スウィート・ヘル/ある町の悲劇…

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「スウィート・ヘル」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

スウィート・ヘルの予告編

 

スウィート・ヘルの作品概要

制作年:2017年

制作国:アメリカ/カナダ

上映時間:93分

配信サイト:

原題:Sweet Virginia

監督:ジェイミー・M・ダグ

脚本:ベンジャミン・チャイナ , ポール・チアン

制作:

出演キャスト:ジョン・バーンサル , クリストファー・アボット , イモージェン・ブーツ , ローズマリー・デウィット , ジャリッド・アブラハムソン , オデッサ・ヤング

 

スウィート・ヘルのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「万人向けではない?」です。

映画「スウィート・ヘル」は2017年に制作された作品で、アラスカにある静かな町を舞台に、突如おきた殺人事件をきっかけとして、全ての歯車が狂い始め、凄惨な事態へと進んでいく姿を描いた「スリラー作品」です。

 

スウィート・ヘルのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「スウィート・ヘル」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

アラスカにある静かな町のバーで、ある夜、凄惨な事件が起きた。

そのバーにいた3人の男性は、突如あらわれた見知らぬ男によって命を奪われてしまう。

その男は3人を殺し、店にあった金を盗んで逃亡したが、翌日、殺された3人の親族は悲しみに暮れ、町の人々はお悔やみは申し立てた。

 

この町でモーテルを営む男性「サム」

彼はこの町の出身ではなく、よそからやってきてこの町でひっそりと暮らしている。

この町での事件の被害者たちと親交のあった「サム」も、事件のことを悲しんでいた。

 

しかし、この事件には隠されていることがあった。

それは、事件は仕組まれたものであり、3人を殺した男は何者かによって雇われ、彼らの命を奪ったのだった。

 

この事件を仕組んだのは被害者3人のうち1人「ミッチェル」の妻「リラ」だった。

だが、彼女が殺しを頼んだのは自分の夫1人であり、ほかの2人は頼んでいない。

その上、高額な報酬を約束していたにもかかわらず、予定外の事態で報酬を用意できずにいた。

「リラ」が報酬を用意するまでこの町に滞在する殺し屋の男。

偶然にも彼が滞在先に選んだのは「サム」のモーテルだった。

 

もちろん「サム」はそのことには気づいておらず、それどころか「サム」にも隠している秘密があった。

こうして全ての歯車が狂いだし、悲惨な事態へと進み始める…。

 

スウィート・ヘルの感想 万人向けではない?

そんな今作「スウィート・ヘル」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルしてきた作品です✨

今作のレンタルが開始されたのは「2018年7月3日」なので、まだ新作扱いの作品ですね!

レンタルを考えている方は、知っておいてもらえると良いかと思います^^

 

実は今作「スウィート・ヘル」のことは、以前にレンタルした映画についていた予告で知っていました。

その時見た予告編で非常に興味をそそられ、「いつか見よう」と考えていたところ、本日、それを思い出しレンタルに至ったというわけです👍

今作「スウィート・ヘル」には、あの大人気海外ドラマ「ウォーキング・デッドシリーズ」に出演していた「ジョン・バーンサル」が出演しています^^

「ウォーキング・デッド」を見たことのある方なら「シェーン」役で通じますかね?

彼が主演というのも今作を視聴するに至った経緯の1つなのですが、ぶっちゃけ「ジョン・バーンサル」のことはあまり好きではないんですよねw

それなのに今作のことを気になってしまったがゆえの視聴ですが、率直な感想といて「万人向けではないかな?」という意見です。

 

というのも、予告編と作品内容では勢いが違うと言いますか、私としてはイメージが違ったんですよね💦

スポンサーリンク

まあ、「スリラー作品」にあたる今作に激しさは求めていませんでしたが、予想よりもずっと静かな雰囲気の中で話が進んで行きます。

ただ、それが悪いかと言われるとそうではありません!

序盤こそは不満を感じていた作品でした💦

まず「前置きが長すぎる」

ですが、私の思っていた「前置き」は「前置きではない」んです!

言いたいこと伝わりますかね?w

 

約1時間30分ほどの作品ですが、ラスト10分ぐらいまでずっと静かです。

予告を見ている限りではそんな感じはなかったにもかかわらず…。

でも、それでいいんですよ👍

ラスト10分まで、登場人物の心境や感情、これまでの生い立ちのことを考えさせられ、自然と登場人物たちに感情移入させられる。

もはや殺し屋の男にさえ感情移入している私がいました。

そういったことを、少し異色な雰囲気の中で感じていく作品。

そんな風に私は感じました^^

 

私的には、「雰囲気を楽しむ作品」と言っても過言ではない気がします。

ただ、先ほども言いましたが、予告で感じた今作のイメージと、実際の作品とでは違いが生じたと私は感じたので、「誰にでもおすすめできる作品か?」と言われると、素直に「うん」とは言えないのが現在の心境ですね!

 

スウィート・ヘルのキャストは?

今作「スウィート・ヘル」のキャストについてですが、先ほどもお話したように「ウォーキング・デッドシリーズ」の「ジョン・バーサル」が出演しています。

彼のことはもちろん紹介させていただきます✨

本当であれば殺し屋役の「クリストファー・アボット?」も良い演技をしていたので紹介したかったのですが、残念ながら現段階ではできそうにないですね💦

彼のことはまたの機会に紹介させていただきます^^

 

サム役 ジョン・バーンサル

ウィキペディアより引用

1976年9月20日 アメリカ合衆国 ワシントンD.C. 生まれ

今作「スウィート・ヘル」では「サム」を演じています。

記事内で何度も話していますが、彼といえば「ウォーキング・デッド」なイメージが私はあるんですよね✨

ですが、実は他にもたくさんの作品に出演しているんです👍

それは後ほど紹介するとして、初めて映画に出演したのは2001年で「Mary/Mary」という作品でした。

そのあと、数々の舞台やオフ・ブロードウェイへの出演を経て、2010年の3月に「ウォーキング・デッド」の「シェーン」役に抜擢されました^^

ここで一躍有名になったと言っても過言ではないのでは?と思いますね!

2016年と2017年には大人気マーベルドラマ「デアデビル」と「パニッシャー」にも出演しています。

 

そんな「ジョン・バーンサル」の代表作として上がっているのは、

「フューリー」「ザ・コンサルタント」「ウォーキンデッド」「marvel デアデビル」「marvel パニッシャー」ですね!

興味のある方は是非チェックしてください♪

 

スウィート・ヘルの結末は?

今作「スウィート・ヘル」の結末についてですが、これといって話すことはないですね!

予想通りの結末でしたし、これといってひねりのある結末でもないですw

あえていうのであれば、ここまで培ってきた自分なりの思いをぶちあけたくなってしまう…そんな結末だと思います👍

 

まとめ&評価

これで「スウィート・ヘル」のレビューは終了です。

期待以上な部分もあれば、期待以下な部分もある…そんな作品でした✨

万人向けとは思いませんが、ここまで見てくださって興味を持っていただけたのであれば視聴する価値はあるかもしれませんね!

 

スウィート・ヘルの評価?

最後に、今作「スウィート・ヘル」に評価をすると3.5/5.0です。

これまでにも予想していたのとは大きく違った作品に当たったことはありますが、そういった場合はまず低評価をつけていたと思います。

ですが、今作「スウィート・ヘル」に限っては、予想とは違いましたが、それでもこれはこれでありだと思わされる作品でしたね!

「外見ではなく、内面に力が入れられている」

そんな作品だと思います👍

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ