『Netflixオリジナル』テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実/これがアメリカ薬物社会の実態!?

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

スポンサーリンク

「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」です^ ^

 

作品情報

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実の予告編はこちら

映画「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」は2018年に制作された作品で、日本でも一時期話題となった「スマートドラッグ」を不適切に乱用している「アメリカ」の人々の姿を追った「ドキュメンタリー映画」です。

また今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:87分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Take Your Pills

監督:アリソン・クレイマン

脚本:

制作:

出演キャスト:

 

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実のあらすじ

超競争社会で、より効率的にもっといい結果を残すため、アデロールなどの興奮剤を服用する学生、運動選手、プログラマーたち。その代償に彼らが直面する危険とは?
Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80117831
 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「うーん」です。

映画「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」はこの記事の初めでもお話ししたように、2018年に制作された作品で、日本でも一時期話題となった「スマートドラッグ」を不適切に乱用している「アメリカ」の人々の姿を追った「ドキュメンタリー映画」です。

また今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実 内容

まずはじめに今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」の内容についてざっくりと説明すると、

私たちが生きる今の世の中は「超競争社会」だ。

成功するためには誰よりも努力し、より効率的に良い結果を残さなくてはならない。

そんな今の時代に生きる老若男女が密かに使用している物の使い方が世間を賑わせていた。

「アメリカ」で生活する人たちが使っているそれは「スマートドラッグ」と呼ばれる薬物だった。

「スマートドラッグ」を誤った方法で使用する人々の姿をカメラは追った。

 

みたいな作品でした^ ^

 

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実 スマートドラッグとは?

そんな今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」ですが、

まずはじめに1つだけ忠告しておきます!!

この記事は「スマートドラッグ」の使用を助長する記事ではありません。

また「スマートドラッグ」の入手方法などを記載するつもりもありませんで、ご了承くださいm(_ _)m

 

では本題の今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」で取り扱っているお話「スマートドラッグ」についてですが、

「スマートドラッグ」という言葉を初めて聞く方も多いのではないかと思います。

「ドラッグ」というワードが含まれているのをみると、

つい「違法?」と思ってしまいがちではありますが、現在のところ違法ではないようです。

スポンサーリンク

ただ規制されている種類の物もあるみたいなので、詳しい話はご自身で調べていただくのが1番良い(あくまで映画感想ブログなので)かと思います^ ^

日本でも一時期、「受験勉強中の我が子に親が使わせている」などと話題になった時期がありまして、

当時は様々な意見が飛び交い、個人的には「そこまでする必要あるの?」なんて事を思った記憶があります^^;

そんな「スマートドラッグ」の使用方法について「アメリカ」で物議を醸しているようで、

「実際に使っている人たちの意見」や「使わせている家族の意見」さらには「薬などに詳しい方たちから見た意見」などなどをぎゅっと詰め込んだのが、今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」です。

正直、率直な感想「退屈極まりない」です。笑

ドキュメンタリー映画としてはこれで成立しているのかもしれませんが、個人的にはまずおすすめしない作品です。

「どういった層に向けての作品なのか?」

「スマートドラッグの使用を助長する作品ではないのか?」

私が見ていて感じたのは「そんなに便利なら使ってみたい」

私の習慣であるブログの記事を書いている際にも、

「今日は次から次へと言葉が出てくる♪」なんて日もあれば、

「今日はどうもひらめかないなぁ〜」なんていう風に、

日によってどうもばらつきがあります^^;

ひらめかない日は集中力が切れてきますし、最悪の場合「また明日やるわ」なんて日もあったりするんですよね…。

そういったばらつきを「安定させれる薬があるよ」なんて言われちゃうと心がぐらついてしまいます。

言うまでもありませんがもちろん私は使ってもいませんし、使う気もありませんよ!!

ただ、そういう風に使用の助長をする恐れがある映画であり、現役の受験生やその両親などがこれを見た時に「どう感じてしまうのか?」という不安要素はある作品だと思います。

先ほど「ぐらつきを安定させれるよ♪」とお話ししましたが、これはメリットの話です。

今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」ではデメリットの話もしているので、これだけが唯一の救いではあるかな?と思います。

まあでも私からすると「メリットの方が強いように紹介してるくない?」と感じましたがね…。

この辺の感じ方は人それぞれだとは思うので、私はそんな風に感じたというだけの話です。笑

 

テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実 アデロールとは?

次は今作で度々登場するワード「アデロールとはなんぞや?」これについて軽く説明しておきます。

基本的には「注意欠陥障害」や「多動性障害」いわゆる「ADHD」の治療薬として使用されている薬だそうで、

「中枢神経刺激薬」として効果があります。

集中力を高め、注意力を持続させる効果があるという事から、受験勉強に集中させるために親が我が子に使用させるなんて事もあるみたいです。

他にもたくさんのワード「リタリン」や「アンフェタミン」などでてくるので、興味のある人はWikipediaのリンクを貼っておくので見にいってみてください^ ^

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アンフェタミン

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/メチルフェニデート

 

まとめ

これで「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」のレビューは終了です。

まあ正直言ってわざわざ見るほどの作品でもないかと思います^^;

「こういう物があるんだよ」という知識は得れる作品ではありますが、それ以上でもそれ以下でもないと私は思います。

ましてや完全に違法な物で、「避けてほしい」という気持ちからの紹介ならまだしも、今のところ違法ではありませんから…。

あまりドキュメンタリー映画を見ない私の意見ではありますが、見るだけ無駄でしょう。

映画「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」に評価をすると1.0/5.0です。

また今作「テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実」は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っていないので、くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ