スーパーバッド 童貞ウォーズ/冴えないオタクとsoグッバイ

スーパーバッド 童貞ウォーズ/冴えないオタクとsoグッバイ
スポンサーリンク

スーパーバッド 童貞ウォーズ 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

「スーパーバッド 童貞ウォーズ」です^ ^

 

作品情報

スーパーバッド 童貞ウォーズの予告編はこちら

映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」は2007年に制作された作品で、冴えない男子高校生3人組が脱童貞を目指し奮闘するも、なかなか思うようにいかず、思いもよらぬトラブルに何度も巻き込まれる姿を描いた「青春コメディ作品」です。

 

制作年:2007年

制作国:アメリカ

上映時間:113分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス) , 

原題:Super Bad

監督:グレッグ・モットーラ

脚本:セス・ローゲン , エヴァン・ゴールドバーグ

制作:ジャド・アパドー , ショーナ・ロバートソン

出演キャスト:ジョナ・ヒル(セス) , マイケル・セラ(エバン) , クリストファー・ミンツ=ブラッセ(フォーゲル) , ビル・ヘイダー(スレイター) , セス・ローゲン(マイケルズ) , マーサ・マックアイサック(ベッカ) , エマ・ストーン(ジュールズ) , アヴィヴァ(ニコラ) , ケヴィン・コリガン , エリカ・ヴィッティナ・フィリップス , ジョー・ヌネズ , ステイシー・エドワーズ , デヴィッド・クラムホルツ , マルセラ・レンツ=ポープ , ローレン・ミラー , ジョー・ロー・トゥルリオ , ローラ・シーイ

 

スーパーバッド 童貞ウォーズのあらすじ

オタク高校生のセス、エバン、フォーゲルは、女の子に興味津々の童貞3人組。そんなある日、彼らは人生で初めて女の子からパーティに誘われるが、なりゆきで酒を持っていく約束をしてしまう。どうしてもパーティに参加したい3人は、フォーゲルが手に入れたニセIDで酒を買おうとするが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/34151/

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」について一言で言うと「う〜ん」です。

映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」は記事の初めでもお話ししたように、2007年に制作された作品で、冴えない男子高校生3人組が脱童貞を目指し奮闘するも、なかなか思うようにいかず、思いもよらぬトラブルに何度も巻き込まれる姿を描いた「青春コメディ作品」です。

 

スーパーバッド 童貞ウォーズ 内容

では初めに映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」の内容についてざっくりと説明すると、

高校卒業を間近に控えた男子高校生3人組。

彼らはいわゆるオタク系男子だった。

高校卒業を間近に控えた3人は脱童貞を目指し燃えていた。

そんな3人のうち1人が、意中だった女子生徒にパーティに誘われる。

そのパーティには3人全員の意中の女子生徒が参加するとの事で、良いところを見せたかった3人はパーティには欠かせない酒の準備は自分たちに任せてほしいと申し出た。

未成年の彼らがお酒を購入するためには偽の身分証を用意するしかなかった。

偶然にも3人のうち1人が知り合いに頼み、自分たちがお酒を購入するために偽の身分証を作成してもらっていた。

その身分証を持って酒を買いに行ったが、ここで思わぬトラブルが発生。

3人のうち1人は警官に連れていかれてしまい、残された2人は偽の身分証も持っておらず途方にくれるハメになってしまう。

しかし、パーティの時間は刻一刻と近づいていた。

果たして3人は酒を無事に手に入れて、意中の女子生徒が参加しているパーティに参加する事ができるのか?

 

みたいな作品です^ ^

 

スーパーバッド 童貞ウォーズ 感想 コレジャナイヨ〜。笑

そんな今作「スーパーウォーズ 童貞ウォーズ」ですが、

「40歳の童貞男」の監督も務めた「ジャド・アパトー」監督が制作を手がけた作品です👍

40歳の童貞男/40歳でロストバージン!?

「40歳の童貞男」はタイトルを見ればなんとなく察しがつくかと思いますが、

40歳で童貞の男性が脱童貞を目指して奮闘する…そんな感じの「コメディ作品」なのですが、

今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のタイトルにも「童貞」というワードが入っており、

まあ似た感じの「コメディ作品」です^ ^

2007年に公開された作品で、今更感は否めない作品ではあるのですが、

どうやらネット上の評判は良い模様…。

それに「ジョナ・ヒル」「マイケル・セラ」「クリストファー・ミンツ=ブラッセ」

今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で一躍有名となった言っても過言ではない3人の若かりし頃が映されている作品という事もあって、

まだ「スーパーバッド 童貞ウォーズ」を見た事がないため視聴してきましたが、

個人的にはコレジャナイ感💦

下ネタが多い作品だったのですが、下ネタ好きな私からしてもただの下ネタでしかありません(・・;)

全く笑えないというわけではないのですが、この程度だったら素人でも思いつくのでは?と思ってしまうレベル…。

そして登場人物が全員アホなのも、なんか微妙なんですよね。

若者3人はセッ○スしか頭になく、途中から登場する警官もアホなんです。。。

この警官たちは演技だったと後々発覚するのですが、この感じもなんか受け付けない💦

とにかく全てが私の求めるものと噛み合わない作品でした(;´д`)

こんなにも今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」に厳しい意見の私がいる傍で、

「この感じが好き」、「青春ドラマとして最高」といった意見が多い作品なんです。

それだったら少し前にこのブログ内でも紹介した「21オーバー 最初の二日酔い」の方がよっぽど良作だと思うんですけどね…。

21オーバー 最初の二日酔い/自分の人生、自分で決める!

まあ映画の感想は人それぞれですし、一概に否定はできませんが、正直驚きを隠せませんでした。

ちなみにそんな感じの今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」ですが、

1つお伝えしておきたい事があります♪

それはまだ若く、そこまで有名ではなかった「エマ・ストーン」さんが出演していたという点です👍

正直、今作のような作品に出演しているとは知らず、驚きすぎて映画を一時停止からの、キャスト一覧を見ました。笑

するとやはり「エマ・ストーン」さんの名前がキャスト一覧にあったので、

2度目のびっくり(・Д・)笑

相変わらず綺麗な方ではありましたが、あまりにも若いのでなんだか新鮮な気分になりました。

もし若かりし頃の「エマ・ストーン」さんを見たければ、今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」に見ても良いかと思います✨

 

スーパーバッド 童貞ウォーズ キャスト

次にお話しするのは今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」に出演しているキャストについてです。

まず1人目は「ジョナ・ヒル」氏です^ ^

映画. comより引用

1983年12月20日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス生まれ

「俳優」「脚本家」「コメディアン」として活動する「ジョナ・ヒル」氏ですが、

高校を卒業後、大学で演技を学び、「ブラック・アンド・ホワイト」というバーで自作の一人芝居を披露している姿を、友人の父である「ダスティン・ホフマン」氏に見られ、

オーディションを受けるように勧められた事をきっかけに、

実際にオーディションを受け、2004年に公開された「ハッカビーズ」で映画デビューを果たします。

経歴よりも友人の父が「ダスティン・ホフマン」という事の方が気になったのは私だけでしょうか?笑

その後も数々の有名映画作品

スポンサーリンク

「40歳の童貞男」「もしも昨日が選べたら」「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」

などなど、その他にも数々の作品に出演した経歴があります^ ^

ちなみに「スーパーバッド 童貞ウォーズ」の時と現在では別人のごとく見た目が違い一瞬誰かわかりません💦笑

本人的には「太った未熟な少年」というイメージを払拭したくてダイエットしたそうなのですが、

「個人的な意見として個性がなくなったな」

そんな風に感じましたね。笑

ちなみにこのブログ内で「ジョナ・ヒル」氏の出演している作品で紹介している作品は、

先ほどもリンクを記載しましたが、

「40歳の童貞男」ですね!

もし興味のある方はぜひ♪

40歳の童貞男/40歳でロストバージン!?

 

次に紹介するのは「クリストファー・ミンツ=ブラッセ」氏です^ ^

映画.comより引用

1989年6月20日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス生まれ

高校時代に演劇を学び、その時に今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のオーディションを受け、

見事に今作で「フォーゲル」役を勝ち取ったそうなのですが、

それを機に数々の映画作品にも出演し、

私の中でのイメージは「キック・アス」が一番強いですね👍

ただ私は「クリストファー・ミンツ=ブラッセ」氏があまり好きではないんですよね💦

特にこれといった理由があるわけではないのですが、

なんか生理的に受け付けないんです(・・;)

かなり理不尽な話ではあるのですが、まあどちらかというと嫌いな俳優さんです。笑

ちなみに「クリストファー・ミンツーブラッセ」氏が出演している作品で、このブログ内で公開している作品は、

「キック・アス」「ムービー43」ですね!!もし興味のある方はぜひ♪

キック・アス/オタクがスーパーヒーローに!?

ムービー43/酷評の嵐!?超問題コメディ

 

次に紹介するのは「エマ・ストーン」さんです^ ^

映画comより引用

1988年11月6日 アメリカ合衆国 アリゾナ州 スコッツデール生まれ

「女優」として活躍する「エマ・ストーン」さんですが、

出演している作品は数知れず。。。

2007年に公開された今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で映画デビューを果たし、

それを機に女優としての才能を開花させ、

「ゾンビランド」「アメイジング・スパイダーマン」「「ムービー43」「アメイジング・スパイダーマン2」「ラ・ラ・ランド」

などなどたくさんの作品に出演した経歴があります♪

ちなみに2018年に公開予定の「The Favourite」に出演しているようなので、ファンの方は要チェックですね!

このブログ内で紹介している「ゾンビランド」「ラ・ラ・ランド」「ムービー43」の感想記事を記載しておくので、興味のある方はぜひ♪

ゾンビランド/黄色いふわふわのトゥインキーはどこだー!?

LA LA LAND ラ・ラ・ランド/2人の恋の行方は…

ムービー43/酷評の嵐!?超問題コメディ

 

スーパーバッド 童貞ウォーズ 結末

そして最後に今作「スーパーバッド 童貞ウォーズ」の結末についてですが、

わたしの求めていた「コメディ」感のある結末ではなく、完全に青春ドラマな結末でしたね💦笑

友情や恋愛という青春とは切っては切れないものを見せられるハメとなり、

なんじゃこれ状態でした。笑

まあそもそも途中から消化試合だったので、期待はしていませんでしたが、

個人的にはがっかりな結末でした(・・;)

 

まとめ

これで「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のレビューは終了です。

初めから最後までコレジャナイ感…。

しかも2時間もある作品ですから、わたしのように合わない人にとっては苦痛でしかありません💦

興味があって見るべきか悩んでいるようでしたら、いくつか感想ブログを見て回ってからでもいいかもしれませんね!

あくまでこのブログでは私の意見だけですので、何人かの意見を参考にして見ると良いかと思います^ ^

個人的にはおすすめはしない作品です。

映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」に評価をすると2.0/5.0です。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク