エクスペリメント/満たされた狂気…

ども、ライです♪

今回は「エクスペリメント」のレビューです^ ^

 

エクスペリメントの予告編

スポンサーリンク

 

エクスペリメントの作品概要

制作年:2010年

制作国:アメリカ

上映時間:97分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)hulu…etc.

原題:THE EXPERIMENT

監督:ポール・シュアリング

脚本:ポール・シュアリング

制作:

出演キャスト:エイドリアン・ブロディ , フォレスト・ウィッテカー , キャム・ギガンデット , クリフト・コリンズ・Jr , イーサン・コーン , マギー・グレイス , フィッシャー・スティーヴンス , トラヴィス・フィメル , ジェイソン・ルー , デヴィッド・バンナー , ダミエン・リーク

 

エクスペリメントのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「狂気の塊」です。

映画「エクスペリメント」は2010年に制作された作品で、高額な報酬につられて参加したある実験の中で、思わぬ事態へと進んでいく姿を描いた「サスペンス映画作品」です。

 

エクスペリメントのざっくりあらすじ紹介

では初めに、今作「エクスペリメント」のあらすじを紹介すると、

 

勤めていた会社の都合によって突如リストラにあってしまった男性「トラヴィス」

次の仕事が見つかるまでの間、生活する資金調達のため、ある高額報酬な実験へと参加する。

その事件は14日の間「刑務所内」にて、囚人と看守に別れ生活するという実験だった。

実験に参加するための試験を突破した「トラヴィス」と他のメンバーたちは迎えのバスに乗り、刑務所での生活を始める。

試験の際に仲良くなった男性「バリス」も見事合格を果たしていたが、刑務所内での立場は「トラヴィス」が囚人、「バリス」は看守という立場に分かれてしまう。

この実験のルールとして「暴力が発生すると即中止。そして報酬は支払われない」との約束だったため、全員で協力して乗り切ろうと言い合っていた。

しかし、平和な状況も束の間…。

偶然、囚人が看守に怪我をさせてしまったり、謝っている囚人に対して横柄な態度をとる看守との間で緊迫した空気が流れ始めていた。

そして次第に暴力事件と捉えられても仕方のない事件まで起きてしまう始末…。

だが、カメラで監視しているはずのこの実験の責任者は実験を中止するそぶりを見せなかった。

暴力が当たり前のように起きるようになるも、中止される気配はない。

果たしてこの実験の参加者はどうなるのか?

そして責任者の目的は一体…?

 

エクスペリメントの感想 実際に行われた実験らしい…

そんな今作「エクスペリメント」ですが、本日、動画配信サイト「Netflix」で視聴したサスペンス作品です。

どうやら今作「エクスペリメント」は1971年にスタンフォード大にて実際に行われた心理実験を基に制作されたドイツ映画「es(エス)」のリメイク作品だそうですね!

今回、この作品を見るのが初めてではなかったのですが、かなり前に見たきりだったので、途中まで見たことあることに気がつきませんでしたw

 

内容に関しては先ほどお話ししたような作品なのですが、

1日1000ドルも貰えるバイト、普通はこの時点で警戒すると思いますよねw

まあ海外ではわりとそういったバイトがあるのかもしれませんが、日本でいうところの治験だと思っていただければ良いかと思います✨

ちなみに私も以前、治験に行こうと考えたことがあったのですが、喫煙者はダメなそうで諦めた過去がありますw

 

そして肝心の内容ですが、かなり怖いです💦

怖いといっても幽霊などのホラー的怖さではないのですが、生きている人間が一番怖い…そんな風に感じさせられる人間の狂気のようなものが込められている作品です。

もともとは温厚な人間であっても、内に秘められたものはわかりません。

今作で行われた実験のように、閉鎖的な空間で立場の強い人間と弱い人間を意図的に決めることによって、必然的に立場が別れ優劣関係が出来上がるんですよね💦

動物も人間も同じで、群れになって行動すると強者は弱者をいじめるように遺伝子的に組み込まれているといっても過言ではないのかもしれません。

 

囚人代表となる主人公「トラヴィス」は揉め事を好まず、今作の序盤でも揉め事を止めるシーンがあり、看守代表「バリス」も元は温厚なタイプだったにもかかわらず、今作の設定である立場を与えられたことによって完全に性格が変わってしまいます。

そんな2人の演技力も今作の見どころとなっていますね!

特に「バリス」を演じる「フォレスト・ウィッテカー」の演技力は凄まじいです!

演技でここまで人が変わるなんて考えれないw

要注目のポイントです👍

 

スタンフォード監獄実験とは?

少しだけ、今作「エクスペリメント」で行われる実験の基となった「スタンフォード監獄実験」について迫っていきましょう♪

この実験は1971年8月14日から1971年8月20日までアメリカのスタンフォード大学で実際に行われた実験です。

心理学者「フィリップ・ジンバルドー」指導のもとで行われ、自身の現環境とは違った立場や肩書きを与えることによってどのようになるか?という実験を行ったのが「スタンフォード監獄実験」ですが、

今作の設定と同じように看守と囚人に分かれて実験を行うと、時間が経つにつれ自分の立場にあった行動をするようになったそうです。

それにしても、ほんと今作「エクスペリメント」は事実に忠実に制作されています。

スポンサーリンク

実際の実験と映画内の実験は全く同じと言っても過言ではないレベルです!!

もっと詳しく知りたい方はこちらのリンクにまとめられているので、見に行ってみてください^ ^

https://ja.wikipedia.org/wiki/スタンフォード監獄実験

ちなみにこの事件によって得られたのは、

「強い権力を与えられた人間と、なんの力も持たない人間が狭い空間で常に一緒だと、次第に理性の歯止めがきかなくなってしまう。」

「しかも元の性格は影響していない」

この2つが発覚したようですね!

果たしてわざわざ実験してまで知る必要のあることだったのでしょうか?w

 

エクスペリメントのキャストは?

今作「エクスペリメント」には他作品でも見た事のある俳優が数人出演していましたが、今回は2人ほど紹介したいと思います^ ^

 

トラヴィス役 エイドリアン・ブロディ

ウィキペディアより引用

1973年4月14日 アメリカ合衆国 ニューヨーク クイーンズ区 生まれ

今作「エクスペリメント」では「トラヴィス」を演じています。

私は彼の出演している作品を見たことが今作以外には多分ないと思うのですが、どうやら「戦場のピアニスト」という作品で賞を受賞し、今作を見ている人の中にも「戦場のピアニストが良かったから見た」みたいな意見も複数見られますね✨

 

子供の頃は不良たちと交流があり、それをよく思わない両親が強制的に演劇学校へと入学させたのが、彼をこの道に進ませるきっかけとなりました。

そして1986年にテレビ映画でデビューを果たし、1988年には映画「Home at Last」にて映画デビューも果たします。

それ以降も映画には出演していたようですが、2002年に公開された「戦場のピアニスト」まではそこまで注目を浴びていないようです💦

そんな彼の代表作は、

「サマー・オブ・サム」「シン・レッド・ライン」「戦場のピアニスト」「ヴィレッジ」「キング・コング」「プレデターズ」「グランド・ブタベスト・ホテル」

これらの作品が上がっています。

興味のある方はぜひ見てください♪

 

バリス役 フォレスト・ウィットニー

ウィキペディアより引用

1961年7月15日 アメリカ合衆国 テキサス州 ロングビュー 生まれ

今作「エクスペリメント」では「バリス」を演じています。

彼は他の作品でも何度か見たことがあります👍

個人的には「パニック・ルーム」でのイメージが強いですが、たくさんの有名作品に出演している経歴があります。

 

もともとはオペラ歌手を目指し、南カリフォルニア大学に編入し、舞台とテレビドラマへの出演を経て、1982年に「初体験/リッジモンド・ハイ」で映画デビューを果たします。

そのあとに出演した作品でも演技力を評価され、俳優としての評価をあげつつ、監督や脚本も担当していました。

才能の塊と言っても過言ではないですね👍

いくつも主演男優賞を受賞している「フォレスト・ウィットニー」氏ですが、そんな彼の代表作は、

「プラトーン」「バード」「クライング・ゲーム」「スモーク」「パニック・ルーム」「フォーン・ブース」「ラストキング・オブ・スコットランド」「大統領の執事の涙」「96時間/レクイエム」「メッセージ」「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」「ブラックパンサー」

これらの作品が上がっています。

ブログ内で紹介している作品もありましたので、ぜひ見にきてくださいね♪

フリーランサー NY捜査線/汚職の極み!!

 

エクスペリメントの結末

結末としては「うーん」ですね。。。

まあ事実に基づいて制作されているため仕方がないのかもしれませんが、1人だけほんと救われない人物がいました💦

それ以外、結末に関してこれと言ってお話しすることはありませんね!

ただ1つ、刑務所からバスに乗って帰るシーンで、囚人側にいた男性が「トラヴィス」に対して、

「これでもサルより進化していると思うか?」

と発言するところが、非常に感慨深いですね。

確かに今作を見ると、人間も動物もほんと変わりないんだな…と思ってしまいます。

根本的な部分は進化していないのかもしれませんね!

 

まとめ&評価

これで「エクスペリメント」のレビューは終了です。

以前見たことのある作品だったので、所々覚えている部分はありましたが、それでも楽しめた作品でした。

「生きている人間が一番怖い」

改めてそんな風に考えさせられる作品でしたし、現実世界で起きている「いじめ問題」などもこれに関連しているのだと思いますね!

結局のところ、人間は進化しきれていないのでしょう💦

 

エクスペリメントの評価は?

最後に今作「エクスペリメント」に評価をすると3.5/5.0です。

まだ見たことのない方にはぜひ見て欲しい作品だと思いますね!

よく似た設定の作品はいくつかありますが、今作ほど狂気に満ちている作品は少ないのではないでしょうか?

私は今作の基となっている「es(エス)」が気になって仕方ないですw

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ