ザ・ミッドナイトマン/カリコレ2018出典 豪華キャストに注目!?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ザ・ミッドナイトマン」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ザ・ミッドナイトマンの予告編

 

ザ・ミッドナイトマンの作品概要

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:93分

配信サイト:

原題:THE MIDNIGHT MAN

監督:トラヴィス・ザルーニー

脚本:トラヴィス・ザルーニー , ロブ・ケネディ

制作:

出演キャスト一覧

・リン・シェイ(アナ)

・ガブリエル・ハフ(アレックス)

・グレイソン・ガブリエル(マイルズ)

・エミリー・ヘイン(ケリー)

・ロバート・イングランド(ドクター)

 

ザ・ミッドナイトマンのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「海外版コックリさん!?」です。

映画「ザ・ミッドナイトマン」は2017年に制作された作品で、屋根裏で見つけた謎のゲームに参加してしまったことをきっかけに、化け物「ミッドナイトマン」に追われることになってしまう姿を描いた「ホラー作品」です。

 

ザ・ミッドナイトマンのざっくりあらすじ紹介

子供の頃に母を亡くした女性「アレックス」

彼女には祖母「アナ」がおり、1人で生活できる状況ではなくなった「アナ」のため学校を休学し、「アナ」の面倒をみる日々を過ごしていた。

理不尽な八つ当たりを「アナ」からされる「アレックス」だったが、「アレックス」は不満1つ言わず、「アナ」の面倒を見ていた。

 

今日も「アナ」から「手鏡を探して欲しい」と頼まれた「アレックス」は、「アナ」を寝かせた後、1人屋根裏で手鏡を探す。

手鏡を「アレックス」が探していると、背後に何やら人影が。

するとそこには「マイルズ」がいた。

「マイルズ」は古くからの友人であり、今日の22時に家へ来る約束をしていた。

手鏡を見つけた「アレックス」だったが、何やら厳重に“保管された箱”を見つける。

「マイルズ」と「アレックス」が興味本位で“箱”を開けると、中には複数のロウソクと写真、そして説明書のようなモノが入っていた。

説明書の内容を見る限り何かのゲームのようだった。

そのゲームをやってみたくなった「マイルズ」と「アレックス」は、説明書のとおりゲームを始めてしまう。

 

はじめは冗談半分で始めたこのゲームだったが、気がついた時には取り返しのつかないことに…。

 

ザ・ミッドナイトマンの感想 海外版コックリさん!?

今作「ザ・ミッドナイトマン」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルし、視聴した作品です。

完全にパッケージに惹かれてレンタルした今作「ザ・ミッドナイトマン」ですが、なんでも「カリコレ」とやらにて上映された作品だそうですね!

カリコレとは?
カリテ・ファンタスティック!シネマコレクションの略。数々の映画配給会社が協力し、夏に行われる祭典。

こんなイベントがあったとは全く知りませんでしたw

たくさんの映画が製作されながらも劇場公開されず、そのままスルー…そのような事態を避けるために2014年にスタートされたイベントだそうです^^

有名作品だけを上映するのではなく、B級なども上映するとのことなので、本当の映画好きが集まっていそうですね♪

機会があればぜひ行ってみたいと思います。

 

そんな「カリコレ」で上映され、「カリコレ」への参加をきっかけに今作「ザ・ミッドナイトマン」を知ったという方も多いようですが、ぶっちゃけた意見だと、

ライ
期待していたより…。

なんですよね…。

最近の海外ホラーでは「スレンダーマン」や「バイバイマン」と、「〜マン」系のホラー映画増えつつありますが、今作「ザ・ミッドナイトマン」も新たな「〜マン」の仲間入りとなるのでしょうw

今作「ザ・ミッドナイトマン」は、日本で言うところの「コックリさん」と似たような雰囲気となっていますね!

まだ子供だった頃、「コックリさんだけはやったらアカンよ!」と祖母に叱られたのを思い出したのですが、それの海外版とでも言いますか…。

「決められたルールにのっとり、ゲームをスタート。1度始めると、正しい終わらせ方をしなければならない。もしも、ルールを破ったら…」

スポンサーリンク

というのが、今作「ザ・ミッドナイトマン」なのですが、何が残念って「ミッドナイトマン」自身、ルールを破りよるんですw

これには思わず、

ライ
いやいやw

と。。。

「ミッドナイトマンは負けず嫌いなんだ!」

「時にはルールをねじ曲げてくるぞ!」

ライ
完全に私情ですやんw

とならざるを得ませんw

 

こうなってくると、もう怖くないんですよねw

ただのワガママっ子にしか思えません…w

しかも「ミッドナイトマン」は、よく喋るんですよ!これがまたなんと言いますか…。

しかも声がイケボなんですよねw

イケボを持ったワガママっ子のワガママを見る90分とでも言っておきましょうか?w

雰囲気や設定はそそるモノがあったのですが、時間が経てば経つほど、

ライ
一体、何を見せられているのか?w

なんて気分になってしまう作品ではありましたね!

 

キャストには注目!?

今作「ザ・ミッドナイトマン」のキャストですが、実は意外に豪華なキャストが起用されています。

ホラー好きであれば気がついている方も多いかと思いますが、そのキャストというのは、

「アナ」役を演じていた「リン・シェイ」と「ドクター」を演じていた「ロバート・イングランド」です。

 

「リン・シェイ」といえば、「インシディアアス」でご存知の方も多いのではないでしょうか?

そのほかにも、「エルム街の悪夢」や「テキサス・チェーンソー ビギンニング」などの有名ホラー映画に出演していますね!

 

そしてもう1人の「ロバート・イングランド」氏は「フレディ・クルーガー」役として非常に有名ですよね?

「フレディ・クルーガー」といえば、そう「エルム街の悪夢」に登場する殺人鬼です。

人の夢の中に現れ、夢の中でその人を殺せば実際にも死んでしまう…なんて日現実的なことを現実化させる殺人鬼として、当時はトラウマになった方も多いのではないでしょうか?w

 

で何が言いたいのかというと、キャストが豪華というのはもちろんですが、この2人「リン・シェイ」と「ロバート・イングランド」は「エルム街の悪夢」で共演しています。

そして今作「ザ・ミッドナイトマン」では、それ以来の共演だそうです。

「エルム街の悪夢」は1984年に公開されているので、約34年ぶりの共演ですね!

この事実には驚きました^^

 

ザ・ミッドナイトマンの結末は?

今作「ザ・ミッドナイトマン」の結末ですが、まあ先ほどもお話ししたように「ミッドナイトマン」をルールをねじ曲げる癖があるので、バッドエンドでしたねw

「深夜3時33分まで逃げ切れば助かる」

というルールだったのですが、「ミッドナイトマン」は時計をずらし、「3時33分を過ぎた」と安心したところを狙うというとてつもなく卑怯なヤツでしたねw

まあでも、前置きとして「ルールをねじ曲げる」と聞いていたので、なんとなく予想はできてしまったのですが…w

そして「全員が死亡」のバッドエンドから、空き家となった「アナ」の自宅を訪れた親子が、「ミッドナイトマン」のゲームに使うアイテムを持って帰るシーンが映され終了でした。

たぶん、人気がでれば続編を作る気なのでしょうねw

私は今作「ザ・ミッドナイトマン」だけで、腹いっぱいですw

 

まとめ&評価

これで「ザ・ミッドナイトマン」のレビューは終了です。

途中からホラー映画でなくなってしまったのが残念としか言いようがありませんw

「ミッドナイトマンが喋りすぎ」

「ルールをねじ曲げるほどの負けず嫌い」

この2つが問題ではないかと思いますねw

それ以外は、雰囲気も設定も悪くないと思いました^^

 

ザ・ミッドナイトマンの評価は?

最後に、今作「ザ・ミッドナイトマン」に評価をすると2.5/5.0です。

自身を持ってオススメできる作品ではありませんが、好きな人は好きな作品だと思いますね!

こういった作品は評価が分かれている印象があるので。

この記事は参考程度にしてもらえれば良いかと思います^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ