『Netflixオリジナル』熱力学の法則/楽しみながら、物理のお勉強 

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「熱力学の法則」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

熱力学の法則の予告編

 

熱力学の法則の作品概要

制作年:2018年

制作国:スペイン

上映時間:100分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:THE LAWS OF THERMODYNAMICS

監督:マテオ・ヒル

脚本:マテオ・ヒル

制作:

出演キャスト:ビト・サンス , ベルダ・バスケス , チノ・ダリン , ビッキー・ルエンゴ , アンドレア・ロス , イレーネ・エスコラル , ホセ・マリア・ポウ , ダニエル・サンチェス・アレバロ

 

熱力学の法則のあらすじ&感想

まず今作について一言で「映画でお勉強!?」です。

映画「熱力学の法則」は2018年に制作された作品で、物理学者であり、その中でも熱力学を専攻し、人間関係までも熱力学に置き換え、考えてしまう男性「マネル」の恋愛事情を描いた「ラブ・コメ作品」です。

また、今作「熱力学の法則」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

熱力学の法則のざっくりあらすじ紹介

物理学者であり、その中でも熱力学を専攻する男性「マネル」

彼は人生、そして人間関係までもが熱力学と関係していると考え、「すべての行動は、物理学の法則のもと起きている」と信じていた。

そんな少し変わった考え方をする「マネル」は、ある時、運命の女性「エレナ」と出会う。

「エレナ」はモデルであり、「マネル」とは何もかもが違う女性だったが、出会ってすぐに交際することになる。

しかし、何もかもが違う2人は、次第にすれ違いに始める。

外交的な「エレナ」と、内向的な「マネル」

2人の間に距離ができ始めた頃、「マネル」は大事なことに気がつき始める。

 

熱力学の法則の感想 映画でお勉強!?

そんな今作「熱力学の法則」ですが、「2018年8月31日」より動画配信サイト「Netflix」にて配信がスタートされた「Netflixオリジナル作品」です。

今週のネトフリオリジナルはスペイン映画です。

あいかわらずNetflixは、アメリカ映画以外もちょくちょく配信してきますねw

 

アタリとハズレの差が激しい印象にあるスペイン映画ですが、今作「熱力学の法則」に関してはどちらとも言えない。。。

というのも、今作「熱力学の法則」に関しては、感想云々の前に、少し変わった作品なんですよね!

スポンサーリンク

なぜそう感じたのか?

それは、今作のタイトルにもなっている「熱力学」

残念ながら学のない私は、熱力学のついて熱弁することはできないのですが、作品内でも言っているように「熱力学」は「物理学」の一分野だそうです。

そんな熱力学や物理学について学者が説明している映像を交えながら、物語が進んでいくんですよね!

ドキュメンタリー映画ではないのですが、ドキュメンタリーっぽい一面がある作品なんです。

これが、今作独自の制作法であり、新しいジャンルを垣間見たような気持ちになりました^^

 

はじめは、この制作方法に違和感を感じ、

ライ
ナニコレ?

状態の私がいましたが、次第にそんな感情は薄れていき、むしろ違和感だと感じていた部分を楽しみ始めている私がいました。

ただ、ちょっとしつこい感は否めない作品でしたね!

というのも、同じようなシーンを何度も巻き戻したり、その度に学者の説明が入るシーンが多々あったのですが、映画を見たいのに、もはや本編は映画ではない…後半はそんな気分になっている私がいました。

今作のような制作法を使った作品は、これまでにも存在しているのかもしれませんが、個人的には今回が初で面白い試みだと感じましたね!

ただ、

ライ
ただ、多用は控えてほしいな…

とは感じましたねw

 

あとは話すとすれば、主人公の「マネル」

彼を見ていると多数の方がイライラするでしょうw

「恋は盲目」なんて言葉もありますが、

ライ
そりゃ、振られるよw

としか思えないですw

私はあんな風にはならないよう気をつけないといけないですねw

 

熱力学の法則の結末は?

今作「熱力学の法則」の結末についてですが、無理やりハッピーエンドに持っていってる感のある結末ではありましたねw

そもそもハッピーエンドでなくてもよかったと私は思うのですが、今作のような結末だと色々とツッコミたくなってしまいますしね!

ぶっちゃけ、結末に関しては不満が残っていますw

 

まとめ&評価

これで「熱力学の法則」のレビューは終了です。

今回はかなり短めの感想記事となってしまいましたねw

悪い作品ではないんですけどね。。。

ただ、自身を持って良作だとも言えないんですw

その結果が、この短い記事だと思ってくださいw

 

熱力学の法則の評価は?

最後に、今作「熱力学の法則」に評価をすると2.5/5.0です。

発想は面白かっただけにもったいないのですが、ほんとそれだけなんですよね。

それ以上でも、それ以下でもありません。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ