『Netflixオリジナル』クリスマス・カレンダー/かけがえのない友人と大好きな仕事

引用:https://www.rbbtoday.com/article/2018/11/03/164912.html

 

ども、ライです♪

今回は「クリスマス・カレンダー」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

 

クリスマス・カレンダーの予告編

 

 

クリスマス・カレンダーの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:95分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:The Holiday Calender

監督:ブラッドリー・ウォルシュ

脚本:Amyn Kaderall

制作:

出演キャスト一覧

・カット・グレアム(アビー)

・クインシー・ブラウン(ジョシュ)

・イーサン・ベック(タイ)

・ロン・シーファス・ジョーンズ

・ジェネル・ウィリアムズ

・ローラ・デカートレット

 

 

クリスマス・カレンダーのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「いまの時期にぴったり」です。

映画「クリスマス・カレンダー」は2018年に制作された作品で、カメラマンを夢見る女性「アビー」が、ある日、祖父から譲り受けたアンティークのクリスマスカレンダーが「アビー」の人生に大きな変化をもたらす姿が描かれた「ラブストーリー」です。

また、今作「クリスマス・カレンダー」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

クリスマス・カレンダーのざっくりあらすじ紹介

カメラマンを目指す「アビー」だったが、才能はありながらも、なかなかそれだけで食べて行くことができない。

つまらない仕事をしながら、現状にもがいている「アビー」だったが、彼女は夢を諦めきれずにいた。

 

 

ある日。

親友であり、カメラマンでもある男性「ジョシュ」が、「アビー」の元へと帰ってくる。

世界を旅しながら写真を撮っていた「ジョシュ」が帰ってきて、再会を喜び合う2人。

 

 

その夜。

「アビー」は家族が集まるパーティーに招かれる。

もうすぐクリスマスということもあって、パーティーの飾り付けはクリスマスムードでいっぱい。

そんなパーティーの最中、祖父に呼び出された「アビー」

祖父は「アビー」にあるモノを差し出す。

それは「アビー」の祖母が大事にしていた形見の「クリスマスカレンダー」だった。

 

 

祖母の形見を受け取った「アビー」は、そのカレンダーを自宅へと持ち帰る。

その翌日。

目を覚ました「アビー」は、カレンダーの一部がトビラのようになっており、そのトビラが開き、中にブーツのフィギュアが入っていることに気がつく。

このことをあまり深く考えなかった「アビー」は、仕事へと向かうも、職場にきた「ジョシュ」からブーツをプレゼントされる。

今朝のカレンダーのことが気になる「アビー」だったが、この時はまだ「ただの偶然」としか考えていなかった。

 

 

その翌日。

「今日は何のフィギュアが出てくるのだろう」

と、楽しみにしていた「アビー」だったが、今日はクリスマスツリーのフィギュアが出てきた。

その日の夜。

街を車で走っていた「アビー」の目の前で、反対車線を走っていた車がクリスマスツリーをすれ違いざまに落とし、それをきっかけに「タイ」という名の男性と出会う。

 

 

こうして毎日、カレンダーからでてきたフィギュアに関連した出来事が起こる日々を過ごす中で、「アビー」はカレンダーが特別なモノだと信じざるを得なくなる…。

 

 

クリスマス・カレンダーの感想 いまの時期にぴったり

今作「クリスマス・カレンダー」は、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今年もついにこの時期が来ましたね。

毎年、12月が近づいてくると、クリスマスに関連した映画が公開されたり、過去に公開されたクリスマス関連の映画が見直されたりしていますが、今年もクリスマスの予定は1人でサビシマスのわたくし「ライ」が、みなさんの前を通りますw(ちなみにサビシマスは3年連続ですw)

スポンサーリンク

 

 

まあわたしの話はさておき、今作「クリスマス・カレンダー」には、大人気海外ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で一躍有名となり、2018年に公開され賛否が非常にわかれた「Netflixオリジナル作品」の「すべての終わり」にも出演していた「カット・グレアム」さんが主人公「アビー」を演じています^^

『Netflixオリジナル』すべての終わり/評価が真っ二つ!?

2018.07.14

ちなみに正しい名称は「カテリーナ・グレアム」だそうですが、「カット・グレアム」と表記されることもあるそうです。

 

 

王道のラブストーリー

今作「クリスマス・カレンダー」ですが、あらすじでも紹介しているように、主人公「アビー」はカメラマンを夢見る女性です。

しかし、なかなか上手くいかず、そのことに不満を感じる日々。

そんな彼女が「魔法のカレンダー」を手にしたことにより、彼女の生活に変化が訪れます。

 

 

カレンダーをきっかけに、イケメンで開業医の男性「タイ」と出会い、幸せな生活を手にいれるのですが、ある時、そんな現状に違和感を感じます。

「アビー」には親友「ジョシュ」がこれまでずっとそばにいたのですが、気がつくと「ジョシュ」との約束を破って、「タイ」を優先してしまっている。

目を覚ました「アビー」は「タイ」と別れを決意し、運命の相手は「ジョシュ」だったと気がつく…。

 

 

実際に作品を視聴していれば、この展開はまず予想できてしまいますw

というのも、「アビー」と「ジョシュ」の距離感が近すぎるんですよねw

いくら親友だと言っても、距離感が異常ですからw

 

 

魔法のカレンダーをきっかけに運命の相手を見つけることに成功し、それに+自身の夢も叶う…とにかくすべてが王道だとわたしは思います。

それ以上もそれ以下もありません。

「王道ラブストーリー」

これに限りますねw

 

 

だからと言ってつまらないワケではありません。

王道ではありながらも、満足できるクオリティの作品ではあると思います^^

「ストーリー展開がわかっていながらも楽しめる」

という意味では、良作だとわたしは思います。

 

 

あと、「ラブストーリー」だとわたしは紹介しましたが、わたし自身、「ラブストーリー」はあまり好きではありません。

というのも、ドロドロした内容の作品を視聴すると、わたしの汚れた心が出てくるんですよね…w

「現実はそんなわけがない!」

「綺麗ごとばかり言うなよ!」

なんて風に。。。。

すいませんw

 

なので、個人的には「ラブコメ」ぐらいがちょーどいいんですよ^^

今作「クリスマス・カレンダー」に関して「コメディ」はありませんが、かるーい感じのラブストーリーなので、男女問わず楽しく視聴できるのではないかと思いますね!

 

まとめ&評価

これで「クリスマス・カレンダー」のレビューは終了です。

王道ではありながらも、わたしは楽しめた作品でしたね♪

普段は「ラブストーリー」を全く視聴しないわたしですが、「Netflixオリジナル」として公開されている「ラブストーリー」は比較的視聴しやすい作品が多いように思います^^

今作「クリスマス・カレンダー」もまさしくそれらと同じでした。

 

 

あと、親友の「ジョシュ」

彼がいいやつすぎたので、わたしも彼のような男性にならないとと思わされましたねw

 

 

クリスマス・カレンダーの評価は?

最後に、今作「クリスマス・カレンダー」に評価をすると3.5/5.0です。

クリスマスまで残すところ1ヶ月と少し。

タイミング的にもぴったりで、なおかつ家族で見ても、恋人と見ても楽しめるクオリティ。

個人的にはオススメする作品ですね!

一足早くクリスマスムードを味わってください^^

サビシマス予定のわたしですら、クリスマスが待ち遠しくなりましたw

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ