トリプル9 裏切りのコード/裏切り×暴力

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「トリプル9」です。

 

*予告編はこちら

 

 

この作品「トリプル9」は2015年に製作された作品で、「金」「暴力」「汚職」にまみれた「悪徳警官」「元特殊部隊」の姿を、「ザ・ロード」「欲望のバージニア」などの監督を務めた「ジョン・ヒルコート監督」による「クライム・スリラー作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:アメリカ

監督:ジョン・ヒルコート

脚本:マット・クック

製作:キース・レドモン , バード・ドロス , マーク・バタン , アンソニー・カタガス , クリストファー・ウッドロウ , ジョン・ヒルコート

出演キャスト:ケイシー・アフレック(クリス・アレン) , キウェテル・イジョフォー(マイケル・アトウッド) , アンソニー・マッキー(マーカス・ベルモント) , アーロン・ポール(ゲイブ・ウェルチ) , クリフトン・コリンズ・Jr(フランコ・ロドリゲス) , ノーマン・リーダス(ラッセル・ウェルチ) , てリーサ・パーマー(ミシェル・アレン) , マイケル・K・ウィリアムズ(スウィート) , ガル・ガドット(エレナ・ヴラスロフ) , ウディ・ハレルソン(ジェフリー・アレン) , ケイト・ウィンスレット(イリーナ・ヴラスロフ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

職務中の警官が撃たれるという非常事態時に発せられ、警察にとっては最悪のコードとされる「999(トリプルナイン)」を利用した強盗計画を、リアリズムと緊張感たっぷりに描き出した。元軍人と悪徳警官で構成されたギャング団を率いるマイケルは、非情な女ボスのリーナが仕切るロシアンマフィアとの関係を断つつもりでいた。しかし、リーナに最愛のひとり息子を人質にとられたマイケルは、国土安全保障省の施設を襲うという、困難極まりない襲撃作戦に挑むことになる。

映画.com:http://eiga.com/movie/84442/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「良作だとは思うけれど…」です。

この作品「トリプル9」はこの記事に初めの方でもお話ししたように、「金」「暴力」「汚職」にまみれたこの世の悪を詰め込んだような作品になっています。

私的にはこういった作品の中ではかなり良作な方だと思いました^ ^

2時間ほどある作品ですが、飽きることなく見れたのも良作だったからだと思います。

 

まあそんな「トリプル9」で1番テンションの上がったポイントがあるのですが、それは内容とは関係ありません。笑

そのポイントは、「ウォーキング・デッドシリーズ」にて「ダリル」役を演じている「ノーマン・リーダス」氏が出演していたことです♪

「ウォーキング・デッドシリーズ」を愛する私としては、「ダリル」の違った1面を見れる今作はそれだけでテンアゲ状態でした^ ^

ですが割と序盤で死んでしまうという設定は非常に残念でした…。

登場人物が多い今作でなぜに「ノーマン・リーダス」を始めに殺してしまったのか?

メンバーの中によく似た黒人男性が2人のいるのですが、そのどちらか1人でよかったのでは?と個人的には思いました。

実は「ノーマン・リーダス」氏が出演している作品は「ウォーキング・デッド」以外では今作が初めてだったので、かなり期待していたにもかかわらずすぐに殺されてしまったので残念極まりなかったです^^;

 

次に今作「トリプル9」はR15指定ということもあり、多少のグロは兼ね備えている作品です。

生首が車のボンネット上に並べられているという演出はなかなかパンチに効いている表現方法でしたが、どちらかというと「作り物臭」のする演出だったので、よほど苦手でない限りそこまで気にならないのではないかな?と思います。

そういった物がかなりのレベルで苦手な方は注意が必要です!!

 

次にこれは今作のマイナスポイントになるのですが、先ほど今作「トリプル9」は2時間ほどの作品だというお話をしましたよね?

正直言ってもっとぎゅっと縮められたのでは?と私は感じました^^;

本題の目的がわかってから異常に長いんですよね。笑

ただでさえ登場人物の多い今作ですが、さらにごちゃごちゃしているのでこの感じは「勿体無いな」と思わざるを得ませんでした。

無理やり遠回りをし、時間を引っ張っているのかな?みたいな雰囲気を私は感じました。

 

最後に今作の結末についてですが、とにかく裏切りの連続です。笑

メンバー同士が裏切って、また裏切って、またまた裏切って…それの繰り返しでした^^;

初めこそは驚きましたが、あまりに連続するのでそのうち慣れてきている私がいました。笑

まあ可もなく不可もなくといった結末でした^ ^

スポンサーリンク

*まとめ

これで「トリプル9」のレビューは終了です。

気になるポイントはありますが、それよりも個人的には好きが上回った作品でした^ ^

久々にこういったジャンルの作品では良作に巡り会えた気がします。

この作品をおすすめできるとすれば、ダークな雰囲気でアクションの要素があり+スリラー系の作品が好きな方であればまず楽しめるのではないかな?と思う作品です。

興味があるのであれば1度見てみることをおすすめしておきます^ ^

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA