マイティ・ソーバトルロイヤル/ついに最強の姉弟喧嘩開始 ソーが覚醒!?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「マイティ・ソー バトルロイヤル」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

マイティ・ソー バトルロイヤルの予告編

 

マイティ・ソー バトルロイヤルの作品概要

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:131分

配信サイト:Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

原題:THOR/RAGNAROK

監督:タイカ・ワイティティ

脚本:クレイグ・カイル , クリストファー・ヨスト , エリック・ピアソン

制作:ケヴィン・ファイギ

出演キャスト:クリス・ヘムズワース(ソー) , トム・ヒドルストン(ロキ) , ケイト・ブランシェット(ヘラ) , イドリス・エルバ(ヘイムダル) , ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター) , テッサ・トンプソン(ヴァルキリー) , カール・アーバン(スカージ) , マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク) , アンソニー・ホプキンス(オーディン) , 浅野 忠信(ホーガン)

 

マイティ・ソー バトルロイヤルのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「なぜラグナロクじゃないの?」です。

映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」は2017年に制作された作品で、「ソー」の父「オーディン」が亡くなったことにより、封印から解き放たれた実の姉「ヘラ」の手によって、「ソー」の故郷であるアスガルドが危機に晒されるも、そんな危機からアスガルドを守るために戦う「ソー」を描いた「SFアクション作品」です。

 

マイティ・ソー バトルロイヤルのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

「ソコヴィア」でアベンジャーズたちと協力し、戦いに勝利してから2年後。

「ソー」は炎の悪魔「スルト」に囚われていた。

「スルト」を撃退した「ソー」が故郷「アスガルド」に戻ると、「ソー」の知っている「アスガルド」からかなり変わってしまっていた。

「アスガルド」には「ロキ」の像が立てられ、「オーディン」が「ソー」と「ロキ」の真似をした人物たちの劇を呑気に見ていることに違和感を覚える。

この光景を見た「ソー」が「オーディン」に向けハンマーを投げると、なんと「ロキ」が「オーディン」化けていた。

以前の戦いで死んだはずの「ロキ」が生きていたことに驚いた「ソー」だったが、それ以上に「オーディン」がいないことが気にかかる。

 

「ロキ」に「オーディン」の居場所を問い詰めると、どうやら「ニューヨーク」にある老人ホームに入っているとのことだった。

そこへ急いで向かった「オーディン」と「ロキ」だったが、老人ホームは取り壊されており、「オーディン」の行方はわからない。

「オーディン」の居場所を探そうとしていると、「ドクター・ストレンジ」が現れ、彼の手助けによって「オーディン」の居場所が発覚する。

そして「オーディン」のいる場所へと向かった「ソー」と「ロキ」だったが、ここで衝撃の事実が聞かされることに。

「オーディン」は死期が迫っており、「オーディン」が死んでしまうと、これまで幽閉していた「ソー」たちの姉「ヘラ」が解き放たれてしまうと知らされる。

彼女が解き放たれてしまうと、間違いなく「ソー」たちにとって脅威の存在となってしまう。

そしてついに「オーディン」が話していた通り、「ヘラ」が解放される。

彼の予想通り、「ヘラ」は「ソー」たちに敵意を向けた。

そんな「ヘラ」と戦おうとする「ソー」だったが、彼にとって自慢の武器である「ムジョルニア」を意図も簡単破壊され、手も足も出ない状況に。

 

このままでは間違いなく勝ち目がない戦いだったが、一刻も早く「ヘラ」を止めなくては「アスガルド」が滅ぼされてしまう。

「ヘラ」の手から「アスガルド」を守るため、いま「ソー」は立ち上がった。

 

マイティ・ソー バトルロイヤルの感想 なぜラグナロクじゃないの?

そんな今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」ですが、先日、動画配信サイト「Amazonプライムビデオ」にて視聴した作品です✨

今作を視聴した時は、週末セールで100円レンタルを行っていたのですが、この記事を公開する頃には多分終わってしまっていると思います💦

どうせだったら週末だけではなく、1週間ぐらいやってくれてるといいんですけどね。

もう少し優しさが欲しいものですw

 

では肝心の感想ですが、その前に今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、「マイティ・ソーシリーズ」の3作目にあたる作品なんですよね!

これまでの作品は「マイティ・ソー」「マイティ・ソー ダーク・ワールド」と公開されてきて、今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」は3作目にあたる作品なんです。

もちろんこれまでのシリーズも視聴済みではありますが、ぶっちゃけ前作の内容は覚えていないんですよね💦

まあそれでも楽しめる作品だったので問題はありませんがw

ただ、問題ないとは言っても、これまでのシリーズ2作を視聴して、3作目となる「マイティ・ソー バトルロイヤル」を視聴した方が間違いない楽しめるとは思うので、なるべき前作を視聴してから今作を見ることをおすすめしておきますね^^

 

ではではやっとこさ肝心の感想ですが、まあ面白いですね!

これまでのシリーズに負けず劣らずなレベルに仕上がっている作品だと思いました^^

やはりマーベルシリーズは胸熱シーンが多数あったりと、いつも視聴し終わったあとフィギュアが欲しくなっちゃうんですよね✨

まあ結局買わないのはいつものことですがw

ただねぇ〜、コメディ感がかなり強いんですよ💦

今までの「マイティ・ソーシリーズ」もそうだったのかもしれませんが、常に笑いを取ろうとしている感がありまして。

この感じは、私としては今作には求めていなかったですね💦

 

それとタイトルにも入っている「バトルロイヤル」

スポンサーリンク

これについてですが、「バトルロイヤル」なんてタイトルのわりに、「バトルロイヤル」はおまけレベルだと私は思いましたね!

しかも、原題では「ソー ラグナロク」なのに対して、なぜ邦題にすると「マイティ・ソー バトルロイヤル」になってしまうのか?

邦題が酷い作品なんて今作以外にもありますが、今作に関しては特に気になりましたね💦

「マイティ・ソー バトルロイヤル」ではなく、「マイティ・ソー  ラグナロク」

これで良かったと私は思いますね!

 

とにかく、悪くはないですし、楽しめる作品だったのですが、

「無駄にコメディ感が強い」と「原題と邦題の違い」

この2つが個人的にひっかったポイントではありました。

 

小ネタコーナー 最強のヒーローは誰!?

次にお話しするのは今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」を視聴していて私が感じたことについてなのですが、アメコミ系のヒーローって半端じゃない数が存在していますよね?

そこで誰が一番強いのか?

今作の主人公である「ソー」の順位はどのくらいなのか?

気になったので調べてみましたw

ただ、これに関しては根拠が全くないんですよね💦

「アメコミヒーロー強さランキング」で検索すると、たくさんのサイトが出てきますし、どこも順位が違うんですよ。。。

なので今回は、それらのサイトを見比べてみて私が納得した順位に近い情報を紹介したいと思います^^

その前に、ここでお話しするのは映画の感想とは関係のない話なので、興味のない方は飛ばしてくださいね👍

 

では「ソー」の順位ですが、とあるサイトを見てみると8位に位置付けられていました。

その理由は?
神とは言っても全知全能ではない。怪我もすれば、寿命も存在する。自慢の武器「ムジョルニア」も最強ではあるが、「キャプテン・アメリカ」の持つシールドの方が硬い

との理由ですね!

確かに全知全能ではありませんよね?

彼の故郷である「アスガルド」に住む住人たちも神でありながら戦いに敗れ命を落とした人物も多数いました。

それに今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」で「オーディン」は寿命で亡くなってしまうという、神とは考えられないような最後でしたw

そういった部分も踏まえてこのランクに位置付けられているようです^^

上位を見ていると納得できない部分もありますが、納得せざるを得ない部分もあるので頷くしかないですねw

 

ちなみにこちらのサイトで1位の座に君臨しているのは、「スーパーマン」でした!

これはもう納得せざるを得ませんし、いくつかサイトを回った結果も「スーパーマン」が1位に位置付けられているサイトが多かったですね👍

その理由は?
時速800万キロで空を飛び、80万トンの物質を持ち上げる。

これ以外にも常人では考えられない力を持っていますから💦

「ジャスティスリーグ」という映画では、「バットマン」や「ワンダーウーマン」など最強メンバー5人で立ち向かっても歯が立たないシーンがありましたしねw

これは最強と認めざるを得ない結果でしょうw

今回、こちらの順位を参考にしたサイトを貼っておきますので、興味のある方はぜひ見にいってください✨

他のヒーローたちも順位と理由が紹介されています^^

 

マイティ・ソー バトルロイヤルのキャストは?

今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」のキャストについてですが、私がいらないことを話しすぎたせいでかなり文字数が増えてしまっているので、今回は「ソー」役を演じている「クリス・ヘムズワース」氏のみ紹介させて頂きたいと思います^^

 

ソー役 クリス・ヘムズワース

ウィキペディアより引用

1983年8月11日 オーストラリア ビクトリア州 メルボルン 生まれ

今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」では「ソー」を演じています。

個人的には「マイティ・ソーシリーズ」の「ソー」役のイメージしかないのですが、そのほかにも何作か出演していらっしゃるんですね♪

そんな「クリス・ヘムズワース」氏が初めて映画に出演したのは2009年に公開された「スター・トレック」でした。

そしてそれから2年後の2009年に「マイティ・ソーシリーズ」第1作目となる「マイティ・ソー」に出演。

その翌年には「アベンジャーズシリーズ」初回作の「アベンジャーズ」に出演しました。

この頃から「マーベル作品」とは切ってもきれない関係になったようですね👍

「マーベル系」以外で私が知っている作品だと「白鯨との闘い」がありました。

この映画は公開当時、映画館に見に行った作品でしたね^^

 

このブログ内で公開している彼が出演している作品の記事を貼っておくので、ぜひ見にきてくださいね♪

マイティー・ソー ダーク・ワールド/またしてもアスガルドの危機!?

2017.12.03

マイティー・ソー/ヒーロー失格のヒーロー

2017.12.02

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン/世界を守るために戦う

2017.11.28

ドクター・ストレンジ/天才外科医がスーパーヒーローに!?

2017.11.30

 

マイティ・ソー バトルロイヤルの結末は?

今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」の結末についてですが、まあいうまでもなく「ソー」は負けませんねw

それにこれまであった兄弟のいざこざも消えた(一応?)ので、見ていてほっこりする展開でした♪

また、まだ制作情報は出ていませんが、次回作は「地球が舞台?」と思わされる結末でしたね!

これは次回作に期待です👍

 

まとめ&評価

これで「マイティ・ソー バトルロイヤル」のレビューは終了です。

感想の部分でもお話ししたように何箇所か「うーん」となった部分はありましたが、内容自体、まあ普通に楽しめる作品であることは間違いないですね👍

マーベルファンは言うまでもなく視聴済みかと思いますが、まだ未視聴のファンの方はぜひご視聴してください^^

 

マイティ・ソー バトルロイヤルの評価は?

最後に、今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」に評価をすると3.5/5.0です。

今作の続きが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ですが、タイトルは未定で2019年にその次回作まで予定が決まっているようですね!

ライ
一体、いつまで続くのだろう?w

なんて疑問はありながらも、楽しみにしている私がいますからねw

とりあえずは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を視聴したいと思います^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ