の結末についてですが、

 

人型の謎の敵の名は「アラターレ」だと発覚する。

「アラターレ」の弱点が「鉄」だと知った「マーク」たちは戦うための装備を整え始める。

そして持ってきていた超高性能カメラも改造し、肉眼でも「アラターレ」を視認できるようにした。

「アラターレ」と戦う準備を整えた「マーク」たちは、廃工場を脱出し救助隊が来る場所まで移動する。

「アラターレ」から逃げながら救助隊の元へと向かうと、味方の戦車が現れる。

しかし戦車など「アラターレ」には無力で破壊されてしまう。

しかし、追加で救助に来ていたヘリによって救い出された。

そのヘリに乗って基地に戻るのかと思いきや、基地も壊滅的状態にあるとの事から別の場所まで運ばれた。

命令された場所へと到着すると、そこは武装した民間人たちが「アラターレ」から逃げるために集団で生活しているシェルターだった。

全員でこれからどうするか考える中、「マーク」は「アラターレ」の正体に気がつく。

「アラターレ」は超常現象などではなく、人が科学を用いて作ったものだと考えた。

それなら弱点があるはずだと、自身が見て来た「アラターレ」の行動から考え出す。

弱点がわかった「マーク」は、持って来た武器を使い、対「アラターレ」の武器の製作に取り掛かる。

武器が完成し、「アラターレ」を倒すための作戦会議が行われた。

そしてついに「アラターレ」との決戦の時が来る。

「マーク」が製作した武器は「アラターレ」に効果があり、部隊は突撃を開始。

デルタメンバーたちが「アラターレ」を殲滅する中、「マーク」と「マリソン」は目的地へと向かう。

暴走した「アラターレ」を止めるために、「アラターレ」たちを制御している機械を破壊する。

「マーク」の活躍によって、「アラターレ」は全滅。

制御のしている機械が置いてあった施設の更に奥で、「アラターレ」の元となるものを見つけた「マーク」と「マリソン」

「アラターレ」は生きた人間の脳や細胞のみを取り出し、それらを使って作られたと知る。

「マーク」が知りたかった全てがここにあったが、それらを全て破壊した。

 

みたいな結末でした^ ^

 

「なんだかな〜」の一言につきます。笑

全体的な評価は悪くない作品なので、多分私には合わないだけだと思いますが、

正直言って「退屈な作品…」

私にとってはこれで片付いてしまう作品でした^^;

 

まとめ

これで「スペクトル」のレビューは終了です。

完全に期待ハズレな作品でした。

そもそも今作の内容で1時間50分なんて長すぎる…。

「尺を短くせい。笑」

これが制作側に伝えたい私の気持ちです。

端折れるところはあったと思いますし、1時間30分ぐらいならこれでも許せますが、

面白くないのに長いのは一番辛いです。笑

 

今作「スペクトル」をおすすめするとすれば、

今回は思い当たりませんね。笑

めちゃくちゃ酷い作品だとは思いませんが、

これでもかというぐらい私の肌には合わない作品でした^^;

「SFが好き!!」

という方は1度見ても良いかもしれませんね^ ^

面白くないと感じたら途中でやめましょう。笑

 

今作「スペクトル」に評価をすると2.0/5.0といったとこです。

また今作「スペクトル」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ