『Netflixオリジナル作品』天下無敵のジェシカ・ジェームズ/夢追う変人!?

『Netflixオリジナル作品』天下無敵のジェシカ・ジェームズ/夢追う変人!?

天下無敵のジェシカ・ジェームズ 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

 

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」です^ ^

 

*作品情報

・予告編はこちら

 

この作品「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」は、2017年に制作された作品で、「ジェシカ・ウィリアムズ」演じる「ジェシカ・ジェームズ」は恋人との別れにより心に深い傷を負った売れない脚本家の姿を描いた「コメディ・ドラマ作品」です。

また映画「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:85分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:The Incredible Jessica James

監督:ジェームズ・C・ストラウス

脚本:ジェームズ・C・ストラウス

制作:?

出演キャスト:ジェシカ・ウィリアムズ , キース・スタンフィールド , クリス・オダウド , ノエル・ウェルス , ミーガン・ケッチ , ザブリナ・ゲバラ

スポンサーリンク

・あらすじ

辛い失恋から立ち直れずにいるNYの劇作家。渋々参加したブラインドデートで、バツありアプリデザイナーと知り合うが…。恋と別れに傷つき悩む大人達に贈る物語。

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:http://www.netflix.com/jp/title/80171022

スポンサーリンク

*感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で言うと「大人の女性向け?」です。

この作品「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」はこの記事の初めでもお話ししたように、2017年に制作された作品で、「ジェシカ・ウィリアムズ」演じる「ジェシカ・ジェームズ」は恋人との別れにより心に深い傷を負った売れない脚本家の姿を描いた「コメディ・ドラマ作品」です。

また映画「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

天下無敵のジェシカ・ジェームズ 内容

ではまずはじめに映画「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」の内容についてざっくりと説明すると、

愛する恋人と別れ、失恋から立ち直れずにいる売れない脚本家「ジェシカ・ジェームズ」

「脚本家」としてもなかなか芽が出ず、プライベートも充実していない「ジェシカ」は、友人からバツイチの男性を紹介される。

この男性との出会いをきっかけに、「ジェシカ」の人生は良い方向へと進み始める。

 

みたいな作品です^ ^

 

・大人の女性向け?

そんな今作「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」ですが、

私がこの映画を見つけたきっかけとしては、

「なんだか今日はコメディ映画が見たいな〜」

という気持ちで、Netflix内をサーフィンしていると、

今作が目にとまり、何か惹かれるものを感じて見るに至りました。

初めこそは私の希望通りの展開で、軽く下品ではありますが、そこまで下品なタイプのコメディでもなく、

下ネタが好きな方でも嫌いな方でも楽しめる「コメディ映画ではないかな?」と思いつつ見れていました^ ^

ただ、そんな私の気持ちに答えてくれているのも序盤だけで、

時間が経つにつれて方向性が変わって行き、気がつけばただの良い話へ…。笑

別に良い話が悪いわけではありません!!

仕事とプライベートに行き詰まった女性が、一人の男性と出会った事をきっかけに色々と変わり始め、最終的には夢も叶ってしまうみたいな内容の映画だったので、

好きな人は今作「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」を良作だと判断する作品だと思います。

でも、個人的には素直にそう言える映画ではありません^^;

私は笑える作品が見たかったにもかかわらず、「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」では「コメディ要素」がおまけと言っても過言ではないかと思ってしまうレベルです。

夢を追い奮闘する人の姿を描いている映画であり、「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」で「コメディ」はメインではなく、おまけだと思っていただければ良いかと…。

「あらすじ」にも書いているように、

「恋と別れに傷つき悩む大人達に贈る物語」

これに当てはまる方には良い作品ではないかと思います^ ^

少なくとも私はこれに当てはまりませんし、正直なところ「これに当てはまる男性の方は少ないのではないかな?」

私は「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」に対して、そんな風に感じてしまう映画でした。

男性ウケよりも女性にウケる作品だと私的には思うので、

個人的には「恋と別れに傷つき悩む女性達に贈る物語」

だと思います^ ^

 

天下無敵のジェシカ・ジェームズ キャストは?

今作「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」のキャストについてですが、

まず一人目「ジェシカ・ウィリアムズ」さんについて説明します^ ^

http://muzul.com/ja/celebrity/jessica-williams/

 

1989年7月31日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州生まれ

この方に関する情報がどうも少ないようで、wikiを見ても英語版しかないという、

全く英語がダメな私にとってかなり辛い展開となっているのですが、

「ジェシカ・ウィリアムズ」さんを見た印象としては、

「身長高すぎ!!」

まずはこれですね!笑

多分、180センチを超えているのではないかと思います^^;

共演している男性陣よりも余裕で背が高く、もはや同じ人には思えないレベルです。笑

身長だけでもキャラが濃いのに、それ+ドレッドヘア?と鼻ピアスという個性が強い、というか個性でしかない方だなと思いました^ ^

 

「ジェシカ・ウィリアムズ」さんが出演している他作品で、それなりに評価が高い作品だと、

「男ゴコロはマンガ模様」というタイトルの作品があるようです。

まさかの監督も同じのようなので、気になる方はチェック♪

また2018年に公開予定の「ファンタスティックビースト」にも出演の予定みたいです^ ^

「ファンタスティックビースト」に関しては1作目はこのブログ内でもレビューしており、良い作品だったので個人的には興味津々です!!

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の感想記事へのリンクも貼っておくので、興味のある方はぜひ♪

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

 

次は「キース・スタンフィールド」氏についてです^ ^

http://po-co.net/?p=18602

 

1991年8月12日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンバーナーディーノ生まれ

この方も洋画を見ているとちょいちょい見かけた方がある方ですが、

個性というか印象としては、

「黒人らしくない黒人」

そんな方なんですよね!笑

私の黒人の方のイメージとして、

「鍛えていなくてもマッチョ」

そんなイメージを持っていたのですが、

「キース・スタンフィールド」氏に関してはひょろひょろなんですよね。笑

完全に私の中でも黒人のイメージが崩れた瞬間でした。笑

ちなみに「キース・スタンフィールド」氏が出演している映画を紹介すると、

「パージ:アナーキー」と「Netflixオリジナル版 デスノート」に出演しています^ ^

「パージ・アナーキー」での印象は特にないのですが、

「デスノート」では「L」役を演じており、原作とのミスマッチ感を強く感じた事を覚えています^^;

それに関しては「キース・スタンフィールド」氏が悪いのではなく、キャストを決めた人たちが悪いので仕方ありませんが、個人的にはそのイメージが強く残っています。笑

ちなみに「パージ:アナーキー」も「Netflixオリジナル版 デスノート」も過去にこのブログ内で紹介しているので、興味のある方はぜひ♪

DEATH NOTE デスノート

 

パージ:アナーキー

 

そして最後は「クリス・オダウド」氏についてです^ ^

http://this-californialife.com/mooneboy_tv/

 

1979年10月9日 アイルランド スライゴ生まれ

この方もちょくちょく見かける俳優さんですね♪

一番最近だと、先月(2018年2月)に公開した「クローバーフィールド パラドックス」にも出演していましたし、

そのほかにも「ガリバー旅行記」や「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」にも出演していました^ ^

これといって華があるわけでも、特別演技が上手というわけでもありませんが、好きな方の俳優さんです。

ちなみに「クローバーフィールド パラドックス」と「マイティー・ソー/ダーク・ワールド」も過去にこのブログ内で紹介しているので、興味のある方はぜひ♪

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

クローバーフィールド パラドックス

 

天下無敵のジェシカ・ジェームズ 結末

そして最後に「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」の結末についてですが、

正直言って「パッ」としない結末だと私は思います^^;

別に悪くはなく、「元カレ」を吹っ切り、新しく出会った男性といい方向へ向かい始め、夢だった脚本家への道も開き始める…。

みたいな結末でしたが、そこは映像化せず、

「察してくれ」みたいなラストだったので、なんだか腑に落ちないと私は感じました^^;

どうせならちゃんと映像にして欲しかったと私は思います。

スポンサーリンク

*まとめ

これで映画「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」のレビューは終了です。

悪くはないんですけどねぇ…。

なんか物足りない…。

そんな作品です^^;

ただ、「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」は1時間30分もない程度の映画なので、気になるのであれば見てもいいかと思います。

特に「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」を私は女性の方にはおすすめできる映画だと思っているので、

「あらすじ」にもあったように、

「恋と別れに傷つき悩んでいる大人の女性達」は抑えておく作品かもしれません^ ^

映画「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」の評価をすると3.0/5.0です。

また今作「天下無敵のジェシカ・ジェームズ」は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪