マネー・ショート 華麗なる大逆転/これがリーマンショックの裏側

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転の予告編

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転の作品概要

制作年:2015年

制作国:アメリカ

上映時間:210分

配信サイト:Netflix , Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

原題:The Big Short

監督:アダム・マッケイ

脚本:アダム・マッケイ

原作:マイケル・ルイス 『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』

制作:デデ・ガードナー , ジェレミー・クライナー , アーノン・ミルチャン , ブラッド・ピッド

出演キャスト一覧

・クリスチャン・ベール(マイケル・バーリ)

・ブラッド・ピッド(ベン・リカード)

・ジョン・マガロ(チャーリー・ゲラー)

・フィン・ウィットロック(ジェイミー・シブリー)

・ライアン・ゴズリング(ジャレド・ベネット)

・スティーヴ・カレル(マーク・バウム)

・レイフ・スポール(ダニー・モーゼス)

・ジェレミー・ストロング(ヴィニー・ダニエル)

・ハミッシュ・リンクレイター(ポーター・コリンズ)

・スタンリー・ワン(テッド・ジャン)

・マリサ・トメイ(シンシア・バウム)

・パイロン・マン(Mr.チャウ)

・メリッサ・レオ(ジョージア・ヘイル)

・アデペロ・オデュイエ(キャシー・タオ)

・トレイシー・レッツ(ローレンス・フィールズ)

・カレン・ギラン(イーヴィ)

・マーゴット・ロビー(本人)

・セレーナ・ゴメス(本人)

・リチャード・セイラー(本人)

・アンソニー・ボーディン(本人)

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「難解すぎる…」です。

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は2015年に製作された作品で、2004年から2006年の間、アメリカを襲った「サブプライム住宅ローン危機」の中、巨額の富を得た人物たちの姿が描かれた「ヒューマンドラマ作品」です。

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転のあらすじ紹介

2000年頃、アメリカでは住宅ローン債権の金融商品に湧いていたが、その5年後ヘビメタ好きの変わり者トレーダーであるマイケル・バーリ(クリスチャン・ベール)は地道な調査の結果、格付けの高いはずの商品が少しずつ利回りを下げていることに気付き、サブプライム住宅ローンが債務不履行になるに違いないと予測。ウォールストリートの銀行家はヘビメタ野郎のそんな話は全く信じなかった。

 

マイケルは必ず市場崩壊が起こると信じ、いわば債権の保険となる「CDS(クレジット・ディフォルト・スワップ)」という金融商品に目をつけます。サブプライム・ローンの価値が暴落したとき巨額の保険金を手に出来るよう、急騰している住宅市場をこげつかせようと試みます。

若きウォールストリートの銀行家ジャレッド(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの動きを察知し、その予測は正しいと確信。自ら「CDS(クレジット・ディフォルト・スワップ)」に多額の投資を行います。

 

低所得者に対して頭金なしで住宅ローンを組ませている大手銀行に不信感を持っていたマーク・バウムもまた、彼らの考えに賛同し「CDS」に投資をします。

そして既に引退した伝説の銀行家・ベン・リカートは、若き投資家ジェイミーとチャーリー2人の「CDS」市場への参戦を相談されており、彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意。

2008年、いよいよ住宅ローン市場崩壊の兆候が現れ始めます・・・。

アウトローな職種の違う4人の男たちが「リーマンショック」の実態をリアルに暴いてゆくストーリー。実在の4人の金融トレーダーたちが、どのように危機を切り抜けたのか。そこには「お金稼ぎのコツ」が満ちています。

引用:https://www.moneyshort.jp/一般情報/

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転の感想

今作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今作は公開当時から話題になった作品であり、数多くの賞を受賞している作品なんですよね。それゆえに見たことはなくても、タイトル名は耳にしたことがある方も多いのでは?ないかと思います。

 

豪華キャストが盛りだくさん

今作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」ですが、内容はさておき、出演しているキャストが非常に豪華なんですよね♪

LA LA LAND ラ・ラ・ランド」や「Drive ドライヴ」で知られる「ライアン・ゴズリング

スポンサーリンク

Drive ドライヴ/寡黙な男の切ない物語

2018.09.02

LA LA LAND ラ・ラ・ランド/2人の恋の行方は…

2017.09.04

ベンジャミン・バトン_数奇な人生」や「マネーボール」で知られる「ブラッド・ピット

ダークナイト」や「マシニスト」で知られる「クリスチャン・ベイル

マシニスト/やせ細った彼に一体何が!?

2017.08.16

ダークナイト/批評家たちも高評価!?絶賛の嵐だった名作

2017.08.16

40歳の童貞男」や「フォックスキャッチャー」で知られる「スティーヴ・カレル

40歳の童貞男/40歳でロストバージン!?

2018.01.28

と、とにかく主演級のキャストが共演している作品なんですよね。ワタシは「ライアン・ゴズリング」と「クリスチャン・ベイル」を楽しみに今作を視聴したのですが、「ライアン・ゴズリング」はいつもながらも安定したキャラでした^^

 

ただ、「クリスチャン・ベイル」

彼は一瞬、彼だと気がつきませんでしたw

どうしても私の中では、「バットマンシリーズ」に登場する「ブルース・ウェイン」のイメージが強く、「クリスチャン・ベイル」が出演する他の作品ではいつも違和感を感じてしまいますw

ですが、まあそれだけ演技力があり、キャラにのめりこめているのだとは思いますけどね♪

 

とにかく豪華なキャストが共演している今作ですが、キャスト目的で見るというのもアリだとワタシは思いますよ^^

 

専門用語が多すぎて…

今作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」ですが、2000年代前半にアメリカで実際に起きたことを題材としている実話系の作品です。誰もが耳にしたことがある「リーマンショック」というワードがでてきたり、出演しているキャストの会話も当時の本当の会話をそのまま使用したりしているのですが、とにかく内容が難しいんですよね…。ワタシはそもそも学がなく、「金融」に関する情報など全く無知です。正直言って「リーマンショック」の意味すらイマイチわかっていないというのが本音ですw

 

ただ、1つフォローするならば、難しいワードをわかりやすいように例え話をしてくれるシーンがあったりもします。この辺は親切だと思いますし、高評価でもあります^^

 

ですが、その程度の親切では、ワタシの無知を補えない・・・。もちろん、知識のないワタシに責任があるのですが、ここは評価が分かれてしまう部分ではないかと思います。ワタシは完全にストーリーから置いていかれ、途中で飽きてしまったというのが本音です。

 

ですが、まだ映画を未視聴で、偶然この記事を見かけて今作の視聴を迷っている方がいるのであれば、どうせなら「少しでも楽しんでもらいたい」とワタシは思うので、1つだけ専門用語の説明をしておきます^^

モーゲージ債とは?

モーゲージバック証券、住宅用ローン担保証券とも呼ばれる、モーゲージ証券(MBS:Mortgage Backed Securities)とは、住宅を購入する際に利用する住宅ローンを担保として発行される債券のことを指します。

そもそもモーゲージ(mortgage)とは、「抵当権」を意味する英語で、「モーゲージローン」は不動産の抵当権、つまり、家と土地をローンの担保とした貸付のことです。                 引用:https://assetnotes.jp/column/trend/1356/

 

作品内で何度も登場するワード「モーゲージ債」は、このような意味を持った言葉のようです。これでもイマイチしっくりこない方も多いのではないかと思いますが、1人でも理解できたという方がいらっしゃれば幸いですね^^

ちなみに引用元のサイトには金融事情についてたくさんの情報がありました。なのでより詳しく知りたいという方は、直接そちらに見にいくのも1つですよ♪

 

まとめ&評価

これで「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のレビューは終了です。

なんというか、非常に評価しづらい作品でしたねw

キャストの演技力のおかげもあってか、内容はわからくてもそれなりに楽しめる作品とはなっていますが、内容を理解しようとすれば急激につまらなくなってしまいました。。。「とにかく難しい」そんな印象が強く残る作品でしたね。金融事情に強い人であれば、間違いなく楽しめる作品ではないかと思います^^

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転の評価は?

最後に、今作「マネー・ショート 華麗なる街逆転」に評価をすると3.0/5.0です。

非常に評価が高い作品だっただけに期待していましたが、個人的にはイマイチだと感じてしまいました。なにせ内容が難しすぎる…それに限ります。ワタシが思うに、万人ウケする作品ではないかな?と感じたのが本音です。

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ