ソードフィッシュ/アメリカ映画の根底を覆した作品

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ソードフィッシュ」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ソードフィッシュの予告編

 

ソードフィッシュの作品概要

制作年:2001年

制作国:アメリカ

上映時間:99分

配信サイト:Amazonプライムビデオ…etc.

原題:SWORDFISH

監督:ドミニク・セナ

脚本:スキップ・ウッズ

制作:ジョナサン・D・クレイン , ジョエル・シルバー , ポール・ウィンズ

出演キャスト一覧

・ジョン・トラヴォルタ(ガブリエル・シアー)

・ヒュー・ジャックマン(スタンリー・ジョブソン)

・ハル・ベリー(ジンジャー・ノウルズ)

・ドン・チードル(J・T・ロバーツ)

・ヴィニー・ジョーンズ(マルコ)

・キャムリン・グライムズ(ホリー・ジョブソン)

・サム・シェパード(ジム・リーズマン上院議員)

・ルドルフ・マーチン(アクセル・トーバルズ)

・ザック・グルニエ(ビリー・ジョイ副長官)

・ドレア・ド・マッテオ(メリッサ)

・アンジェロ・ペーガン(トーレス)

・カーク・B・R・ウォラー(アクセルの弁護士)

 

ソードフィッシュのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「聞いていたとおり」です。

映画「ソードフィッシュ」は2001年に制作された作品で、天才ハッカー「スタンリー・ジョブソン」が離婚によって奪われた娘「ホリー」を取り戻すため、テロリストである「ガブリエル・シアー」と手を組んだ結果、とんでもない事態へと直面することになる姿を描いた「アクション作品」です。

 

ソードフィッシュのざっくりあらすじ紹介

とあるカフェで会話する3人の男。

そのうち1人の男は今の映画業界に不満を感じ、他の2人に熱く語っていた。

しばらくすると、その男は時間だと2人を連れ、カフェの向かいにある銀行へと向かう。

カフェの外には武装した特殊部隊、向かいの銀行内には身体に爆弾を巻きつけられた市民が人質として捉えられていた。

 

この日から4日前。

元天才ハッカーであり、1度逮捕されたことによって現在はPCに触れてはならない命令から、安い仕事をこなして日々の生活を送る男性「スタンリー・ジョブソン」の元に、1人の女性「ジンジャー・ノウルズ」が現れた。

その女性「ジンジャー」は、「手付金として10万ドル支払うので、ある人物に会って欲しい」と「スタンリー」に申し出る。

はじめは断ろうとしていた「スタンリー」だったが、「ジンジャー」は「スタンリー」の過去について知っていることがあった。

「スタンリー」には離婚した妻と、その間に1人の娘がいた。

彼が逮捕されたことによって離婚となり、娘とも会えない状況に陥ってしまっている現状に不満を感じていた「スタンリー」は、娘を取り返すための膨大な裁判費用を得るため、「ジンジャー」の誘いに乗ることを決意。

 

「スタンリー」が「ジンジャー」に連れられ会わされた男「ガブリエル・シアー」は、かつて「DEA(麻薬取締局)」が極秘に行っていた作戦「ソードフィッシュ計画」で残った裏金「95億ドル」を奪おうと企んでいた。

そのためには優秀なハッカーが必要であり、「スタンリー」はそのため「ガブリエル」に呼び出された。

高額な報酬を得るために計画へと参加することにした「スタンリー」だったが、この計画には衝撃の結末が待ち受けていた…。

 

ソードフィッシュの感想 聞いていたとおり

そんな今作「ソードフィッシュ」ですが、先日、動画配信サイト「Amazonプライムビデオ」で視聴した作品です。

今作「ソードフィッシュ」のことは、Twitterのフォロワーさんからのススメで視聴するに至ったのですが、今作が制作されたのは2001年と今から17年前の作品なんですね!

なんと私はまだ8歳ですw

ちなみに1つだけお知らせしておくと、

視聴者
2001年制作だと古い映画なため、画質が良くないのでは?

なんてことを気にしている方に朗報ですが、Amazonプライムビデオで視聴すれば、今の映画と変わらないレベルの高画質でした^^

なので、画質を気にして視聴をためらっているのでしたら、Amazonプライムビデオで視聴すれば問題ないと思います♪

 

今作「ソードフィッシュ」は簡単にいえば銀行強盗の話ですが、そのためにネットワークを利用するという、今の時代ではよくみる設定ですが、2001年ごろといえばネットワークもそこまで普及していなかったでしょう?

今のようにスマホなんてありませんし、一家に1台パソコンがあったとも限らない時代です。

そんな中でネットワークを使っているというのは、この時代には画期的な発想だったのではないかと思いますね!

それと先ほど、今作「ソードフィッシュ」の画質について触れたと思いますが、今作では「バレットタイム」と呼ばれる撮影方法が使用されています。

スポンサーリンク
バレットタイムとは?
たくさんのカメラを駆使し、連続して撮影する方法

この方法を用いることによって、被写体の動きをスローモーションに見せることができます。

「キアヌ・リーヴス」主演の「マトリックス」や「アンジェリーナ・ジョリー」出演の「ウォンテッド」などでも使用されているので、なんとなくわかる方も多いのではないかと思いますが、この時代の作品で、こういった撮影方法を取り入れているというのも、今作「ソードフィッシュ」は面白いと思わされた理由の1つですね^^

 

注目はやはりジョン・トラヴォルタ!?

今作「ソードフィッシュ」を私に教えてくださったフォロワーさんは「ジョン・トラヴォルタ」を推して、私に今作をオススメしてくれました^^

映画情報サイトの感想なども見ていると、彼の演技を推している意見が多数見られましたし、やはり「ジョン・トラヴォルタ」目当ての方が多いようですね!

「ジョン・トラヴォルタ」といえば、数々の作品に出演し、出演した作品で賞も受賞している俳優です。

「パルプフィクション」や「ヘアスプレー」などを視聴して、ファンになった方も多いのではないでしょうか?

今作での「ジョン・トラヴォルタ」は悪役を演じており、計画のためには冷徹無慈悲な男を演じていますが、この冷徹キャラと溢れ出るカリスマ性が彼の演技を際立たせていると感じました。

 

ヒュー・ジャックマンの若さにも注目!?

今作のイチオシ俳優は「ジョン・トラヴォルタ」というような雰囲気になっていますが、個人的には「ヒュー・ジャックマン」にも注目ですね!

「ヒュー・ジャックマン」といえば、「ウルヴァリン」や「X-MENシリーズ」と出演しており、少し前には大ヒットした「グレイテスト・ショーマン 」にも主演で出演していた俳優です。

グレイテスト・ショーマン/夢が踊りだす。

2018.02.16

最近、「ヒュー・ジャックマン」を知った方からすると、「ダンディーなおじさま」なイメージが強いと思われますが、今作での彼はめちゃくちゃ若く、そしてイケメンです!!

ライ
そりゃ、女性から『ヒュー様』言われるわw

と納得せざるを得ないですw

「ヒュー・ジャックマン」のこれほどまでに若い姿を見れるというのも、ある意味価値ある作品だと思いますので注目ですね^^

 

ソードフィッシュの結末&考察

今作「ソードフィッシュ」の結末についてですが、タイトルにもある「アメリカ映画の根底を覆した作品」

これに関する話となるのですが、作品内で「ジョン・トラヴォルタ」演じる「ガブリエル・シアー」が「人々はハッピーエンドが好きなんだ」というようなセリフを吐くシーンがありましたよね?

今作が制作された時代のアメリカ映画はハッピーエンドな作品が多かったのでしょうが、今作「ソードフィッシュ」に関してはそうではありません。

「悪は必ず負けるという根底を覆した」と今作「ソードフィッシュ」が言われているのも、最後までみれば納得せざるを得ないでしょう。

 

ソードフィッシュの考察 ガブリエルは死んでいなかった!?

今作「ソードフィッシュ」を最後まで視聴すれば、少々疑問を残している方もいらっしゃるのではないかと思われます。

というのも、「ジョン・トラヴォルタ」演じる「ガブリエル・シアー」の死体はあるにもかかわらず、彼は死んでいなかった。

そして死んだはずの「ジンジャー・ノウルズ」の死体も消えた。

 

これについての考察ですが、この2人が死んだのはトリックだったのです。

その証拠にワイン貯蔵庫にて、「スタンリー」は「ガブリエル・シアー」の死体を見つけていましたよね?

しかし、「ガブリエル・シアー」とそのあとすぐ2人でドライブに出かけています。

「ジョン・トラヴォルタ」演じる「ガブリエル・シアー」「ガブリエル・シアー」ではありません。

彼は全くの別人であり、テロリストとして指名手配されている自分とそっくりな「ガブリエル・シアー」の名前を使い、強盗を犯したということになります。

そうすることによって、最後に「ガブリエル・シアー」は死亡と報道され、彼が今後追われることはないですから。

そこまで考えての行動だったということになります。

 

これらすべての出来事が仕組まれたことであり、「スタンリー」が「RPG」を使ってヘリを撃ち落とすのも計算内だったということになります。

 

まとめ&評価

これで「ソードフィッシュ」のレビューは終了です。

フォロワーさんから聞いていたとおり、良作アクションだったと思います。

ただ派手なだけではなく、何気無いセリフの中に伏線が隠されていたりと、見応えのある作品ですね!

ただ、今の時代ではありがちな設定とも言えるので、この部分で満足できない方もいらっしゃるでしょう。

今作「ソードフィッシュ」が2001年に制作された作品だということを頭に入れた上で、楽しんでもらえると良いと私は思います^^

 

ソードフィッシュの評価は?

最後に、今作「ソードフィッシュ」に評価をすると4.0/5.0です。

「ジョン・トラヴォルタ」の演技と、「ヒュー・ジャックマン」の若さに注目の演技ですね!

あと、ここで紹介しきれていない伏線などに気づかれた方がいらっしゃれば、ぜひ情報をお待ちしております。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ