『Netflixオリジナル』ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち/ニュージーランドコメディに初挑戦

引用:https://news.newonnetflix.info/news/watch-the-trailer-for-new-zealand-comedy-the-breaker-upperers-coming-soon/

 

ども、ライです♪

今回は「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たちの予告編

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズの作品概要

制作年:2018年

制作国:ニュージーランド

上映時間:90分

配信サイト:Netflix…etc.

原題:The break upperers

監督:マデレーン・サミ , Jackie van Beek

脚本:マデレーン・サミ , Jackie van Beek

制作:

出演キャスト一覧

・マデレーン・サミ

・Jackie van Beek

・ジェームズ・ロールストン

・セリア・パクオラ

・アナ・スコットニー

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たちのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「初体験」です。

映画「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」は2018年に製作された作品で、とある出来事から仲良くなった2人組の女性が、ある時からその関係にヒビが入る姿を描いた「コメディ作品」です。

また、今作「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たちのざっくりあらすじ紹介

15年前、同じ男性に二股をかけられたことをきっかけに知り合った女性「ジェン」と「メル」

 

現在2人はカップルを別れさせる「別れさせ屋」として活動しながら生計を立てていた。様々な事情を持った人たちが2人のところへと依頼に訪れる中、どんな依頼でも完璧にこなしてきた2人。ときには警察官に変装するときもあった。

 

仕事は順調な2人だったが、私生活はそうではなかった。30代後半の「ジェン」と「メル」だったが、共に過去のいざこざから恋人を作る気配はなく、そんな2人のことを心配する人もいた。

 

だが、あるとき。2人が二股をかけられた男性が、彼女たちが暮らす町に戻ってきたことを知る。それをきっかけに心境に変化が訪れる「ジェン」。そんな「ジェン」の傍らで依頼人に恋愛感情を抱いてしまった「メル」

 

これまで仕事のみは上手くいっていた2人の関係に、亀裂が入り始める。

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たちの感想

今作「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

スポンサーリンク

 

今週の「ネトフリオリジナル」として配信された今作ですが、製作国が「ニュージーランド」とのことで、実はワタシ「ニュージランド」で作られた映画を見るのは今回が初だと思うんですよね。ぶっちゃけそこまで癖のある作品でもなく、アメリカ映画とさほど差がないようには感じましたが、まあこの後、感想についてお話ししていきましょう^^

 

可もなく不可もなく…

今作「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」ですが、先ほどもお話ししたように「ニュージーランド」にて製作された作品なんですね。「ニュージーランド」で製作された作品を視聴するのは初めてだったワタシですが、その上さらに今作は「コメディ作品」です。主人公となる2人「ジェン」と「メル」ですが、「ジェン」は白人なのに対して、「メル」は「インド系」の女性です。「インド」のコメディといえばやはり「ダンス」のイメージがワタシの中に強くあり、今作でも「もしかしたら…」と考えていたところ、やはり多少のダンス要素はありましたねw

 

嫌いではないのですが、少し悪寒を感じてしまうというのがぶっちゃけた感想です。ただ、全体的にのんびりとした感じのコメディであり、下ネタも多少ありますが、「アメリカのコメディほどではないかな?」という印象を受けました。

 

個人的に感じたのは「物足りない」といった感情ですが、視聴した方の感想を見ているかぎり、わりかし楽しんでいらっしゃる方も多いようなので「ほどほどのコメディが欲しい」という方には良い作品なのかもしれません。「頻繁にコメディを視聴している方」にとっては退屈だと感じられる方もいらっしゃるとは思います。

 

まとめ&評価

これで「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」のレビューは終了です。

思いの外語れることの少ない作品でしたね。かなり短い記事となってしまいました。

「別れさせ屋という設定は面白い」のですが、それがあまり活かされていないようにワタシは感じてしまったので「これはもったいないかな?」と感じたのが本音です。最近は自分で退職届を出せない人が、お金を払って代わりに退職届を会社に提出してもらう…なんてサービスが日本に存在するようですが、ほんと色々な仕事がありますねw

 

もしかするとほんとに「別れさせ屋」なんて職業が存在するかもしれませんw

 

ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たちの評価は?

最後に、今作「ザ・ブレイカー・アッパラーズ 別れさせ屋の私たち」に評価をすると2.5/5.0です。

90分ほどでサッと見れる可もなく不可もなくという印象の作品ですね。あえてオススメはしませんが、「二ュージーランド」の映画を見たことがないのあれば、入門編に良いかもしれません。ほんとほどほどな作品ですw

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ