悪女/AKUJO/父の仇

アマゾンより引用

ども、ライです♪

今回は「悪女/AKUJO」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

悪女/AKUJOの予告編

 

悪女/AKUJOの作品概要

制作年:2017年

制作国:韓国

上映時間:124分

配信サイト:

原題:The Villainess

監督:チョン・ピョンギル

脚本:チョン・ピョンギル

制作:

出演キャスト:キム・オクビン , シン・ハギュン , ソンジュン , キム・ソヒョン , チョ・ウンジ , チョン・へギュン

 

悪女/AKUJOのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「アクション少なくない?w」です。

映画「悪女/AKUJO」は2017年に制作された作品で、育ての親であり、夫でもあった男性を亡くした女性「スクヒ」が、大切な人を殺した相手に復讐したことをきっかけに激しい戦いへと巻き込まれていく姿を描いた「アクション作品」です。

 

悪女/AKUJOのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「悪女/AKUJO」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

大好きな父を目の前で殺された女性「スクヒ」

復讐を誓う「スクヒ」の前に現れた犯罪組織のメンバー「ジュンサン」は、「スクヒ」のことを殺し屋として育て、自分を育ててくれた「ジュンサン」に想いを寄せるようになっていた。

そして2人は結婚するも、結婚してすぐ「ジュンサン」は敵対組織に惨殺されてしまう。

 

「ジュンサン」を殺された「スクヒ」は敵対組織に単身で乗り込み、数十人の構成員たちを1人で始末する。

全員始末することに成功した「スクヒ」だったが、敵対組織の建物を脱出したところで国家組織によって拘束されてしまう。

 

「スクヒ」が次に目を覚ましたとき、そこは見知らぬ場所だった。

現状を理解できない「スクヒ」は、拘束されていた施設から脱出を図るも、国家組織によって再度確保されてしまう。

そして自分がなぜここにいるか理由を聞かされ、自分のお腹には子供を授かっていることを知る。

お腹の子供は「ジュンサン」との間の子供であり、我が子を守るために国家組織の言うことを聞くしかなかった。

 

国家組織に与えられた任務を達成すれば、この施設から出ることができ、なおそのあとの生活も保証して貰えるということから、「スクヒ」は訓練を積み、任務までこぎつける。

任務を無事に達成し、大切な我が子を連れ施設から出ることができた「スクヒ」

 

そして大2の人生を歩むべく、新たなる人生をスタートさせた「スクヒ」は、新たなる運命の男性と出会う。

その男性と結婚しながら、国家組織より与えられた任務に準ずる生活を送る中で、「スクヒ」はとんでもない事実を知ることになる。

果たして「スクヒ」が知った事実とは…?

 

悪女/AKUJOの感想 はじめだけ…

そんな今作「悪女/AKUJO」ですが、先日レンタルビデオ点「TSUTAYA」にてレンタルした作品です✨

ちなみに今作は新作コーナーの一番目立つところに陳列されており、評価も良い作品のようなのでTSUTAYA的にも今イチオシの作品なのでしょうね!

レンタルが開始されたのが「2018年6月21日」なので、まだしばらくは新作扱いとなるでしょう。

レンタルを考えている方は、ぜひ知っておいてくださいね^^

 

今作「悪女/AKUJO」はアクション映画なのですが、アジア圏のアクションでは1.2を争うのが韓国ではないでしょうか?

評価も良く、韓国のアクション映画ということからも私の胸は期待に膨らんでいました♪

そんな私の期待に答えてくれていたのは一番はじめのところだけ…。笑

はじめはほんと凄いです!

まるでパルクールなんです!!

一人称視点のアクションシーンから始まり、たった1人で何十人もの敵対組織の構成員たちをバッタバッタとぶっ倒してきます♪

一人称視点のアクションシーンがあるというだけでも珍しい作品ですよね👍

迫力がありすぎて、思わず画面酔いするかと思いましたw

ただ、たった1人の女性が数十人の屈強な男たちを倒すのは流石に無理があるような気もしましたが、まあそれは許しておきましょうw

スポンサーリンク

 

ところが、「スクヒ」が政府組織に捕まってからは全く違う作品になってしまいます💦

はじめの任務を成功させて、普通の生活を送るようになってからはなおさら別の作品になりますw

この辺が、正直求めていた作品とは違うんですよね…。

 

今作がTSUTAYAで入っていたケースや、公式のあらすじを見る限りバリバリのアクション作品のようなことを書かれているんですよ💦

それなのにいざ蓋を開けてみると。。。

なんですよねw

アクションよりもドラマ感がかなり強い作品ではありました。

この感じをどう取るかによって、評価もかなり変わってくるのではないかと思います。

念のため言っておくと、アクションシーンがないわけではないですよ?

ウェディングドレスでライフルを構えている「スクヒ」の姿は美しいですし、かっこいいです👍

 

ただ、それよりもドラマが強いって感じなんですよね。。。

これはこれでありなのかもしれませんが、私が求めていたのはアクションであり、ドラマじゃない。

この部分ですれ違ってしまったのは残念だと思います💦

 

あとはあれですね、今作では過去のシーンと現在のシーンが突然切り替わるところが度々あるですが、これもはじめのうちは理解できず、今はどっちの話なんだろう?となりましたね💦

突然、「スクヒ」の髪の毛がロングに変わるのですが、髪の毛がショートのときは「過去」、そしてロングのときは「現在」

まだ視聴していない方はこれを頭に入れた上で視聴してもらえればわかりやすいかと思います^^

 

悪女/AKUJOのキャストは?

今作「悪女/AKUJO」のキャストですが、実は詳しい情報がそこまでないんですよね💦

なので今回は「キム・オクビン」さんと「シン・ハギュン」氏の「役名」と「芸名」そして「出演映画」の紹介だけしておきたいと思います^^

 

スクヒ役 キム・オクビン

出演映画 ヴォイス(2005年) 阿娘(2006年) 多細胞少女(2006年) 渇き(2009年) 女俳優たち(2009年) 高地戦(2011年)

ジュンサン役 シン・ハギュン

すごい男たち(1998年) スパイ、リ・チョルジン(1999年) 反則王(1999年) タチマワLee(2000年) 共同警備区域.JSA(2000年) 復讐者に憐れみを(2001年) ガン&トークス(2001年) サプライズ(2002年) ムッチマ(聞かないで)ファミリー(2002年) 地球を守れ(2002年) 天国からの手紙(2003年) マイ・ブラザー(2004年) トンマッコルへようこそ(2005年) 親切なクムジャさん(2005年) 拍手する時立ち去れ(2005年) 礼儀なきものたち(2006年)My Son〜あふれる想い〜(2007年) ザ・ゲーム(2007年) 渇き(2009年) クイズ王(2010年) フェスティバル(2010年) カフェノワール(2010年) 高地戦(2011年) 10人の泥棒たち(2012年) ランニングマン(2013年) 純粋の時代(2015年)

こうやってみると、「渇き」と「高地戦」で2人は共演していますね✨

「渇き」も「高地戦」も評価の高い作品なので、興味のある方はぜひチェック視聴してみてください^^

 

悪女/AKUJOの結末は?

今作「悪女/AKUJO」の結末についてですが、実は今作のメニューページがとんでもないネタバレなんですよね💦

なので視聴前にこの記事を見た方は、メニューページを見ないよう気をつけてくださいw

まあそれはさておき、それでもわかりやすい結末ですけどね!

なんというかわざわざ触れるほどの結末でもないかな?って感じの結末です。。。

 

まとめ&評価

これで「悪女/AKUJO」のレビューは終了です。

なんだかやられた感のある作品でしたね💦

私が期待しすぎていたのでしょうか?w

でもかなりおされていたので、私と同じ気持ちになってしまっている方も多いのではないかと思うんですよね…。

なので過度な期待はしない方がいいと思います💦

わりとありきたりですw

新鮮なのははじめの一人称視点のアクションシーンだけですね!

それも5分ぐらいでしょうw

そんな作品でした。笑

 

悪女/AKUJOの評価は?

そして最後に、今作「悪女/AKUJO」の評価をすると3.0/5.0です。

評価が全てを語っているでしょうw

普通に楽しめる作品ではありますが、わざわざ新作で今借りる必要はない作品だと思いますね!

旧作になってからでもいいと思いますw

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ