マイティー・ソー/ヒーロー失格のヒーロー

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「マイティー・ソー」です。

 

*予告編はこちら

 

この作品「マイティー・ソー」は2011年に製作された作品で、大人気コミック「マーベル原作」のスーパーヒーローの1人である「ソー」の誕生からを描いた「SF・アクション作品」です。

また今作「マイティー・ソー」「マイティー・ソー」シリーズ第1作目の作品です。

 

製作年:2011年

製作国:アメリカ

監督:ケネス・ブラナー

脚本:アシュリー・エドワード・ミラー , ザック・ステンツ , ドン・ペイン

製作:ケビン・フェイグ

出演キャスト:クリス・ヘムズワース(ソー) , ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター) , トム・ヒドルソン(ロキ) , ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ教授) , コルム・フィオール(ラウフェイ) , レイ・スティーヴンソン(ヴォルスタッグ) , イドリス・エルバ(ヘイムダル) , カット・デニングス(ダーシー・ルイス) , 浅野 忠信(ホーガン) , ジェイミー・アレクサンダー(シフ) , ジョシュア・ダラス(ファンドラル) , クラーク・グレック(コールソン捜査官) , レネ・ルッソ(フリッガ) , アンソニー・ホプキンス(オーディン) , アドリアナ・バラーサ(?) , マキシミリアーノ・ヘルナンデス(ジャスパー・シットウェル) , サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー) , ジェレミー・レナ(クリント・バートン)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることに……。

シネマトゥデイ:https://www.cinematoday.jp/index.html

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ソーカッケーなぁ」です。

この作品「マイティー・ソー」はこの記事の初めでもお話ししたように、大人気海外コミック「マーベルシリーズ」に登場するスーパーヒーローの1人「ソー」の誕生+「ソー」の初めの戦いを描いた「SF・アクション作品」です。

実は私、「ソー」が単独で出演する作品を見るのは今回が初めてなんです^ ^

「アベンジャーズ」に登場する「ソー」は見たことがありましたが、今まで「ソー」単独の作品は見ておらず、その理由としては「なんかダサい」からという偏見だけで避けていました。笑

ですが先日、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」を見た際に、「ソー」のイメージがかなり変わり、今回に見るに至ったというわけです。

 

そして今回見て感じたのは「ソーカッケーなぁ」でした。笑

今作「マイティー・ソー」の主人公である「ソー」は、地球ではない別の惑星の住人であり、父親はあの有名な「オーディン」そして弟もあの有名な「ロキ」というなかなかすごい家柄の人物なんです。

そんなこともあって他のスーパーヒーローたちとは違い、科学の力で変化を遂げたというパターンではなく、生まれ持っての最強ヒーローという感じです^ ^

そんな「ソー」は今回「オーディン」に引退後の「王」となるべき式を行う最中に思わぬトラブルが発生し、そのトラブルをきっかけに「ソー」は地球へと追放されてしまいます^^;

地球へ追放されてしまった「ソー」でしたが、自分の母国の危機を聞きつけ、国を守りに帰るのですが、全ての問題の元凶は弟の「ロキ」であり、「ソー」は国を守るために弟の「ロキ」と戦うというような作品です。

 

そんな今作「マイティー・ソー」ですが、「マーベルシリーズ」ということで今作でもまた他作品に出演しているヒーローたちが出演していました♪

「サミュエル・L・ジャクソン」演じる「ニック・フューリー」「ジェレミー・レナー」演じる「ホーク・アイ」など

これはまたしても私にとっては嬉しいポイントでした!!

まだ2人と「ソー」は知り合っていないため、この感じもかなり新鮮な感じがしました♪

また「S.H.I.E.L.D」も登場しており、「ニック」がまだこの組織に属しているということから先日見た「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」よりも前の話だと言うことがわかったり、やはり「マーベルファン」にとってはたまらない要素が今作でも健在です。

 

そして最後に今作の結末についてですが、先ほどもお話ししたように弟の「ロキ」「ソー」が戦うことになります。

もちろん「ソー」が勝ちますが、直接的に倒したと言うよりは「ロキ」が自ら死を選んだと言うような結末です。

そして「ソー」「絶対に地球に戻ってくる」「ナタリー・ポートマン」演じる「ジェーン」との約束は果たせなくなってしまい離れ離れ…な結末です。

ただ今作「マイティー・ソー」には続編があるため、次回作で再開を果たせるのかもしれないですね!!

この部分は早めに次回作「マイティー・ソー ダーク・ワールド」を見ないといけません^ ^

スポンサーリンク

*まとめ

これで「マイティー・ソー」のレビューは終了です。

偏見だけで今まで見ていなかったのはもったいなかったなと思う作品でした。笑

ですがやはりかっこよさだけで言うと「ちょっと物足りないな…」という部分が否めませんでした^^;

まあそれを補う「ストーリー」「ちょっとした笑い」があったりと、良い作品だとは思います♪

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

この作品をおすすめするとすれば「マーベルファン」なら必ず見ておくべきですし、そうでない方にも「マーベル入門」のきっかけに良いかと思います^ ^

興味があるのであればゼひ見ても良い作品だと思いますよ!!

ちなみに私は動画サイト「hulu」にて期間限定配信されていたので、そこで見ました^ ^

興味があれば1度調べて見てください。

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA