SURVIVOR サバイバー/新たなる居住地を求めて

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「SURVIVOR サバイバー」です。

 

*SURVIVOR サバイバーの予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品「SURVIVOR サバイバー」は2014年公開の「SF・アクション作品」です。

製作年:2014年

製作国:アメリカ

監督:ジョン・ライド

脚本:ジョン・ライド

製作:ジヨン・ライド

出演キャスト:ダニエル・チャクラン(ケイト) , ケヴィン・ソーボ(ハンター) , ロッキー・マイヤーズ(ローガン) , メラニー・ストーン(ヘイリー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

SURVIVOR サバイバーのあらすじ

西暦2067年。人類最後の生き残りであるケイトらは、居住可能な惑星を求めて宇宙をさまよい続けていた。ある日、彼らが乗る宇宙船に隕石が衝突し、見知らぬ惑星に不時着する。奇跡的に生き延びるケイトだったが、突如として現われた大軍に仲間たちを殺されてしまう。そしてケイト自身も人肉食獣の餌食として捕らえられたところを、謎の男ローガンに救われる。ケイトはローガンと手を組み、人類滅亡を阻止するべく戦い続ける。

映画.com:http://eiga.com/movie/82644/

 

SURVIVOR サバイバーの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「よくこんな作品を作ったな」です。

言いたいことは何個かあるのですが、ほとんどが悪いことなので、まずは唯一褒めれる点があるとしたらこれだけなので、それについてお話しします。笑

それは時空の穴を抜けた見知らぬ土地についてからの話なのですが、この舞台となっている場所は見ていて景色も良く、自然の感じも本当に人の手が入っていないような感じなので、「SF作品」の舞台としては申し分ないと私は思いました^ ^

ちなみにこの撮影を行なった地は「ユタ峡谷」と言う場所らしく、「アメリカ」の「ユタ州」にあるそうです!

この作品を見て唯一興味が湧いたのはこれだけで、この場所は機会があればぜひ行って見たいと思いました^ ^

ではここからは良くないお話しなので、順番にお話ししていきたいと思います。笑

 

その1 未知の惑星に住む化け物の見た目について

スポンサーリンク

これは見た瞬間に正直、衝撃を受けました^^;

「SF作品」なのに、なぜモンスターはそんなにチープなの?まるで寂れた遊園地にあるお化け屋敷に飾られている怖い人形みたいではないか…と。笑

かなり昔に製作された「エイリアン」の方がよっぽどマシだと…。

わかりにくい表現かもしれませんが、「ドラゴンクエスト」というゲームに出てくる「デスタムーア」という敵キャラにそっくりだと私は思いました^^;

気になる方は調べて見てください。笑

その2 演出方法について

この作品は戦闘シーンなどではやたらとスローモーションを使用してきます。

正直なところ使いすぎてかっこよくないですし、むしろ「ほらほら〜かっこいいだろ?」というような制作側の声が露骨に聞こえてくる気がしてたまりませんでした^^;

何事もほどほどですよ…と。笑

製作陣にはぜひとも1つの意見として聞いてもらいたいものです。笑

その3 敵の耐久度について

これでラストです。あまり悪い意見ばかりを言うのも正直疲れます。笑

これはまあ気になる方は少ない部分なのかもしれませんが、この作品に登場する「未知なる惑星」には、先ほどお話しした「デスタムーア」と「野蛮な人類」が住み着いています。

この「野蛮な人類」に主人公「ケイト」は追われるシーンがあるのですが、隙をついて目のすぐ先にいる「人類」の顔に石を投げて気絶させます。

ただこの「人類」と言うのは固そうな素材の仮面をつけており、そこに女性が片手で投げれるぐらいの石をぶつけて気絶しますか?笑

そんな耐久度で「デスタムーア」と戦っていけるのか?と正直なりましたね。笑

まあこの件に関してはそこまで気にすることではないのかもしれませんが、個人的に気になったので、言わせていただきました。

 

まとめ

これで「SURVIVOR サバイバー」のレビューは終了です。

前知識を何も持たずに、面白そうだと思い今作を見はじめましたが、個人的にはヒドイ作品でした^^;

地上に降りるまでは割とワクワクしていて楽しみだっただけに、途中からのまるで「もぬけの殻のごとく」最後までなんとか見ました。笑

完全にハズレ作品だと思うのですが、どこか勿体無いと思わされ、色々と訂正していれば面白い作品になったのでないかな?とは正直思います^ ^

この作品に評価をすると1.0/5.0といったところです。

あえてレンタルしてまで見る作品ではありません。

お金の無駄でしょう。

「テレビで放送される」か「登録している動画アプリにある」などといった場合であれば見ても良いかもしれませんが、個人的にはおすすめしません。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ