ペントハウス/奪われた金を取り返せ!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ペントハウス」です。

 

ペントハウスの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ペントハウス」は2011年に製作された作品で、「ベン・スティラー」と「エディ・マーフィ」が初共演し、大富豪に財産を奪われたビルの使用人たちでチームを組み、大富豪から奪われた物を取り返す姿を描いた「アクション・コメディ作品」です。

 

製作年:2011年

製作国:アメリカ

上映時間:104分

原題:Tower Heist

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

監督:ブレット・ラトナー

脚本:テッド・グリフィン , ジェフ・ナサンソン

製作:ブライアン・グレイザー , エディ・マーフィ , キム・ロス

出演キャスト:ベン・スティラー(ジョシュ) , エディ・マーフィ(スライド) , ケイシー・アフレック(チャーリー) , アラン・アルダ(アーサー・ショウ) , マシュー・ブロデリック(Mr.フィッツヒュー) , ティア・レオーニ(FBI捜査官 クレア) , マイケル・ペーニャ(エンリケ) , ガボリー・シディべ(オデッサ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ペントハウスのあらすじ

ニューヨーク、マンハッタンの一等地に建てられた超高級マンション「ザ・タワー」最上階のペントハウスに暮らす大富豪のアーサー・ショウが、2000万ドルの詐欺容疑で逮捕され、使用人たちの財産も騙し取られていたことが発覚する。ザ・タワーの管理人として働くジョシュは使用人たちとチームを組み、厳重なセキュリティに守られたペントハウスに忍び込んでショウの隠し財産を奪い取るという計画を練るが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/56723/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「大人も子供も楽しめる♪」です。

この作品「ペントハウス」はこの記事の初めでもお話ししたように、2011年に製作された作品で、「ベン・スティラー」と「エディ・マーフィ」が初共演し、大富豪に財産を奪われたビルの使用人たちでチームを組み、大富豪から奪われた物を取り返す姿を描いた「アクション・コメディ作品」です。

あの「ドクタードリトルシリーズ」で主演を務めた「エディ・マーフィ」氏と、「ナイトミュージアムシリーズ」で主演を務めた「ベン・スティラー」氏が初共演を果たした今作は個人的に「ワクワクが止まらない!!」そんな作品でした^ ^

小さい頃に見た「ドクタードリトルシリーズ」もめちゃくちゃ楽しめた作品でしたが、それよりも私は「ナイトミュージアムシリーズ」が大好きで、「シリーズ」通して何度も見ている作品です♪

個人的には「海外コメディ」の「帝王」と呼んでも良いのでは?と思うほどの2人が共演した今作「ペントハウス」ですが、やっぱり安定して面白い!!

 

まあそれについてお話しする前に簡単に今作「ペントハウス」の内容について説明すると、

 

主人公の男性 「ジョシュ」

「ジョシュ」は高級ビルを管理する「マネージャー」として務めていました。

このビルの責任者「アーサー・ショウ」とは仕事以外でも付き合いがあり、「ショウ」にとって「ジョシュ」は誰よりも信頼できる部下で、「ジョシュ」にとって「ショウ」は尊敬に値するほどの人物でした。

そんな「ジョシュ」は「マネージャー」として従業員の管理も徹底し、部下からの信頼も厚い。

そして住人たちへの配慮も怠らないという真面目で仕事もできる人物。

 

ある日、いつもなら「ショウ」を車で見送る時間になっても、そこに現れない「ショウ」

不思議に感じた「ジョシュ」が、監視カメラで「ショウ」の姿を探していると、バンに乗せられ誘拐される所を目撃します。

それを見た「ジョシュ」は急いでバンを追いかけるのですが、そんな「ジョシュ」の前でバンは横転…。

スポンサーリンク

そこに現れたFBI捜査官たちは、なぜか「ショウ」を逮捕したのです。

一体どういうことだかわからない「ジョシュ」でしたが、どうやら「ショウ」は横領事件を起こしていました。

実は「ジョシュ」は、従業員の年金を「ショウ」に預けており、そのお金も使い込んでいたのです。

元々は「3倍に増やすから」ということから従業員に許可を取らずに、「ジョシュ」が勝手にやった事で、今回の件で「ジョシュ」自身も責められてしまうことに…。

そんな事があったせいで、「ジョシュ」の同僚であり友人でもある「レスター」が自殺未遂を起こしてしまいます。

実は「レスター」は投資で増やして貰おうと、個人的に全財産を「ショウ」に預けていたのです。

そのお金も使い込まれてゼロになってしまい、「生きていけない…」となってしまった「レスター」は自殺未遂を起こしたのです。

それにブチ切れた「ジョシュ」は「ショウ」の住んでいる部屋へと向かい、「ショウ」が大事にしている「世界に1台しかない車」を破壊し、それが原因で「マネージャー」をクビになってしまいます。

しかしみんなの財産を取り返すと誓った「ジョシュ」は、財産を取り戻すべく計画を立て始める…。

みたいな感じの作品です^ ^

 

ペントハウス 感想 大人も子供も楽しめる

そんな今作「ペントハウス」ですが、まあ申し分なくに楽しい作品だと思います^ ^

奪われた金を奪い返すために「ベン・スティラー」演じる「ジョシュ」や「エディ・マーフィ」演じる「スライド」とその仲間たちがチームを組んで、「ショウ」の部屋にある金庫から「金」を盗み出す…という非常にシンプルかつ分かりやすい内容+「コメディ要素」ありな作品なので、大人から子供まで楽しめる…そんな作品だと思います^ ^

テンポが良いだけに「サクッ」と見れる作品でもありますし、何より私がおすすめしたいのは「コメディ要素」についてですね!!

久しぶりに結構笑えた作品でした♪

少々下品なワードが飛び交う作品でもありますが、私にはこれぐらいがちょうど良いレベルです^ ^

なので笑える作品を求めている方にはぜひおすすめしたい作品です。

ただ、下ネタを受け付けない方には向かない作品かもしれないのでご注意を!!

 

ペントハウス 結末

そして最後に今作「ペントハウス」の結末についてですが、

「ジョシュ」たちが金庫を求めて「ショウ」の部屋に辿りつき、無事に金庫を見つけましたが中身はまさかの空…。

そこでメンバーたちがモメ始め、「スライド」が持ってきた銃を誤射してしまいます。

その銃弾が「ショウ」の大切な車に当たってしまうのですが、当たった所を見ると塗装が剥がれ、その下には金が…。

「ショウ」の財産は「現金」ではなく、「金」で保管されていたのです。

それに気づいたメンバーたちはあの手この手で車を外に運び出そうとします。

しかし、その最中にメンバーたちはFBIに逮捕されてしまいます。

捕まったメンバーに「車をどこにやったのか?」と聞くも、「知らない」の一点張り。

実は車はビルの屋上のプールに隠されており、唯一自身が犠牲となり捕まった「ジョシュ」以外が釈放後に車を回収。

どうやって車の持ち帰ったのかというと「バラバラ」にして持って帰ったという結末でした。

そして従業員たちには「現金」で還元ではなく、「金のパーツ」で還元しましたとさ…。

みたいな結末でした^ ^

「車1台分のパーツをどうやって運んだのか?」など、ちょっと疑問に感じた部分もありましたが、まあ良い結末だったと思います。

「ジョシュ」のみが逮捕されてしまったのは残念ですが、最後の最後まで良いヤツで終わってしまいました。笑

 

まとめ

これで「ペントハウス」のレビューは終了です。

見る前に見た「作品紹介」の文章で面白そうな感じは出ていた作品なので、まあそれの期待通りかな?という感じの作品でした。

1時間40分ほどの作品で、テンポもよく「サクッ」と見れる作品なので、ぜひおすすめしたい作品です。

この作品「ペントハウス」をおすすめするとすれば、「コメディ作品」を求めている方、さらにただの「コメディ作品」ではなく、ストーリー性も求める方にはベストな作品ではないかと思います^ ^

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ