ターミネーター THE TERMINATOR/機械と人間の戦争が幕を開ける

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ターミネーター THE TERMINATOR」です。

 

ターミネーター THE TERMINATORの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ターミネーター THE TERMINATOR」は、1984年に製作された「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演の「SF・アクション作品」です。

 

製作年:1984年

製作国:アメリカ

監督:ジェームズ・キャメロン 

脚本:ジェームズ・キャメロン , ゲイル・アン・ハード

製作:ジョン・デイリー , デレク・ギブソン

出演キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター) , マイケル・ビーン(カイル・リース) , リンダ・ハミルトン(サラ・コナー) , ポール・ウィンフィールド(エド・トランクスラー警部補) , ランス・ヘンリクセン(ブコヴィッチ) , アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン) , ベス・モッタ(ジンジャー) , リック・ロソヴィッチ(マット) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

ターミネーター THE TERMINATORのあらすじ

ロサンゼルス2029年

意思をもった機械と人間との戦争が行われていた。

 

1984年 ロサンゼルス

3人の若者の前に裸の男が現れた。

裸の男は若者に服を渡すように命令した。

だが命令に従わなかった若者から、無理矢理服を剥ぎ取った。

 

その頃…。

別の場所でまたしても裸の男が現れた。

そのおとこはホームレスからズボンを剥ぎ取り、そこにたまたま現れた警察から逃げた。

上手く警察を撒いた男は、パトカーから銃を盗み逃走した。

男は公衆電話にある電話帳から「サラ・コナー」という人物の名前を探し、その場を後にした。

 

後日…。

若者から服を奪い取った男は、車を盗み、ガンショップへと向かった。

その男は店の店主を撃ち殺し、銃を奪っていった。

この男も公衆電話へ向かい、電話帳から「サラ・コナー」の居場所を探した。

スポンサーリンク

男は「サラ・コナー」の元へと向かった。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てください^ ^

 

ターミネーター THE TERMINATORの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「やはり名作だな」です。

「ターミネーターシリーズ」は、今では私が知っている限りで「6作」にも渡って継続されている作品であり、「今作を知らない人はいないのでは?」と言っても過言ではないほどの有名作品です。

今回はそんな有名作品の原点を改めて見てみようと思い、先ほど見終わったので感想を述べて行きたいと思います^ ^

この作品が製作されたのは、1984年とのことですが、実は私はまだ産まれていません。笑

私は1993年産まれなので、その9年前の作品です。

このころはまだ今ほど「映像技術」は発達していなかったのだろうと思います。

その割に今作の映像技術はこれだけ技術の発展した今でも全然見れる作品なので、製作された時代を考えるとかなりの努力の賜物だろうなと思わざるを得ませんでした^^;

「映像技術」が発展していない分、「シゥワルツェネッガー氏」そっくりの人形を製作し、それを用いているシーンなども確認できました。

人形を用いることによって、見た目の質感などに違和感を感じますが、逆にそれがリアリティーを演出しており、より「ロボット感」を強く演出できています^ ^

 

内容に関しては「ターミネーターシリーズ」の初作ということで、まあ特に言うこともなく、シリーズを見るのであれば、「この作品は必ず見ておくべき!」とだけは言っておきます。

あと、今作の時代背景は結構気に入っています♪

製作された時期が1984年ということもあり、登場人物の見た目がいかにもな感じで、いい感じにダサいです。笑

これは今だからこそそう感じるのだと思うのですが、この時代にはこれが流行りのファッションだったのでしょうし、その時代背景が強く感じられる今作は「ウケる人には間違いなくウケる」のだろうと思います^ ^

 

まとめ

これで「ターミネーター THE TERMINATOR」のレビューは終了です。

まあ言わずも知れた名作中の名作であり、今更レビューするというのも少し難しかったのですが、もしまだ見たことのない方がいるのであればおすすめします♪

これだけ「映像技術」の発展した今だからこそ、我々見る側の人間が原点回帰することによって、改めて今作の素晴らしさが感じられるのではないかと思います。

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

若かりし頃の「シュワルツェネッガー氏」を久々に見てはいかがでしょうか?^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ