『Netflixオリジナル』クローバーフィールド パラドックス/2つの世界が重なったその時…。

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「クローバーフィールド  パラドックス」です。

 

クローバーフィールド  パラドックスの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「クローバーフィールド  パラドックス」は2018年に公開された作品で、2008年に公開された「クローバーフィールド  HAKAISHA」から10年後を舞台に制作された「SF・ホラー作品」です。

また今作は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:102分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:God Particle/The Cloverfield Paradox

監督:ジュリアス・オナー

脚本:Oren Uziel

制作:J・J・エイブラムス

出演キャスト:ググ・バサ=ロー , デヴィット・オイェロウォ , ダニエル・ブリュール , エリザベス・デビッキ , チャン・ツィイー , クリス・オダウド

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

クローバーフィールド  パラドックスのあらすじ

本作の舞台はそう遠くない未来。世界中から集められた宇宙飛行士たちが、地球の深刻なエネルギー危機を解決するため、宇宙ステーションで実験を行っていました。しかしある事故により、その任務は予想外の事態に陥ります。宇宙に放り出された飛行士たちの運命は!?

Filmarks:https://filmarks.com/movies/71293

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「微妙…」です。

この作品「クローバーフィールド  パラドックス」はこの記事の初めでもお話ししたように、2018年に公開された作品で、2008年に公開された「クローバーフィールド  HAKAISHA」から10年後を舞台に制作された「SF・ホラー作品」です。

また今作は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

では早速、今作「クローバーフィールド  パラドックス」の内容について簡単に説明すると、

 

地球の資源が激減し、5年以内には資源が消滅すると言われていた。

限りある資源を奪い合うべく、世界中で戦争が勃発。

そんな地球を救うべく、数人の男女が「宇宙ステーション クローバーフィールド 」の乗組員となり、「シェパード加速器」の起動を試みるも失敗が続く…。

気がつくと2年もの月日が流れており、なかなかうまくいかない現状に乗組員たちもピリピリした空気が流れていた。

燃料も残りわずかとなっている「宇宙ステーション クローバーフィールド 」が起動を行えるのは残り3回…。

数え切れないほど失敗してきた起動実験だったが、今回は順調に進んでいき、起動成功に思えたメンバーたち。

しかし、突然オーバーロードが起こり、船内はめちゃくちゃになってしまう…。

宇宙船はボロボロになってしまい、至急修理しなければならない状況に。

しかし、このタイミングでなぜかレーダーから地球の存在が消えてしまった。

乗組員たちはパニックになりながらも、船長から「消えた地球の事が気がかりではあるが、何より自分たちが生き残る事を優先しろ」との支持を受ける。

船長の指示通り、船の修理を優先し、地球を探すのはその後にした。

修理をしていた乗組員たちは、船内で悲鳴のようなものを聞く。

全員で正体を確認するべく向かうと、悲鳴は壁の中からしている事に気がつく。

大至急、壁を開き中をみると、「身体中に送電線が貫通して、傷だらけの女性」というありえない光景を見てしまう。

ありえない状況にもかかわらず、まだ生きている女性を救出し、治療を施した。

意識を取り戻した女性は、なぜかこの船の乗組員たちの事を知っていた。

どうやらオーバーロード時に時空が歪み、別の世界へと来てしまった「クローバーフィールド 」の乗組員たち。

その後も、船内では不可解な出来事が連発する中、元の世界へと戻る方法を探り始める…。

 

みたいな感じの作品でした^ ^

 

クローバーフィールド  パラドックス 感想 サプライズ配信だと!?

そんな今作「クローバーフィールド  パラドックス」ですが、

「クローバーフィールド  HAKAISHA」のから10年後の世界が舞台との事で、

「クローバーフィールド   HAKAISHA」は好きな作品だったので、結構期待していました^ ^

ちなみに「クローバーフィールド HAKAISHA」のレビューも以前にこのブログ内でしているので、よければ見に来てくださいね♪

クローバーフィールド  HAKAISHA:https://raidream.com/cloverfield-66

 

そして今作「クローバーフィールド  パラドックス」ですが、

どうやらなんの前情報もなく、突然「ネットフリックス」に登場したそうですね!!

これについては今作の製作を務めた「J・J・エイブラムス」の遊び心のようなものが発動した結果…。

サプライズ配信だったのだとか。笑

スポンサーリンク

いつもなら「ネットフリックスオリジナル作品」が出ると、大至急見る事を心がけているわたいですが、

今回は「サプライズ」のせいで、完全に出遅れてしまいました。笑

 

まあそれは置いといて、

今作「クローバーフィールド  パラドックス」では、正直言って「クローバーフィールド  HAKAISHA」の続編である必要性が感じれない作品でした(^^;;

というのも、前作「クローバーフィールド HAKAISHA」を見た人であれば、

「謎の地球外生命体が登場する作品」

このイメージを持っている方も多いのでは?と私は思うのですが、

今作「クローバーフィールド  パラドックス」では、

「地球外生命体はほぼ出ません。笑」

正直言って、これはガッカリでした。

てっきり「クローバーフィールド HAKAISHA」の続編という事で、またしても「SF・パニック作品」を期待していたにもかかわらず、

今作「クローバーフィールド  パラドックス」では、

「人間VS人間」がメインで進んでいく内容でした。

これは正直求めていないタイプの続編でしたし、続編を謳う必要がないのでは?と私は感じました。

 

次に今作「クローバーフィールド  パラドックス」の演出についてですが、

これは正直評価するべきポイントだと思います♪

というのも演出の仕方がとてつもなく不気味なんです^^;

例えば「たくさんの送電線が身体中を貫通」「眼球が互いに違う方向を向いている」

言葉で伝えるのは難しい部分もあるのですが、

これは評価すべきポイントだと思います^ ^

何が起こるか予想できない展開の中で、次々に起こるこういった不気味な演出によって掻き立てられていると思いました♪

あと、乗組員の1人の片腕を壁の中に吸い込まれ、片腕を無くす…という展開があるのですが、

この無くした腕が後々登場し、勝手に動き回るようになるのですが、これはさすがにウケ狙いだと思いますね。笑

不気味を通り越して、笑えたポイントでした。笑

 

そして次に今作の主人公にあたる人物「エヴァ」についてですが、

「エヴァ」は自身が起こした出来事によって2人の子供を失い、それを今もなお後悔する日々を過ごしていました。

そんな彼女が乗る宇宙船がオーバーロードしたことによってパラレルワールドに接触してしまう…。

パラレルワールドに住む「エヴァ」は、家族と過ごすために宇宙船には乗らず、地球に残っているとの事でした。

パラレルワールドの「エヴァ」には2人の子供が元気していると知るなり、

「パラレルワールドで生活する子供たちに会いにいく」

「だから私は元の地球には戻らない」

なんて事を言い出すシーンがあるのですが、

そんな事をすると、母が2人いると困惑するに違いないと船長に止めるよう言われるも、

「私の気持ちはあなたにはわからない」

なんて逆ギレするシーンではさすがにイラつきを覚えました。笑

「こいつ自己中すぎるやろ」

これ以降、「エヴァ」の事は嫌いになりました。笑

 

クローバーフィールド  パラドックス 結末

そして最後に今作「クローバーフィールド  パラドックス」の結末についてですが、

生き残った「エヴァ」と「シュミレット」は、シェパード粒子加速器を起動させ、どこかへと消えていた地球を見つけ、地球へと戻ってこれます。

しかし、2人が戻った地球にはもう以前とは違った姿へと変貌していた…。

 

みたいな感じのラストでした^ ^

ラストでやっとこさ前作「クローバーフィールド HAKAISHA」で登場したような「地球外生命体」が姿を一瞬だけ姿を現します。笑

こいつを見たくて今作を見たと言っても過言ではなかっただけに、この一瞬だけのためにここまで見たのか…と考えるとガッカリでしたね…。

しかも一瞬だけ登場したこいつが、とてつもなくバカデカくて、雲の上に顔が出ているという謎設定もありました。笑

 

まとめ

これで「クローバーフィールド  パラドックス」のレビューは終了です。

完全に期待ハズレの作品ではありますね。

求めていたような作品ではなく、タイトルが似ているだけで別作品だと思ってもいいレベルだと思います。

あと、無駄に難しい用語が出たりもするので、そもそも私には馴染みにくい作品だったのかもしれません^^;

 

この作品「クローバーフィールド  パラドックス」をおすすめするとすれば、

「SF作品が好きな方」

には楽しめる作品かもしれません。

あくまで「クローバーフィールド シリーズ」として楽しむのではなく、

「SF作品」として楽しんでください^ ^

逆に今作「クローバーフィールド  パラドックス」おすすめしないのは、

「クローバーフィールド HAKAISHAが好きで、続編という事に期待している方」

にはおすすめできない作品かなと思います^^;

私は「続編」ということに期待して見た結果、裏切られてしまいました。笑

この作品に評価をすると2.0/5.0といったところです。

また今作「クローバーフィールド  パラドックス」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っていません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA