ワイルド・スピード/速い=正義

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ワイルド・スピード」です。

 

ワイルド・スピードの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ワイルド・スピード」は、2001年に製作された「カー・アクション作品」です。

 

製作年:2001年

製作国:アメリカ

監督:ロブ・コーエン

脚本:ゲイリー・スコット・トンプソン , エリック・バーグクィスト , デヴィッド・エアー

製作:ダグ・クレイボーン , ジョン・ポーグ

出演キャスト:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット) , ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー) , ミシェル・ロドリゲス(レティ) , ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット) , リック・ユーン(ジョニー・トラン) , チャド・リンドバーグ(ジェシー) , ジョニー・ストロング(レオン) , マット・シュルツ(ヴィンス) , テッド・レヴィン(タナー巡査部長) , ジャー・ルール(エドウィン)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話していきたいと思います^ ^

 

ワイルド・スピードのあらすじ

ある夜…。

ロジャーズ運送宛に届いた荷物を運送中のトラックが、謎の集団に襲われた。

その集団はトラックごと荷物を盗み、姿を消した。

 

派手な色のスポーツカーを運転する男 

その男の名は「ブライアン」

トレットの雑貨とカフェという店に訪れた「ブライアン」

「ブライアン」は3週間連続でこの店に訪れていた。

「ブライアン」の目的はこの店を経営している「ミア」だった。

「ブライアン」がサンドイッチを食べていると派手な色の3台のスポーツカーが現れた。

その内の1人の男と喧嘩になった。

ちょっかいを出したのは「ブライアン」ではなく、相手の方だったが、「ブライアン」が働いている場所の名前を見たこのグループのボスである「ドミニク」は、「お前はクビだ」と伝えた。

実は「ブライアン」が働いている車屋の広告塔をしているのは、この「ドミニク」だった。

 

その夜…。

「ブライアン」は走り屋たちが集まる違法なストリートレースの会場に来ていた。

「ブライアン」の目的は「ドミニク」とレースをすることだった。

スポンサーリンク

参加費2000ドルのレースに、現金を持っていなかった「ブライアン」は車の権利書をかけて参加した。

本来なら参加出来ない「ブライアン」だが、「ドミニク」を説得し、レースに参加した。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

ワイルドスピードの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「安定して面白い」です。

この作品は今まで数えきれないほど見ており、個人的におすすめする作品の中にもランクインする作品です。

今回は割と久しぶりの鑑賞ということでしたが、やっぱり面白かったです^ ^

ちなみにですが、私は車にはあまり興味がありません。

「この車かっこいいな〜」とか「こんな車が欲しい」という気持ちはありますが、それを改造したいとか、早く走りたいとかは全くない人間です。

今作はそんな私が見ても満足のできる作品です♪

内容自体は特別変わったことのない作品で、連続で起こっているトラック強盗の犯人を捕まえるために、警察官の「ブライアン」が、犯人と思われる人物の近くに潜入し、「囮捜査」を行うといった内容です。

これにプラスの要素として、「カーアクション」はもちろんのこと、「恋」「友情」「家族の絆」「殴り合い」といった内容が入っている作品なので、私は車に興味がなくても楽しめる作品だと思いました。

 

そして1つ今作を見ていて個人的に嬉しかったのは日本車が取り上げられていることです!!

車に興味のない私ですが、やはり自分の国で作られたものが、海外で人気のあるもので、それが評価されているというのは「嬉しいな」と感じました^ ^

実際に今作に登場する車を乗っている人はなおさら嬉しいのではないかと思います♪

 

あと最後に、今作に登場するような「違法ストリートレース」は、存在するのか気になりネットで調べたところ、なんと実際に存在するようです!!

しかも「ドミニク」が好んでいる「ゼロヨンレース」も実際に行われているというので、機会があれば実際に見てみたいです♪

 

まとめ

これで「ワイルド・スピード」のレビューは終了です。

この作品のネット上の評価を見ていると「ただの不良映画」や「車好きしか楽しめないB級作品」といった声もあるようですが、個人的には全くそんな風には思わない作品です!!

実際、私は車に興味がないにもかかわらず楽しめています。

興味があるが見たことないという方にはぜひおすすめしたい作品です^ ^

逆にこの映画をきっかけに車に目覚めるという方がいるかもしれませんが、くれぐれも法に触れるようなことにはならないでくださいね!笑

この作品に評価をすると4.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ