『Netflixオリジナル』好きだった君へのラブレター/YA小説原作 王道青春ラブコメ

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「好きだった君へのラブレター」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

好きだった君へのラブレターの予告編

 

好きだった君へのラブレターの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:99分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:To All Boys l’ve Loved Before

監督:スーザン・ジョンソン

脚本:ジェニー・ハン , ソフィア・アルバレス

出演キャスト:ラナ・コンドル , ノア・センティネオ , ジャネル・パリッシュ , アンナ・カスカート , アンドリュー・バチュラー , トレッツォ・マホロ , マデリン・アーサー , イズラエル・ブルサード , エミリヤ・バラナック , ジョン・コーベット

 

好きだった君へのラブレターのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「見慣れた青春ラブコメ」です。

映画「好きだった君へのラブレター」は2018年に制作された作品で、パッとしない女子高生が、これまでに想いを寄せたことのある男性たち宛に書き、渡すことなく隠していたラブレターが本人たちに渡ったことをきっかけに起きた恋愛事情を描いた「青春ラブコメディ作品」です。

また、今作「好きだった君へのラブレター」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

好きだった君へのラブレターのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「好きだった君へのラブレター」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

3人姉妹と父親の4人で生活する家族。

母を亡くしただでさえ寂しい空気に包まれるこの家族の長女である「マーゴット」は、大学進学のため遠く離れたスコットランドへと移ることになってしまう。

そして、この家に残されたのは高校生の「ララジーン」と、妹の「キティ」と父だった。

「ララジーン」はパッとしない高校生であり、学校でも目立たない存在。

これまで彼氏ができたことはなく、週末の楽しみは妹「キティ」とドラマを見ること。

 

そんな「ララジーン」だったが、恋をしたことはこれまでにもあった。

ただ、想いを寄せる相手に気持ちは伝えず、いつもラブレターを書き、それを渡さず大事に保管していた。

その中の1人「ジョシュ」は近所に住む青年であり、姉「マーゴット」の彼氏でもあった。

しかし、「マーゴット」はスコットランドへ向かう前に「ジョシュ」と別れていたが、まだ「マーゴット」が「ジョシュ」のことを想っていることを「ララジーン」は知っていた。

そんなこともあり、当時は想いを寄せていながらも、現在は友人としてしか「ジョシュ」のことを見ていなかった。

 

ある日。

これまで誰にも話さず、大事に保管していたラブレターが本人たちの手に渡ってしまう。

届いた相手の中には「ジョシュ」はもちろん、元親友であり、現在は「ララジーン」をからかってくる立場にある「ジェーン」の彼氏「ピーター」の手にも渡ってしまった。

偶然にもこの時、「ピーター」と「ジェーン」は別れていたが、わざわざ「ララジーン」の元へ告白を断りに訪れた。

なんのことだかわからない「ララジーン」だったが、「ピーター」の手に握られたラブレターを見て、すぐさま状況を理解する。

「ララジーン」と「ピーター」が話しているところに、「ジョシュ」も現れたが、「ララジーン」にとって一番気持ちを知られたくない相手は「ジョシュ」だった。

姉「マーゴット」のことがあるにもかかわらず、自分が「ジョシュ」に想いを寄せていたと知られてしまうと、「ララジーン」にとって都合が悪い。

この危機的状況を免れるため、「ララジーン」と「ピーター」が付き合っているという設定にしようと手を組むことにした。

そうすることによって、「ピーター」は自身を捨てた「ジェーン」への当て付けをすることができ、「ララジーン」は「ジョシュ」に突っ込まれる隙を作らないよう企んだ。

 

フェイクカップルとして行動を共にするようになった「ピーター」と「ララジーン」

しかし、その気持ちは次第にフェイクではなくなり始める。

 

好きだった君へのラブレターの感想 見慣れた青春ラブコメ

そんな今作「好きだった君へのラブレター」ですが、先日、「2018年8月17日」から、動画配信サイト「Netflix」で配信がスタートされた「Netflixオリジナル作品」です。

今回のネトフリオリジナルは青春ラブコメときましたか!

ラブストーリーは得意ではないため気が進みませんが、ラブコメということなので、早速視聴しましたw

 

ではでは肝心の感想ですが、正直なところ、あまり言うことがないんですよね。。。

珍しいのはアジア人女性が主人公で、アメリカの青年と恋をするアメリカ映画という部分ぐらいで、それ以外はまあ見慣れた光景というやつですw

ただ、決して悪い意味ではありません!

そこは勘違いしないでくださいね^^

完成しきった設定を、キャストを変えて製作した…みたいな作品なので、青春ラブコメが好きであれば、まず楽しめる作品だとは思います♪

スポンサーリンク

個人的に感じたのは、以前に「Netflixオリジナル」として公開された「ジョーイ・キング」主演の「キスから始まるものがたり」という作品があるのですが、どこかそれに似た作品ように感じました。

 

『Netflixオリジナル』キスから始まるものがたり/「エル」が取るのは友情か?それとも恋愛か?

2018.05.11

根本の設定は全く違いますが、どこか似ている部分があるんですよねw

もし、この記事を見ている方の中で、「キスから始まるものがたり」を視聴済みで、なおかつ楽しめた方であれば、まず楽しめる作品ではないかと思います^^

 

あとは、コメディと言っても下品なタイプのコメディではないので、下ネタが苦手な方も楽しめるタイプのコメディ作品だと思いますね!

個人的には、妹の「キティ」

あの子をイチオシしておきますw

今作「好きだった君へのラブレター」での彼女は、かなりいいキャラしていましたw

 

好きだった君へのラブレター 2018年8月18日 追記

実は今作「好きだった君へのラブレター」を語る上で、外してはならないであろう部分を、私「ライ」は外してまっておりました。

こういうところなんです、私の悪いところ…。

それはさておき、話してなかったことについてですが、実は今作「好きだった君へのラブレター」は原作がYA小説でした。

YA小説とは?
ティーンエイジャー向けのフィクション作品。

今作の脚本のところにも名前がある「ジェニー・ハン」さんが書いた小説が全部で3巻あり、そのうちの1巻を映像化したのが今作「好きだった君へのラブレター」です。

以上が外してはいけなかった部分についての追記でした。

余談ですが、先ほど名前を出した「ジョーイ・キング」主演の「キスから始まるものがたり」も「YA小説」が原作となっているようです。

 

好きだった君へのラブレター ちょいとした小ネタ

思いの外、感想で話すことがなかった+キャストも紹介できるほどの人物がいないため、今回も小ネタの紹介といきましょうw

興味のない方は次項目までスキップしてくださいねw

 

ここで話すのは、今作のキーワードでもある「ラブレター」

この記事を見てくださっている方の中には、「過去にラブレターを書いたことがある」もしくは「現在書こうか悩んでいる」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今の時代、SNSが発達し、衰退しつつある「ラブレター」という文化ですが、現在25歳の私「ライ」も、小学生だった頃に頂いたことがあります♪(過去の栄光w)

小学校の同級生に頂いたのですが内容が理解できず、いまでもたまに会うラブレターをくれた持ち主に対して「意味わからんラブレターくれたよなw」なんていじりが恒例行事となってますw

 

それはさておき、今回ここで話すのは、「ラブレターを渡した」もしくは「ラブレターをもらった」ことがある方の比率をデータ化したものがあるんですw

それをちょろっと紹介したいと思います^^

ちなみに2015年のデータと少し古いデータとなるのですが、ご了承くださいm(._.)m

 

ではまず、「ラブレターを書いたことがある」

一般女性 500人中 171人(34.2%)

・20代 17.4%

・30代 25.8%

・40代 41.8%

・50代 34.2%

・60代 33.3%

 

見ての通り、年代が上がるごとに、ラブレターを書いたことのある方が多い傾向にありますね!

やはり時代の変化で、当時はスマホもなければ、SNSも存在していませんでいた。

それゆえに、ラブレターという手段が用いられることが多かったのでしょうね♪

 

では逆に、「ラブレターをもらったことがある」

一般女性 500人中 205人(41.0%)

・20代 17.4%

・30代 30.0%

・40代 42.9%

・50代 51.3%

・60代 0%

 

個人的にはこちらのデータの方が面白い結果が出ていますね!

50代は2人に1人がもらっているという状況に対して、60代は0人という数字が上がっていますw

こんなに極端なことあるんですね!

若年層に関しては、やはりSNSなどの普及による影響を受けているのか、数値も低い傾向にありました。

 

「だからなんやねん!?」という話ではあるのですが、こんなデータがあるという紹介でしたw

お付き合い頂いた方、ありがとうございますm(._.)m

また、こちらのサイトを参照としており、さらに詳しく書かれているので、興味のある方はチェックしに行ってみてくださいね^^

参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000236.000001256.html

 

好きだった君へのラブレターの結末は?

今作「好きだった君へのラブレター」の結末ですが、まあこれもいうまでもない結末でしたねw

まあ想像の通りですw

実際に見ていただければ、予想のつく結末でしょう!

ただ、人は皆、自分が思っているより、周りは自分を気にかけているんだな…なんて風に感じさせられるところはありました^^

 

まとめ&評価

これで「好きだった君へのラブレター」のレビューは終了です。

先ほども言いましたが、見慣れた感じのラブコメ作品でしたね!

これも先ほど言いましたが、別に悪い意味ではありません。

安心して視聴できる作品だと思っていただければ良いかと思います^^

 

好きだった君へのラブレターの評価は?

最後に、今作「好きだった君へのラブレター」に評価をすると3.5/5.0です。

男性も女性も楽しめるラブコメですが、どちらかと言うと女性向けかな?という印象はありますね!

まだ視聴していないラブコメが好きな女性の方は、ぜひご視聴ください^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ