ソーシャル・ネットワーク/史上最年少の億万長者

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/ソーシャル・ネットワーク/337475/

ども、ライです♪

今回は「ソーシャル・ネットワーク」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ソーシャル・ネットワークの予告編はこちら

 

ソーシャル・ネットワークの作品概要

制作年:2010年

制作国:アメリカ

上映時間:120分

配信サイト:U-NEXT , Amazonプライムビデオ…etc.

原題:THE SOCIAL NETWORK

監督:デヴィッド・フィンチャー

脚本:アーロン・ソーキン

原作:ベン・メズリック 『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』

制作:スコット・ルーディン , マイケル・デ・ルカ , セアン・チャフィン , デイナ・ブルネッティ

出演キャスト一覧

・ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ)

・アンドリュー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン)

・ジャスティン・ティンバーレイク(ショーン・パーカー)

・アーミー・ハマー(キャメロン・ウィンクルボス/タイラー・ウィンクルボス)

・ジョシュ・ベンス(ボディダブル)

・ブレンダ・ソング(クリスティ・リン)

・ラシダ・ジョーンズ(マリリン・ダブリー)

・ジョゼフ・マゼロ(ダスティン・モスコビッツ)

・マックス・ミンゲラ(ディヴィヤ・ナレンドラ)

・ルーニー・マーラ(エリカ・オルブライト)

・ダグラス・アーバンスキ(ローレンス・サマーズ学長)

・ダコタ・ジョンソン(アメリア・リッター)

・トレヴァー・ライト(ジョシュ・トンプソン)

・ウォレス・ランガム(ピーター・ティール)

・ダスティン・フィッツシモンズ(フェニックス代表)

・パトリック・メイベル(クリス・ヒューズ)

・ジョン・ゲッツ(サイ)

・デヴィッド・セルビー(ゲイジ)

・シェルビー・ヤング(K.C.)

・マリース・ジョー(アリス)

 

ソーシャル・ネットワークのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「若き偉人の半生が知れる」です。

映画「ソーシャル・ネットワーク」は2010年に制作された作品で、世界的に有名なSNSサービス「facebook」を立ち上げた「マーク・ザッカーバーグ」の半生を事実に基づき描いた「ヒューマンドラマ作品」です。

 

ソーシャル・ネットワークのざっくりあらすじ紹介

2003年。

ハーバード大学に通う「マーク・ザッカーバーグ」はガールフレンドの「エリカ」に振られた腹いせに、ルームメイトの「エドゥアルド」とあるサイトを立ち上げる。そのサイトは「フェイススマッシュ」と言い、女子の名簿をハッキングし、ハッキングすることによって得た顔写真を「どちらが可愛いか?」という2択で好みの女子を選んで行くというサイトだった。

このサイト「フェイススマッシュ」は作成後すぐにとんでもない量のアクセスがあり、サーバーがパンクしてしまうほどのモノ。このパンクが原因でこのサイトを立ち上げたのが「ザッカーバーグ」だとバレてしまい、謹慎処分を受けるハメとなる。

スポンサーリンク

 

謹慎処分を受けた「ザッカバーグ」だが、反省をするどころか、「なぜこのサイトがウケたのか?」ということを考え、その理由が「身近な存在の女性のランキング」であり、それは学生たちにとって感心のあることに気づく。「ザッカーバーグ」は今回のウケた理由をヒントにし、誰でも気になる人に申請を送るだけで社交場を広げることが可能な「Facebook」の作成を始める。

 

ここで「ザッカーバーグ」は「Facebook」を作るためには「エドゥアルド」の力が必要だと思い、「エドゥアルド」の手を借りて「Facebook」の制作を始めた。「Facebook」の制作に夢中な「ザッカーバーグ」とファイナルクラブで有力な力を持った「フェニックス」のTOPに認められたいと必死になる「エドゥアルド」

元々は同じ方向に向かっていた二人だが、少しずつすれ違いが見え始める。

 

ソーシャル・ネットワークの感想 良かった点

まずは良かった点についてですが、単純に今まで何となく利用していた「Facebook」の制作の裏側が知れるので、それだけで面白いです。若き天才たちが、自分たちの持った知識や才能を駆使し、今までになかったものを作り上げていく…。

自分にもこんな才能があればなぁ…なんてことを考えている間に2時間が過ぎてしまいましたw

 

ソーシャル・ネットワーク 悪かった点

これといって悪い点はありませんでしたが、1つ気になったことでいうと「終わり方が急すぎる」と私は感じました^^;

 

実話を元に作成された作品なので、オチが綺麗ではないというのは仕方ないとは思いますが、正直急展開すぎます。。。「Facebook」を立ち上げるにいたって様々なトラブルが発生し、訴訟問題にも発展するのですが、訴訟問題に対してお互いの弁護士を通しながら話し合いをしているにもかかわらず、「最終どうなったか?」という部分は映像ではなく、文章で説明されるというラストでした^^;

時間を気にせずみていたので「もうすぐ終わりかな?」なども考えておらず、急に終わる方向に進んでいったので、どうせなら「映像にしてほしかった」というのが私の意見ですね。

 

まとめ

これで「ソーシャル・ネットワーク」のレビューは終了です。

先ほども言いましたが、実話を元に作成されているが故に「中途半端」な部分も確かにありますが、興味があるのであれば見てみることを私はおすすめします。

史上最年少の億万長者と言われる「マーク・ザッカーバーグ」が今の地位に至るまでをこの作品を見ることで、理解することができますよ!

この作品に評価をつけると3.5/5.0といったところです^ ^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ