トランスポーター2/最強の運転手再び

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「トランスポーター2」です。

 

トランスポーター2の予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品は凄腕の運び屋「フランク」が、あるトラブルに巻き込まれ、今回はマフィアたちと戦う羽目になる「アクション作品」です。

もちろん「2」というからには「1」もあります。

「1」に関しては以前レビューしていますので、よければそちら見てください^ ^

 

製作年:2005年

製作国:アメリカ,フランス

監督:ルイ・イテリエ

脚本:リュック・ベッソン , ロバート・マーク・ケイメン

製作:テリー・ミラー

出演キャスト:ジェイソン・ステイサム(フランク・マーティン) , アレッサンドロ・ガスマン(ジャンニ) , アンバー・ヴァレッタ(オードリー・ビリングス) , ケイト・ノタ(ローラ) , マシュー・モディーン(ジェファーソン・ビリングス) , ジェイソン・フレミング(ディミトリ) , キース・デヴィット(ステイプルトン) , ハンター・クラリー(ジャック・ビリングス) , シャノン・ブリッグス(マックス) , フランソワ・ベルレアン(タルコーニ警部) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話していきたいと思います^ ^

 

トランスポーター2のあらすじ

主人公「フランク・マーティン」は現在「アメリカ」の「マイアミ」に引っ越してきて、そこで運び屋業を営んでいた。

その仕事の中の1つに「ジャック」という少年の送迎を受け持っていた。

そして今日もいつもと同じように、学校が終わった「ジャック」を自宅まで送り届けた。

この際に「ジャック」の母親である「オードリー」に、「本来なら休みだが、明日病院まで連れて行ってもらえないか?」とお願いされ、「フランク」は快くその依頼を受けた。

 

翌日…

午前9時に昨日頼まれていたように「ジャック」を病院へ連れて行った。

その病院で2人は思いもよらぬトラブルに巻き込まれてしまう。

なんとかトラブルを乗り切り、「ジャック」を自宅まで送り届けれたかに見えたが、「フランク」の携帯に1本の電話が…。

電話の相手は知らない男で、男は「フランク」に指示を出した。

そして「フランク」は男に指示された通りに従った。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

スポンサーリンク

 

トランスポーター2の感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ブレないなー」です。

前作同様に今作も「ジェイソン・ステイサム」主演のアクション作品ですが、まあ正直そんなに変化がありません。

良くも悪くも代わり映えのない作品ですが、何点か気になった点はあったのでお話したいと思います。

 

まず、今作の初めの方で今作の敵となるマフィアのボスが部下?を相手に剣道を行うシーンがあります。

このシーンがまず一つ目の疑問点でした。笑

正直、私は剣道の知識はゼロです!!

でもこの作品での剣道は「もはや剣道ではないのでは?」と思わざるを得ないような感じに仕上がっていました^^;

思わず「牙突!!」とでも聞こえてくるのでは?とまで考えました。笑

 

次に「フランク」の車にマフィアグループが爆薬を設置し、車に乗った瞬間に起爆スイッチを押すというシーンがあります。

「フランク」は車の底面についた爆薬を、なんと空中に浮いているフック(イメージしづらいですよね…すいません)を利用して、爆薬を取り外します。

「いや、さすがに無理でしょ」と…。こればかりは突っ込まずにはいられない自分がいました。

前作もそう思う部分があったですが、今作は「ド派手アクション」を超えて、もはや「SF」ですよ。笑

あり得ない「アクションシーン」が多すぎます。

これを純粋に楽しめるのであればいいのですが、ついつい私はそこが目についてしまい、終始突っ込まざるを得ない状況でした^^;

 

最後にこれは私は嬉しかったことなのですが、前作で初めこそは「フランク」を逮捕する気満々だった「タルコーニ警部」が、前作のラストで和解し、今作では友人ポジションで登場します^ ^

休暇を利用して「マイアミ」に住んでいる「フランク」の元へ遊びに来ていた「タルコーニ警部」もトラブルに巻き込まれ、警察署へ保護されるのですが、「フランク」は困ると「タルコーニ警部」に連絡し、助けを求めるシーンがちょいちょいあります。

前作から見ている私としてはなんだかこの感じにほっこりとしてしまい、この設定を考えてくれた「制作側」には感謝です^ ^

 

まとめ

これで「トランスポーター2」のレビューは終了です。

まあ「ジェイソン・ステイサム」が主演ということで、前作の出来も良く、今作もやはり安定はしている作品でした。

ただ今作も前作同様に「カーアクション」は少なめでは?と思います。

今作も「拳でバチバチ」が多いと私は感じましたので、「カーアクション」を求める方であればおすすめはできない作品だと思います。

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

「アクション好き」か「ステイサム好き」であれば見ても楽しめる作品だと思います^ ^

ただし、「アクション作品」として度が過ぎていると感じざるを得ないシーンもありますが、何も考えず見ることを強くおすすめしておきます。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ