『Netflixオリジナル』クリスマス・クロニクル/この冬1番のクリスマスストーリー

youtubeより引用

 

ども、ライです♪

今回は「クリスマス・クロニクル」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

 

クリスマス・クロニクルの予告編

 

 

クリスマス・クロニクルの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:104分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:The Christmas Chronicle

監督:クレイ・ケイティス

脚本:マット・リーパーマン

制作:

出演キャスト一覧

・カート・ラッセル(サンタクロース)

・ダービー・キャンプ(ケイト)

・ジュダ・ルイス(テディ)

・キンバリー・ウィリアムズ=ベイズリー

・オリヴァー・ハドソン

・ラモーン・モリス

・マーティン・ローチ

 

 

クリスマス・クロニクルのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「この冬1番のクリスマス映画」です。

映画「クリスマス・クロニクル」は2018年に制作された作品で、父を亡くし、母と3人で暮らす兄妹に訪れた「クリスマス」の奇跡を描いた「ファンタジードラマ作品」です。

また、今作「クリスマス・クロニクル」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

 

クリスマス・クロニクルのざっくりあらすじ紹介

家族4人、毎年幸せなクリスマスを過ごせていたある一家。

しかしある時、大好きな父を不慮の事故によって亡くしてしまい、残された3人は悲しみにくれていた。

父が亡くなって以降、母は仕事に追われ、長男「テディ」は悪い友人たちと連むように。妹「ケイト」は1人で過ごすことも多くなっていた。

 

 

それゆえ、毎年楽しみで仕方のなかったクリスマスも、今年はいつもと違う。

母は急遽、仕事が入ってしまい、「テディ」は「ケイト」の面倒を見るように言われるも部屋に引きこもってしまう。1人ぼっちな「ケイト」は、これまでのクリスマスを撮影したホームビデオを1人寂しく視聴していた。ホームビデオを視聴し、思い出に浸る「ケイト」だったが、このビデオにサンタクロースらしき人物が映りこんでいるのを発見。

「テディ」を呼び出し映像を確認してもらう「ケイト」だったが、サンタクロースを信じている「ケイト」に反して、「テディ」はサンタの存在を信じておらず、「ケイト」に対してバカにしたような態度を取る。

 

 

納得がいかない「ケイト」は、家の中にカメラを設置し、クリスマスイブの今夜、サンタクロースが現れるか「テディ」と一緒に監視する。しばらくは監視していた2人だったが、次第に睡魔に負けてしまい、そのまま寝落ちしてしまった。すると深夜、2人が仕掛けていた罠に“ナニカ”が触れ、2人は目を覚ます。

2人以外誰もいないはずの家の中で、何やら足音が。そしてその足音は屋根へと移動する。音の正体を確かめようとする2人を家の外へ。するとそこにはソリを引っ張るトナカイが宙に浮いており、サンタクロースのような人物は屋根から屋根へと飛び回っていた。

サンタクロースの存在をカメラに撮影しようと企んだ2人だったが、2人せいでとんでもない事態へと向かい始める。

 

 

クリスマス・クロニクルの感想 この冬1番のクリスマス映画

今作「クリスマス・クロニクル」ですが、本日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今月に入ったぐらいから、毎週「Netflixオリジナル」としてクリスマス関連の作品が公開されており、その度に

ライ
3年連続サビシマス予定です…。

なんてことを自虐ネタ風に語っているわたくし「ライ」ですが、今週またしてもクリスマス関連の作品が公開され、定期的にこのブログを訪れてくれている方にとっては飽きてきたわたくしの自虐ネタを今回もチラッとお見せしたいと思っていた矢先、そんなことよりも素晴らしい作品でしたねw

今年、わたしが紹介したクリスマス関連の「Netflixオリジナル作品」は「クリスマス・カレンダー」と「スイッチング・プリンセス」がありましたが、今回紹介する「クリスマス・クロニクル」が間違いなくこの冬1番のクリスマス映画だとわたしは思います^^

スポンサーリンク

『Netflixオリジナル』スイッチング・プリンセス/王道間違いなし!?クリスマスのお供にぴったり

2018.11.18

『Netflixオリジナル』クリスマス・カレンダー/かけがえのない友人と大好きな仕事

2018.11.11

 

 

映像・ストーリー どっちも申し分なし!

今作「クリスマス・クロニクル」のストーリーは、ざっくりあらすじ紹介でざっくりと紹介しています^^

悲劇が訪れた悲しい家族。

そんな家族に訪れたクリスマスの奇跡。

存在するはずがないと思っていたサンタクロースは実在し、サンタクロースと共にクリスマスの夜を駆けまわる。

数々の困難を乗り越えた先には、かけがえのない思い出が…。

 

笑いありの感動もあり!!

夢や希望、そして「Netflixオリジナル」であることがもったいない映像技術。

オススメする以外にありませんねw

 

父が亡くなって以降、変わってしまった兄と妹の仲が再構築されていく姿は感動間違いなしですし、そんな2人が街を救うためクリスマスの街で奮闘。勇気ある2人の姿は間違いなく必見ですね^^

 

ちなみに、今作「クリスマス・クロニクル」でサンタクロースを演じているのは「バックドラフト」や「エグゼクティブ・デシジョン」などでも知られる「カート・ラッセル」氏でした。個人的には今作で演じているようなイメージを持っていない俳優でしたが、意外と今作のような役柄も問題ないですね!

「全米で幅広い年齢層に人気がある」というだけに、やはり素晴らしい俳優だと思います^^

 

 

クリスマス・クロニクルの結末は?

今作「クリスマス・クロニクル」の結末ですが、まず一言でハッピーエンドの極みだと思います。クリスマススピリットなるモノが残り十数%まで低下したにもかかわらず、「テディ」「ケイト」「サンタ」の奮闘によって、夜明け前にすべてのプレゼントを無事に配り切ることに成功。子供から大人までハッピーなエンドですね^^

 

 

ただ、1つだけ気になったのは、

「時間内にプレゼントを配りきれない。。。」

となったとき、エルフたちが手を貸し、彼らが子供たちにプレゼントを届けにいくというシーンがあるのですが、

「パラシュートで上空から降りていくまではいいにしても、その後そうするのだろうか?」

という疑問は残りましたねw

「そもそも、サンタのプレゼント袋の中で生活しているエルフたちが、どうやって袋の中に戻るのか?」

ファンタジードラマ作品でこんなことを気にするのが邪道なのかもしれませんが、個人的にはスゴく気になりましたw

 

 

あとは、「テディ」の願いの件について。

「テディ」の願いは「父に伝えたいことがあるから、もう1度会いたい」

これでしたが、実際に直接会うことはありませんでした。

これは個人的に良かったと思いましたね!そこまでできてしまうともはや神の域であり、サンタクロースという枠からはみ出していますw

「無理なことは無理。」

ですが、ただ無理なだけでなく、少し変わったカタチで父に想いを伝えることができた…これは非常に良い結末だとわたしは思いました^^

 

 

まとめ&評価

これで「クリスマス・クロニクル」のレビューは終了です。

何度も言っていますが、この冬1番のクリスマス映画だとわたしは思います。申し分なくオススメできる作品ですね!ただ、欲を言うのであれば、もう少しあと(12月半ばぐらい)に公開だと、タイミングもバッチリだとは思いました^^

今でもクリスマスを意識する時期ではありますが、まだ少し早いですからね!いま、視聴するより、もっとクリスマス感が周りで出てきてから見ると、より一層楽しめるのではないか?なんて風にわたしは思いますよ♪

 

 

クリスマス・クロニクルの評価は?

最後に、今作「クリスマス・クロニクル」に評価をすると4.5/5.0です。

視聴された方の何人かが言っていますが「ホームアローンっぽい」

たしかにそのとおりだとわたしも思います^^

ホーム・アローン」が楽しめた方であれば、まず楽しめるのではないかと思いますね!老若男女問わず、ぜひオススメする1作です。

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ