タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら/グロとコメディのハイブリッド!?

タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 感想(ネタバレあり)

ども、ライです♪

今回は「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」のレビューです^ ^

 

作品情報

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 予告編はこちら

スポンサーリンク

映画「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」は2010年に制作された作品で、田舎へとキャンプに訪れた大学生たちと、大学生たちが遊ぶ山奥にある別荘を修理する2人の男性たちとの間で起きた予想外の悲劇を描いた「コメディ作品」です。

 

制作年:2010年

制作国:カナダ

上映時間:88分

配信サイト:アマゾンビデオ , Netflix(ネットフリックス) , hulu…etc.

原題:TUCKER AND DALE VS EBIL

監督:イーライ・クレイグ

脚本:イーライ・クレイグ

制作:

出演キャスト:タイラー・ラビーン , アラン・テュディック , カトリーナ・ボウデン , ジェシー・モス , フィリップ・グレンジャー , ブランドン・ジェイ・マクラレン , シャーラン・シモンズ

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら あらすじ

凶悪な殺人鬼と勘違いされてしまった2人の男が巻き込まれる事件を描いたスプラッターコメディ。気のいいタッカーとデイルは念願だった別荘を手に入れ、休暇を過ごしにやってくるが、近くでキャンプをしていた大学生グループから人里離れた山小屋に住む殺人鬼と勘違いされてしまう。さらに、2人が川で溺れかけていた女子大生を助けたことが誤解を生み、血まみれの死人が続出する事態へと陥っていく。

映画.com:https://eiga.com/movie/57583/

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「見たことないタイプのコメディ」です。

映画「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」は2010年に制作された作品で、田舎へとキャンプに訪れた大学生たちと、大学生たちが遊ぶ山奥にある別荘を修理する2人の男性たちとの間で起きた予想外の悲劇を描いた「コメディ作品」です。

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 内容

では初めに、今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」の内容をざっくりと紹介すると、

 

田舎に友人たちと車でキャンプに訪れた大学生たち。

浮かれている大学生たちが車を走らせていると、不気味な2人組の男性「タッカー」と「デイル」と出くわす。

その後、向かう先の道中で立ち寄った売店などでも不気味な2人組と出くわした。

大学生たちは2人対して嫌悪感を感じていたが、この2人はただ見た目が怖いだけの田舎者。

 

2人は頑張って貯めたお金で購入した別荘を修理するためこの地を訪れていたが、偶然にも学生たちがキャンプに訪れた場所から、別荘はすぐそばだった。

実はこの別荘がある場所は20年前に惨劇事件が起きた場所で、それを大学生たちも知っていた。

それゆえに「タッカー」と「デイル」は殺人鬼ではないかと疑われていた。

 

大学生たちと「タッカー」たちがこの地を訪れた1日目の夜。

「タッカー」と「デイル」は湖で釣りをしていた。

そんな2人から少し離れた場所で泳ぐ大学生たち。

大学生たちは2人に気づいていない様子だったが、大学生たちから少し離れた場所で1人でいた大学生の仲間「アリソン」は「タッカー」たちの存在に気づき、驚いた末に高い岩の上から転落してしまう。

 

湖に落ちたきり上がってくる気配のない「アリソン」を心配した「デイル」は急いで助けに向かった。

頭を強く打ち、気絶している「アリソン」を介抱するために2人は別荘へと連れて帰る。

この瞬間を「アリソン」の仲間たちに見られてしまい、「友人が殺人鬼に連れて行かれた」と勘違いをされてしまう。

 

翌朝。

目を覚ました「アリソン」は「なぜ自分がここにいるのか?」

そして目の前に現れた大男「デイル」を見て怖がるそぶりを見せたが、「デイル」は殺人鬼などではなく、親切で心優しい男性だと知り、2人の関係は打ち解けた。

しかし、そんなことを知らない「アリソン」の仲間たちは、「アリソンを殺人鬼から助け出す」と計画を立て始める。

 

そして遂に、「アリソン」の仲間たちは「デイル」たちから「アリソン」を取り戻そうと立ち向かってきた。

だが、「アリソン」の仲間たちは不幸な偶然が重なってしまい、惨たらしい事故死を重ねてしまう。

その度に「タッカーたちにやられた」とやってないことで憎まれる2人。

遂には警官まで呼ばれてしまう。

果たして「タッカー」と「デイル」はどうなってしまうのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 感想 NEWタイプコメディ

そんな今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」ですが、

つい先日「amazonビデオ」にて視聴した作品でして、

実は以前から気になっていた作品でした^ ^

というのもTwitterのフォロワーさんからおすすめされた作品で、

ネット上の評価も非常に高い作品だったからです👍

ただ、今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」をおすすめされてから実際に見るまで少々お時間が経ってしまったのですが、

正直言って「コメディ映画」として今まで見たことのないタイプの作品でした✨

 

というのも、

「グロとコメディが超融合されている」

そんな作品だったからです。

スポンサーリンク

 

まあ「コメディ映画」は作品によって、「エロ」や「グロ」がついて回る作品ではありますが、

今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」はかなりのレベルで「グロ」があります!!

ただ、何がすごいって、「グロ」を「グロ」と感じさせない演出。

これが凄いんですよね!

 

そんな言い方をすると、

「じゃあグロくないやん」

と思われてしまいがちだと思うのですが、

そういうわけではないんです💦

矛盾しているのは承知なのですが、「グロいけどグロくない」

「グロ」をギャグで茶化しているとでもいえばいいですかね?笑

 

表現が非常に難しいのですが、そんな作品でした^ ^

 

コメディ部分に関しても個人的には笑えました👍

コメディ部分も非常に評価されている作品なので、

「ホラー版 アンジャッシュ」なんて意見が非常に多いですね!

確かにこの例えは見事な例えだと思います^ ^

 

総じて言えるのは、

テンポも良く、グロをグロだと感じせない演出、そしてしっかりと笑える

よくできたB級ブラックコメディ作品だと思います✨

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら キャストは?

次にお話するのは、映画「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」に出演しているキャストの方たちについてです。

 

まず1人目は「タイラー・ラビーン」氏です^ ^

ウィキペディアより引用

1978年4月29日 カナダ・オンタリオ州 ブランブトン生まれ

今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」では「デイル」を演じています。

母親の勧めによってタレント事務所へと入った「タイラー・ラビーン」氏ですが、地元の劇団の芝居やたくさんのCMへと出演したのちに、

1991年にカナダで放送されたテレビシリーズ「Street Legal」で本格的に役者としてデビューしました。

どちらかというと映画ではテレビシリーズでの活躍が多いですね👍

そんな「タイラー・ラビーン」氏の出演する有名な映画を紹介すると、

今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」が上がっています。

このブログ内で紹介している「タイラー・ラビーン」の出演する作品は1作だけあったので、興味のある方はぜひ♪

リトルデビル/この子供何か不気味…

 

次に紹介するのは「カトリーナ・ボウデン」さんです^ ^

シネマトゥデイより引用

1988年9月19日 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 バーゲン郡 ワイコフ生まれ

今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」では「アリソン」を演じています。

2006年ABCの長寿昼ドラ「ワン・ライフ・トゥ・リヴ」という作品で、

「ブリトニー・ジェニングス」役でゲスト出演したのが女優デビューのきっかけでした✨

 

その後も何作か作品には出演しているようですが、そこまで話題になっている作品はありませんね…。

いかにもB級っぽいタイトルの「ピラニアリターンズ」なんかにも出演しています。笑

今作での「カトリーナ・ボウデン」さんを見ている限り、現在もバリバリで活躍していそうだと思ったのですが、

2012年に制作された「マッド・ナース」への出演以降、出演した記録が残っていません💦

 

ちなみに「マッド・ナース」はこのブログ内でも紹介している作品なので、興味のある方はぜひ♪

マッド・ナース/悪い男にはお仕置きを

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 結末

最後に今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」の結末ですが、

予想外な部分と「まあそうなるやろな。笑」みたいな部分の2種類がありました。

散々「グロ」を見せられた後に、「何このほっこりタイム。笑」みたいな結末でした。笑

 

まとめ

これで「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」のレビューは終了です。

評価が高い理由が確かにわかる作品でした👍

8年前の作品にも関わらず、毎日と言っても過言ではないレベルで映画情報サイト「フィルマークス」に評価が更新されている理由もわかりますね!

ちなみに私は「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」を「アマゾンビデオ」で視聴しましたが、

もし「アマゾンビデオ」に登録していないのであれば、

レンタルショップでdvdをレンタルするのも1つでしょう!

間違いなく旧作なので、100円あれば借りれると思います👍

「Netflix」や「hulu」でも配信されているようなので、そちらに登録している方はそちらで視聴するのもありですね!

 

・タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら 評価

最後に今作「タッカーとデイル 史上最悪についてないヤツら」に評価すると3.5/5.0です。

評判はもちろんのこと、個人的にもおすすめできる作品なので、興味のある方も興味のない方もこれをきっかけにご視聴くださいね!笑

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ