トロピック・サンダー 史上最低の作戦/イかれた作戦がついに幕を開ける…

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の予告編

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の作品概要

制作年:2008年

制作国:アメリカ

上映時間:107分

配信サイト:Amazonプライムビデオ , hulu , U-NEXT…etc.

原題:TOROPIC  THUNDER

監督:ベン・スティラー

脚本:ベン・スティラー , ジャスティン・セロー , イータン・コーエン

制作:

出演キャスト:ベン・スティラー , ジャック・ブラック , ロバート・ダウニー・Jr , ブランドン・T・ジャクソン , ジェイ・バルチェル , スティーヴ・クーガン , ビル・ヘイダー , ニック・ノルティ , ブランドン・スー・フー , レジー・リー , マリア・メノウノス , タイラ・バンクス , クリスティン・テイラー , マシュー・マコノヒー , トム・クルーズ , ジョン・ヴォイト , ジェニファー・ラヴ・ヒューイット , ジェイソン・ベイトマン , ランス・ベース , アリシア・シルヴァーストーン , トビー・マグワイア , エイミー・スティラー , ダニー・マクブライド

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「全力でバカやってるw」です。

映画「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」は2008年に制作された作品で、「ベン・スティラー」を監督兼脚本の担当とし、豪華キャスト共演にて一癖も二癖もある俳優たちが協力しながら1本の映画を制作する姿を描いた「コメディ作品」です。

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦のざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

実際におきたベトナム戦争の実話を元にした映画「トロピック・サンダー」の制作に集められた5人の俳優たち。

彼らは過去に何かしらの栄光を残しながらも、現在はあまり評判が良いと言えない俳優たちだった。

一癖も二癖もある俳優たちを上手くまとめれないスタッフのせいで、この映画制作が白紙になってしまう恐れのある状況どころか、映画に投資していた「レス・グロスマン」は激しく怒っていた。

このままでは大変なことになってしまうと考えたスタッフは、彼ら5人を東南アジアのジャングルへと連れて行き、ドキュメンタリー風な映画を製作しようと思いつく。

 

撮影当日。

5人はジャングルへと連れて行かれる。

しかし、このジャングルには本当に武器を所持したベトコンたちが生活しており、命の危険がある場所だった。

そうとは知らない5人だったが、次第にその事実に直面するときが訪れる…。

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の感想 全力でバカやってるw

そんな今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」ですが、本日、動画配信サイト「Amazonプライムビデオ」で視聴した作品です✨

今作を目にしたのは今回が初めてで、Amazonのレビューを見ている感じ、様々な意見が飛び交って…。

悪い意見も複数見れた作品でしたが、何よりキャストが豪華と知って、視聴せずにはいられませんでしたw

ちなみに今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」の監督と脚本を担当しているのは、演者としても出演している「ベン・スティラー」

彼と言えば「ナイトミュージアムシリーズ」や「ペントハウス」などなど、有名なタイトルにも出演している俳優ですね♪

 

彼を筆頭に制作されている今作ですが、そのほかにも「ロバート・ダウニー・Jr」や「ジャック・ブラック」そのほかにも「トム・クルーズ」「マシュー・マコノヒー」「ジェイソン・ベイトマン」なども出演しています👍

とにかくキャストは超がつくほどに豪華な今作✨

そんな彼らが全力でバカをやっているような作品でしたw

その中でも特にオススメするのが「トム・クルーズ」

彼からコメディのイメージを感じたことのない私にとって、今作での彼はかなり新鮮です👍

視聴された方の評価を見ていると、「トム・クルーズが誰だかわからなかった」なんて話がちらほら見られるほどに、いつもと違う「トム・クルーズ」が今作内に存在しますw

ちなみにヒントを出しておくと「金持ち」ですね!

このワードを頼りに探してみてください👍

スポンサーリンク

 

コメディとして制作された今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」ですが、個人的には笑えるシーンが複数ありました♪

特に不満はないですね!

ただ、評価の分かれている部分でもあるので、万人ウケするタイプの笑いではないのでしょう💦

また、今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」はパロディが多く含まれている作品とのことですが、それなりに映画を見ているつもりだった私にはわからないネタばかりでしたね!

まだまだ勉強不足だと感じさせられました。。。

「ここがパロディなのかな?」みたいなシーンがあったりしましたが、元ネタがわからないので「なんのことやら」状態になりましたし、あまり映画を見ていない方からすると「どういうこと?」なんてことになりかねないという悲しい状況になりえるのでご注意ください!!

 

豪華なキャストを出演させ、派手な演出なども多用しているので無駄にお金はかかっていそうな作品でしたw

私が視聴して感じたのは、「仲間内での遊びが心が半分ぐらい占めてるのでは?」でしたねw

ここまで悪い話はこれといってしていませんし、悪く思ったポイントもありませんが、「良作か?」と聞かれると素直に「うん」と言えない…そんな作品でした💦

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦のキャストは?

今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のキャストですが、今回は監督兼脚本を担当し、自身も演者として出演していた人物だけ紹介しておきましょう♪

 

タグ・スピードマン役 ベン・スティラー

ウィキペディアより引用

1965年11月30日 アメリカ合衆国 ニューヨーク市 ブルックリン区 生まれ

今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」では「ダグ・スピードマン」を演じています。

今作までにも今作以降にも監督や脚本を担当しており、制作する側を何度も経験している「ベン・スティラー」氏。

それゆえに、今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」でも違和感を感じなかったのだと視聴し終わってから理解しましたw

偏見かもしれませんが、演者が制作を担当した映画って、あまりいいイメージがないんですよね💦

普通の映画とは違って、どこか癖のある作品に今まで当たったことが多かったので、今作に関してはそんなこともなく、「ベン・スティラー」氏はすごいなと思います👍

 

いくつもの作品に出演しており、有名タイトルもたくさんある「ベン・スティラー」氏ですが、個人的にイメージが強いのはやはり「ナイトミュージアムシリーズ」ですね!

「ファンタジードラマ作品」の中では、ほんと好きなタイトルでして、小さい頃に何度見たことやら…。

視聴回数なんて覚えてないですw

そんな彼の代表作として上がっているのは、

「メリーに首ったけ」「ミート・ザ・ペアレンツシリーズ」「ズーランダーシリーズ」「ドッジボール」「マダガスカルシリーズ」「ナイトミュージアムシリーズ」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」「LIFE!」

これらの作品が上がっていますね!

興味のある方は是非チェックしてください^^

また、彼の出演する「ペントハウス」の記事をこのブログ内で公開しているので、こちらも是非見にきてくださいね♪

ペントハウス/奪われた金を取り返せ!!

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の結末は?

今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」の結末ですが、途中1度視聴をやめようかと思ってしまうほど中だるみを感じましたが、それ抜けてからは「ヒャッハー」感が満載で「スカッ」とできる演出が終盤にぎゅっと詰められていましたね👍

これといって何かがある結末ではありませんが、どうせなら最後まで見ることをオススメするような作品です。

 

まとめ&評価

これで「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」のレビューは終了です。

そもそも期待していた作品ではありませんでしたし、評判も良いと言えるような作品でもなかったので、低めのハードルからスタートしましたが、そのハードルを持ってしてそれなりですw

駄作ではありませんが、胸をはって良作だとも言えないでしょうw

 

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の評価は?

最後に、今作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」に評価をすると3.0/5.0です。

1つ言えるのはキャストが豪華だからと期待はしないこと!!

そこに期待してしまうと、多分がっかりするでしょう💦

有名俳優たちが普段見せない姿を見せているという部分を楽しんでもらえたら良いと思います^^

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ