ターミネーター 新起動/必ず戻る…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ターミネーター 新起動」です。

スポンサーリンク

*予告編はこちら

 

この作品「ターミネーター 新起動」は2015年に制作された作品で、「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演の大人気「ターミネーターシリーズ」5作目となる「SFアクション作品」です。

 

制作年:2015年

制作国:アメリカ

上映時間:126分

配信サイト:アマゾンビデオ , U-NEXT , dtv…etc.

原題:terminator genisys

監督:アラン・テイラー

脚本:レータ・カログリディス , パトリック・ルシエ

制作:デビット・エリソン , ダナ・ゴールドバーグ

出演キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800) , エミリア・クラーク(サラ・コナー) , ジェイ・コートニー(カイル・リース) , ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー) , イ・ビョンホン(T-1000) , J・K・シモンズ(オブライエン刑事) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

*あらすじ

未来の人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーの母サラ・コナーを歴史から抹消するため、未来から殺戮マシーンのターミネーター「T-800」が送り込まれる。しかし、そこには老いた姿の同型ターミネーターが待ち受けていた。

映画.com:http://eiga.com/movie/80340/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「シリーズ最高傑作」です。

この作品「ターミネーター 新起動」はこの記事の初めでもお話ししたように、2015年に制作された作品で、「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演の大人気「ターミネーターシリーズ」5作目となる「SFアクション作品」です。

 

では早速、今作「ターミネーター 新起動」の内容について説明すると、

 

1997年…。

この日、スカイネットが起動した。

スカイネットが起動したこの日、スカイネットのシステムが核ミサイルを発射。

そのミサイルによって30億人の人類が地球から消えた。

人々はこの日を審判の日と呼んだ。

 

審判の日の後の生まれた少年「カイル」

敵は人間の姿をしたロボット「ターミネーター」

「ターミネーター」に襲われ危機的状況の「カイル」を助けたのは「ジョン・コナー」だった。

それ以降、「カイル」「ジョン」が結成し、リーダーを務める「抵抗軍」に参加する。

「ターミネーター」はスカイネットの命令により、人類を抹殺するようプログラムされていた。

 

2029年 ロサンゼルス

スカイネットに抵抗するため、「ジョン・コナー」は人々に立ち上がる術を教え、状況を良くするべく「ターミネーター」と戦う。

いよいよスカイネットを破壊する時がきた。

「抵抗軍」の力によってスカイネットの破壊に成功する。

しかし、スカイネットは破壊される寸前に最終兵器を起動していた。

 

1984年 ロサンゼルス

突然、現れた裸の男性。

実はこの男性はスカイネットが起動した最終兵器だった。

1984年に送り込まれたターミネーターの狙いは、「ジョン・コナー」の母である「サラ・コナー」

スカイネットは「抵抗軍」のリーダー「ジョン・コナー」の母を殺せば、抵抗軍の発生を抑えれると考えての行動だった。

瞬時にそれを察した2029年の「ジョン・コナー」は、それを防ぐため1984年に「カイル」を送り込む。

しかし、「カイル」がたどり着いた1984年は、「ジョン」から聞いていたものと状況が違った。

「サラ・コナー」を殺すために、2029年から送り込まれた「ターミネーター」だけではなく、他にも数体「サラ・コナー」の命を狙う「ターミネーター」が…。

そして何よりも予想外だったのは、「サラ・コナー」を守っている「ターミネーター」がいる事だった。

「ジョン」から聞いていた話とは違う点が多すぎて困惑する「カイル」

だが、「カイル」に困惑している時間はなく、すぐさま「サラ・コナー」「ターミネーター」が製作していた「タイムマシン」を使って、2017年に「タイムトラベル」し、まだ起動する前のスカイネットを破壊しに向かう。

果たして「カイル」「サラ」はスカイネットを破壊できるのか?

 

みたいな感じの作品でした^ ^

 

そんな今作「ターミネーター 新起動」ですが、

「ターミネーター1」のパラレルワールドのような作品です^ ^

個人的には「ターミネーターシリーズ」の中では、

「ターミネーター2」が1番好きな作品ではあるのですが、

「ターミネーター1」も好きな作品です。

そんな私が思うに、「ターミネーターシリーズ」のファンであれば、間違いなく楽しめる作品だと思います。

「シュワルツェネッガー」氏が演じる「T-800」の老いた姿を見ると、なんだかほっこりした気分になります。笑

そんな「T-800」は、本家「ターミネーター1」では敵役なのですが、

今作「ターミネーター 新起動」では「サラ」を守るために存在する「ターミネーター」なので、

真顔でちょっとズレた行動や発言をしたりします。

真面目にふざけるという完全に矛盾ではあるのですが、

これが笑えるんですよね!笑

今までの「ターミネーターシリーズ」にはなかった「コメディ要素」が、今作「ターミネーター 新起動」にはあるように感じました^ ^

 

その他にも「ターミネーター1」では何も知らずか弱かった「サラ・コナー」が、

今作「ターミネーター 新起動」ではたくましい女性なんです♪

そして全ての事情も把握済み!!

以前見た事のある内容にもかかわらず、設定が違うため新鮮味を感じ、楽しむことができました^ ^

 

後は、今作「ターミネーター 新起動」は歴代「ターミネーターシリーズ」の中で、

一番派手なアクション作品ではないかな?と私は感じました。

そもそも劇場公開時は「3D」も対応だったのかな?と私は感じたのですが、

それっぽいシーンも多く、とにかく派手なアクションシーンが多いように私は感じました^ ^

敵役として登場する「ターミネーター」の種類も豊富というか、

「ターミネーター2」で登場した液体金属で作られた「T-1000」が登場したり、また他にも新しい「ターミネーター」が登場したりもします。

これもシリーズファンならではの嬉しい要素ではないかと思います♪

 

正直、悪い要素はこれといってなかった作品でした^ ^

 

そして最後に今作「ターミネーター 新起動」の結末についてですが、

 

2017年に到着した「サラ」「カイル」でしたが、

2017年には「ジョン」が待っていました。

しかし、そこにいた「ジョン」は、スカイネットによって「ターミネーター」へと改造され「新型ターミネーター T-3000」に変貌していました。

スカイネットを破壊しようとする「サラ」「カイル」そして「T-800」の邪魔をするべく何度も現れる「ジョン」

スカイネットの基礎となる「ジェネシス」が起動されるまで24時間を切った頃。

3人はサイバーダイン社に侵入し、メインコンピューターに爆弾を設置するも、

「ジェニシス」の急激な成長により、起動まで残り数分に迫っていました。

しかし、そのタイミングで「ジョン」が現れ、起爆装置を破壊されてしまう…。

爆弾で破壊する計画が不可能となってしまい、最後の手段として「T-800」「T-3000」を捉えた状態で、サイバーダイン社にあった「未完成のタイムマシン」に閉じこもり、自爆する計画に変更しました。

「T-800」の計画通り、高磁場と大爆発によって「T-3000」は完全に消滅し、「T-800」は液体金属の溜まったプールへと沈んでいきました。

「カイル」「サラ」が爆発に巻き込まれないよう隠れていた場所に、何者かが頑丈に設計されていた扉を破り現れました。

そこに現れたのは「T-800」で、液体金属によって壊れたのではなく、バージョンアップしていたのです。

無事にスカイネットの破壊が完了した3人は本来であれば、「サラ」と子供を作ったのちに死んでしまうという自分の運命を乗り越え、未来は変えれると希望を見出しましたとさ…。

 

みたいな結末でした^ ^

液体金属に沈んでいくシーンは、

「ターミネーターファン」であればまず知っているであろう、

「溶岩の中に沈んでいく」あのシーン。

あれを思い出してしまうようなシーンで、思わず感動しそうになったのですが、

それがまさかのバージョンアップして帰ってくるなんてふざけていますよね。笑

こういうところにも遊び心のようなものを感じ、個人的にはよかったポイントでした♪

まあ文句のない結末です^ ^

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ターミネーター 新起動」のレビューは終了です。

個人的には「ターミネーターシリーズ」の中で、一番好きな作品です♪

「ターミネーター4」が個人的には駄作だったので、正直「ターミネーター 新起動」には期待していませんでした。笑

ですがそんな私の感情をいい意味で裏切ってくれた作品です^ ^

この作品「ターミネーター 新起動」をおすすめするとすれば、

「ターミネーターファンの方」

にはぜひおすすめの作品ですね♪

「ターミネーターシリーズ」を全部見たのちに、見て欲しい作品です!!

逆に今作「ターミネーター 新起動」をおすすめできないとすれば、

「純粋にターミネーターシリーズが好きな方」

にはおすすめできない作品かもしれません^^;

というのもやはりちょっとふざけている感じがあり、今までの「ターミネーター」はそんな感じの作品ではなかったんで、受け入れにくい方もあるかと思います。

なのでこれに当てはまるかもと思う方は注意が必要ですね!!

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA