メカニック/完璧すぎる男

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「メカニック」です。

 

メカニックの予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品は主人公「アーサー・ビショップ」が凄腕の殺し屋業を営む、「殺し屋アクション作品」です。

 

製作年:2011年

製作国:アメリカ

監督:サイモン・ウェスト

脚本:リチャード・ウェンク , ルイス・ジョン・カリーノ , マーク・アイシャム

製作:アーウィン・ウィンクラー , ロバート・チャートフ , アヴィ・ラーナー , ダニー・ディムボート , トレヴァー・ショート , ボアズ・デヴィッドソン

出演キャスト:ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ) , ベン・フォスター(スティーブ・マッケンナ) , ドナルド・サザーランド(ハリー・マッケンナ) , トニー・ゴールドウィン(ディーン・サンダーソン) , ジェームズ・ローガン(ホルヘ) , ミニ・アンデン(サラ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

メカニックのあらすじ

ルイジアナ州 ニューオリンズ

この男の名は「アーサー」

男はこの街で殺し屋業を営む凄腕の殺し屋だった。

今回の依頼の雇い主は長い付き合いのある「ハリー」という年配の男性

依頼を無事に終わらせた「アーサー」は、レストランで「ハリー」と会った。

 

翌日、次の仕事の打ち合わせのため、ある男の場所へ向かう。

そこで受けた次の依頼というのは「ハリー」を始末することだった。

 

その夜、「アーサー」は「ハリー」に電話をかけた。

「命を狙われているから逃げろ」と「ハリー」に伝え、無事に逃げれるよう指示を出し、車を置いている駐車場へと誘導する。

無事に駐車場まで逃げた「ハリー」だったが、地下にいたのは「アーサー」だった。

「アーサー」は依頼されていた通りに「ハリー」を始末した。

 

後日、「ハリー」が埋葬された墓へ「アーサー」は向かった。

その墓で「ハリー」の息子「スティーブ」と会った。

スポンサーリンク

「スティーブ」を自宅まで送り届け、「見せたいものがあるから家に寄って行ってくれ」と言われた「アーサー」は寄って行くことにした。

そこで2人はこの後について話し合った。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

メカニックの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「普通」です。

この作品では自分が殺した「ハリー」の息子「スティーブ」を、自分と同じように殺し屋として生きていけるように育て上げ、殺し屋稼業のパートナーとして共に依頼をこなして行くのですが、設定は割とありがちです。

ですが、単純に殺しを行うというよりも、殺し方にこだわりのようなものがあり、事故死や自然死に見せかけたりと割と凝っているのは良かった点だと思います。

そしてそれを弟子の「スティーブ」にも教え、師匠という立ち位置の「ジェイソン・ステイサム」の普段とは違った一面が見れる作品だと思います^ ^

 

次に今作で「アーサー」が一夜を共にした女性が、2度ほど登場するシーンがあるのですが、この女性が重要人物なのかと思いきや全く今作の内容に関係ありませんでした^^;

ベットシーンで1回、「アーサー」の弟子が殺す相手に近づくために飼ったチワワを最終引き取ってもらうというシーンで1回…。

「うーん、この女性の存在は必要?」となりました^^;

 

最後に終わり方についてですが、結局「アーサー」が自分の父を殺したということに気づいた「スティーブ」が、「アーサー」を殺そうとします。

ですが、それに気づいていた「アーサー」は逃げ切り、逆に「スティーブ」を殺すはめとなるのですが、できれば「仲良くして欲しかったな」と思いました^^;

結局「アーサー」は最後まで誰も信用しておらず、友人の息子ですら自分に危害を加えるのであれば始末するという徹底ぶりです。

個人的には残念な終わり方ではありましたが、殺し屋らしいといえばそうなのですがね。笑

 

まとめ

これで「メカニック」のレビューは終了です。

まあ普通としか言いようがない作品でしたが、見れない作品というわけではありません。

それなりに楽しめる作品だと思います^ ^

今作の「ジェイソン・ステイサム」は、「ステイサム」らしいクールな演技をしており、個人的には好きな「ステイサム」でした。

この作品「メカニック」に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ